2017年7月16日(日) 《ちば通研 医療班会議》


7月16日(日)、千葉聴覚障害者センター2階の会議室で
13時から15時まで医療班会議を開催しました。
参加人数6人で行いました。
内容は、
1 ちば通研必携の内容の確認・修正
2 40周年記念誌の原稿の作成
3 連絡事項
 ・手話を考えるフォーラムについて
 ・今後の医療に関するアンケートの日程について
でした。

次回は、8月6日(日)13時から、
千葉聴覚障害者センター2階の和室で行う予定です。


                                              (医療班長 北原 洋貴)


ページの先頭へ



2017年7月8日(土) 《ちば通研 東総地区講座》


7月8日(土)東総地区講座が八街市中央公民館で行われました。
テーマは「成年後見制度について」、講師は石山明子氏でした。
参加者は20人(内ろう者4人)でした。
成年後見制度とはどういう制度かとか、
石山氏が担当されている方の事例を聞いて、
まだまだ、自分の問題としては考えられないという人や、
近い将来、いや、明日は我が身という人がいました。
自己の判断能力が不十分になった人に関わる、
まさに「人権」を守る重要な仕事ということを実感しました。



           熱心に聞く参加者

                                              (監査 久保田 和子)


ページの先頭へ



2017年7月2日(日) 《ちば通研 役員会》


7月2日(日)、10時半から12時半まで、千葉聴覚障害者センター2階会議室にて、
組織部会と研究部会を終えて、役員会をしました。(出席11人)
「若者も頑張っている。私も出来る限りのことをやっていきたい。」という
坂本会長の挨拶の後、7月23日のちば集会についての話し合いをしました。
当日は、『魅力ある通研とは?』をテーマにKJ法を使い、参加型で討論します。
田村貴子さんの講演もあります。沢山のご参加を願って準備をしています。
また、9月2、3日の手話を考えるフォーラムや
来年1月の関東集会(千葉県)などについても皆で意見を出し合いました。
各班の報告では、現在の会員314人。新規会員の開拓をとの声もありました。
一人ひとりが丁寧な声かをし、通研の良さを伝えたいです。
最後に新芽まつりの報告があり、「皆の協力のもとフルーツポンチが
大盛況で良かった、感謝します。」と担当役員からお礼の言葉がありました。
サポーターズの皆さんもありがとうございました。
「皆、少しずつでも力を出し合っていきたいね」と確認し合って、
今日の役員会は終了となりました。


                                              (保育・子育て支援班長 笠松 裕子)


ページの先頭へ



2017年7月2日(日) 《ちば通研 40周年記念事業委員会》


7月2日(日)、13時から17時まで、千葉聴覚障害者センター2階会議室にて、
40周年記念事業委員会が開催されました。参加者は、全部で7人でした。
今回から、新人が1人加わりました。とても若い会員さんです。
主な内容は、執筆者の読み合わせでした。
今後、執筆者に修正をしてもらう予定です。
次回は、8月6日(日)に開催します。
地域班に原稿を依頼しています。これらの確認をする予定です。
記念事業の開催日は、2018年4月15日(日)です。
今から、予定しておいてください。


                                              (組織部付き 渡辺 正夫)


ページの先頭へ



2017年6月30日(金) 《ちば通研 サポーターズ 印刷日》


6月30日(金)、10時から12時まで、千葉聴覚障害者センター2階和室にて、
ちば通研サポーターズの4人(海匝地域、成田、八千代、鎌ケ谷)が集まって、
ちば通研だよりの発送の準備をしました。
今回、封筒の中に入れる物が沢山ありました。
蒸し暑い日のため、皆さん、額に汗を流しながら
作業を黙々と頑張ってやりました。
でも、後で気がついたのですが、
一番肝心な「ちば通研集会」のチラシを
中に入れるのを忘れてしまいました。
ぜひ、下記のものをクリックして見てくださいね。

ちば通研集会


また、サポーターズに入りたい方、大歓迎です。
渡辺まで連絡ください。よろしくお願いします。



             汗流して頑張る

                                              (組織部付き 渡辺 正夫)


ページの先頭へ



2017年6月25日(日) 《ちば通研 ろう教育班準備会》


6月25日(日)、10時から12時まで千葉市中央コミュニティセンター6階にて、
ろう教育班準備会を開催しました。
ろう教育に興味・関心がある7人の方々が参加してくれました。
また、他の2人が顔を見せてくださいました。
千葉聾学校の学校公開のこと、聾学校の現状、卒業生の暮らしなど
様々な話が出ました。
今後の予定は、9月9日、12月16日、2月17日の土曜日、
午前10時から12時までを予定しています。
会員であればどなたでも参加できます。
どうぞ、積極的に参加してください。



             話し合い

                                              (組織部付き 渡辺 正夫)


ページの先頭へ



2017年6月24日(土) 《ちば通研 合同学習会》


6月24日(土)11時から、千葉市中央コミュニティセンターで、
楽しく未来社会学習班(TMG)と健康対策班の合同学習会を行いました。
参加者は2名でしたが、欠席者から出された
「会員さんに、頚腕についてアンケートを取ってみては」
ということについて話し合いました。
アンケートはきちんと目的を決めておく必要があることと、
回答しやすい工夫も大事ということで
これから内容を煮詰める必要があるということになりました。
アンケートを取ることで
今後の活動に結び付けられたらと思いました。
「みんなが健康で手話通訳活動ができることを願って」


                                              (監査 久保田 和子)


ページの先頭へ



2017年6月17日(土) 《ちば通研 千葉聾学校 学校公開》


6月17日(土)、千葉県立千葉聾学校の学校公開があり、
ちば通研から、5名が参加しました。
学校にはさまざまな所に視覚情報がありました。
授業は、先生がキュード、手話、声を使って児童生徒に語りかけ、
イラストと文字を使って展開されていました。
幼稚部から高等部まで、全児童生徒149名の学びを、
147名の教職員の先生方が一丸となって支えておられる様子を
目の当たりにしました。

「子どもたちがことばを習得するために、使えるものは何でも使います。
初めてろう学校に赴任された先生には、真っ先に手話とキュードを
覚えてもらっています。」というコーディネーターの先生のことばが
とても印象に残りました。


                                              (副会長 高橋 悦子)


ページの先頭へ



2017年6月11日(日) 《千葉県 新芽まつり》


6月4日(日)10:00~16:00、千葉聴覚障害者センターで
新芽まつりが開催されました。
ちば通研は、2階の和室で書籍販売の担当と、
外で去年に引き続き「フルーツポンチ」、
会員から寄付してもらった陶器、ジャムなどの販売をしました。
お天気にも味方され、「フルーツポンチ」は
お陰様で目標数150を大幅に上回り210個売れました!(昨年は120個)
地域班の皆様から缶詰めやスプーンの協力を頂き
また、当日はサポーターズの皆さんの他11人も応援して下さいました。
ちば通研のスローガン「全員主役・全員集合・全員笑顔」ですね!
ありがとうございました。


                                              (広報部 齋藤 小百合)



  
           書籍担当者です                               午前の担当者です



  
            大好評です                                午後の担当者です


ページの先頭へ



2017年6月4日(日) 《ちば通研 医療班会議》


6月4日(日)10:00~16:30
千葉聴覚障害者センター2階の会議室で医療班会議を行いました。
会議の内容は以下のとおりです。
1 医療班会議の年間予定
2 医療アンケート集計
3 今後の医療アンケートの行事等確認作業

次回の医療班会議は、
7月16日(日) 13:00~17:00
千葉聴覚障害者センター 2F 会議室で行います。


                                              (医療班長 北原 洋貴)


ページの先頭へ



2017年6月4日(日) 《ちば通研 地域班会議・懇談会》


6月4日の日曜日、10時から千葉中央コミュニティーセンター
6階に於いて、20の地域班から25人と役員8人で
2017年度1回目の地域班会議が開かれました。
2017年度は会長も変わり、継続班長に継続役員。
新班長、新役員は緊張しながらの参加となったと思います。
会議中、何度か地震もあり・・・偶然 にも緊急連絡先の確認。
毎年行っている安否確認ですが、2017年度は無告知で行う事になりました。
また40周年記念事業について、各地域班へ、
「未来に向けて こんな地域班をめざす」をテーマに
コメントのお願いを致しました。ご協力よろしくお願い致します。
6月11日(日)10時から千葉聴覚障害者センターで新芽まつりがあり、
フルーツポンチを販売するにあたり、たくさんのフルーツ缶詰やスプーンの
寄付が集まりました。ご協力、とても感謝しております。
ありがとうございます。
しかし、まだまだ足りないと思いますので、
寄付出来る方は宜しくお願い致します。



             地域班会議


地域班会議終了後、同じ会場で、各地域班から21名・役員14名で、
2年に1度の貴重な懇談会が開かれました。
3グループに分かれ昼食。その後、地域班活動での悩みや、
会員拡大について(会費改定を含む)
ちば通研活動への要望など、グループで懇談。
懇談途中話が盛り上がり、自然に大笑い・・・
他のグループからもう少し声を小さくしてくださいと
注意される一面もあり、とても楽しく話し合いが出来たと思います。




               懇談会


最後にグループ代表者が発表。
どのグループも主な悩みは、
・会員拡大の方法。入会したいと思ってもらうには?
・会員の高齢化。若い人の入会を促す方法は?
・班長のなり手がいない。
・会費の値上げによる、会員減少の心配。
・通訳者の為の団体で、通訳じゃないから入っても意味がないと思っている方もいる

など、たくさんの意見、悩みが出されました。
また、懇談会に参加申し込みをしてはみたものの、
会場に来るまで不安だった、という方がいました。
しかし、参加してみたらとても楽しく、
来て良かったと笑顔で帰られた方がいました。
参加してみないとわからない事もありますね。


                                              (組織部付き 西村 幸子)


ページの先頭へ



2017年5月27日(土) 《ちば通研 楽しく未来社会学習班 定例学習会》


5月27日(土)、千葉市中央コミニティーセンターで、
楽しく未来社会学習班の定例学習会を5人で行いました。

今回は、あらためて聴覚障害とは何かを、再度みんなで考えてみました。
聴覚障害は、聞こえない事が障害? 話せない事が障害?
聞こえなくなった年齢によって被る障害の度合いが違うのは何故?
同じ“情報障害”と言われる、視覚障害と聴覚障害は何が違うの?

この様な内容を話し合い、更に、

では具体的にその聴覚障害を障害では無くすためには
どう僕らが動いていけばよいのか?
と言う事を話し合ってみました。
(詳しくは、支部だよりに掲載します)


                                              (研究部長 田村 文美)


ページの先頭へ



2017年5月26日(金) 《ちば通研サポーターズ 印刷日》


5月26日(金)、午前10時から11時30分まで、
ちば通研だよりの印刷のお手伝いをしました。
当日は、4人(印西・白井・鎌ケ谷)のサポーターズが集まりました。
印刷された紙を2つに折ったり、たよりに入れる印刷物を挟んだりしました。
今回、研究誌第140号が同封されます。
少しでも経費削減と言うことで、サポーターズの4人が
自分で配れる会員の封筒を持ち帰ることにしました。
もちろん、無理をしない範囲で配ることを確認しました。

また、サポーターズに入りたい方は、事務局又は渡辺正夫まで
聞いてください。
沢山の仲間が入ってくれることを期待しています。


                                              (組織部付き 渡辺 正夫)


ページの先頭へ



2017年5月20日(土)・21日(日) 《全通研 代議員会》


天気に恵まれた5月20日、21日に埼玉県県民活動総合センターにおいて、
2017年度代議員会が開催されました。



               会場


千葉支部からは、坂本、岩井、安田、境の4名が参加いたしました。


  
           千葉県の代議員です                            開会です


1日目は、討議補足説明から始まり、ブロック別会議討議報告、
第2号議案決算、監査報告。休憩を挟み、課題別討議が行われました。
夜は、大宮駅近くの18階の東天紅で交流会が開かれました。
九州ブロックが幹事で交流会を仕切ってくれました。
九州の方言を標準語ではどういう表現するのかを
当てるクイズが出されました。
私は、17問中5問しか正解できませんでした。
2日目、午前9時15分から始まった長時間の議案書討議は時間どおりに終了し、
討議のまとめを近藤副会長が行いました。
その後、代議員総数132名により採決が行われ、全ての議案が承認されました。
長いようで短いような2日間の代議員総会は無事終了しました。

                                              (事務局長 境 治美)


ページの先頭へ



2017年5月14日(日) 《ちば通研 医療班会議》


5月14日(日)、午後1時から千葉聴覚障害者センター2階の会議室において
医療班会議が参加者6人で開催されました。

内容は、
1 年間予定
2 手話を考えるフォーラム
3 ちば通研40周年記念誌原稿
4 アンケート調査について

会場を移して千葉県聴覚障害者協会活動運営委員会の研修に
医療班として参加しました。
次回は、6月4日(日)10:00~17:00
千葉聴覚障害者センター 2階 会議室で開催します。

                                              (医療班長 北原 洋貴)


ページの先頭へ



2017年5月14日(日) 《関東通研 定期総会・支部代表者連絡会議》


5月14日(日)10:00から12:00まで、埼玉県浦和合同庁舎にて
関東手話通訳問題研究会の第14回定期総会が行われました。
参加者4人(岩井・境・高橋・安田)。
2016年度の事業報告、会計報告、集会報告と続き、2017年度の案が出されました。
関東集会の形が変わり、関東ろう連との合同集会ということなので、
運営していく上で様々な工夫が必要です。
今年は千葉県が担当です。みんなで力をあわせて頑張りましょう。

13:00から15:00まで、同場所で支部代表者連絡会議が行われました。
参加者2人(高橋・安田)。
千葉で行われる関東集会の全通研としての分科会について協議しました。
暫定的ではありますが、5つの分科会の案が決まりました。
次世代育成に向けての事業、派遣通訳設置通訳の制度についての学習会を
今後考えていくことを確認しあいました。

                                              (健康対策班長 安田 ひろみ)


  
            総会会場                                支部代表者連絡会議



ページの先頭へ



2017年5月13日(土) 《ちば通研 健康対策班会議》


5月13日(土)13:00から15:00まで、千葉市中央コミュティセンターにて
健康対策班会議を行いました。参加者4名。
先日、本部より送られてきました2016年度「雇用された手話通訳者の動態調査報告」
「けいわん検診医療機関・施設調査」について確認、意見交換をし、
ちば通研会員への周知について検討しました。
また、楽しく未来社会学習班との合同学習会の内容について意見を出し合いました。


                                              (健康対策班長 安田 ひろみ)


ページの先頭へ



2017年5月7日(日) 《ちば通研 役員会》


5月7日(日)9:30から12:30まで、千葉聴覚障害者センターにおいて、
2017年度初の役員会を行いました。
議題としては、6月の新芽まつりについて、今年もちば通研として出店に参加。
6月の地域班会議と懇談会について、関東通研総会、代議員会への出席、
会費の改定についての懸案事項、安否確認訓練、ちば通研講座Ⅱ、ちば通研集会、
手話を考えるフォーラムについて、そして各班からの報告などなど盛りだくさんでした。
今年の会員目標数は370人、現在、230人を超えましたが、
5月末までに会費の納入がない方には、
研究誌の送付ができないため引き続き丁寧な呼びかけをしていく。
2017年度の活動もスタートし、1年間の行事や取り組みに向けて
3時間を超えての会議となりました。



              新役員も参加


                                              (副会長 米田 市子)


ページの先頭へ



2017年5月7日(日) 《ちば通研 40周年記念事業委員会》


5月7日(日)役員会に引き続き13時から16時まで、
千葉聴覚障害者センターにおいて、40周年記念事業委員会が開催されました。
7人の委員の参加の下に会議をしました。
中心の議題は、記念誌のことでした。
目次、原稿の確認、活動日誌、資料などについてでした。
また、執筆いただいた一人一人の原稿を皆で読み合わせをしました。
次回は、7月2日(日)13時から行います。


                                              (組織部付き 渡辺 正夫)


ページの先頭へ



2017年4月28日(金) 《ちば通研サポーターズ 印刷日》


4月28日(金)、午前10時から12時までちば通研だよりの印刷のお手伝いをしました。
当日は、4人のサポーターズが集まりました。
印刷された紙を2つに折ったり、たよりに入れる印刷物を挟んだりしました。
また、今後の印刷日のお手伝い出来る日を確認しました。
当面、4~5人のチームを組んでお手伝いをします。
サポーターズに入りたい方は、事務局又は渡辺正夫まで
聞いてください。
沢山の仲間が入ってくれることを期待しています。


                                              (組織部付き 渡辺 正夫)


ページの先頭へ



2017年4月22日(土) 《ちば通研 楽しく未来社会学習班 定例学習会》


こんにちは。
楽しく未来社会学習班です。

4月22日の定例学習会は、これから行っていく学習会の
大まかな内容を話した後、通訳者が聴覚障害者に通訳現場で
関わる時の関わり方について、楽しく未来社会学習班が
クラウドストレージに作っている資料置き場(共有書庫)にある
資料 (川根紀夫さんの ケースワーク論_ 相談支援事業_完全) を
参考にしながら、みんなで考えました。
また、その行動の背後にある社会に求められること
(未来の社会の姿、あり方) についても話し合いました。


                                              (楽しく未来社会学習班長 田村 文美)


ページの先頭へ



2017年4月16日(日) 《ちば通研 新会長挨拶・総会・講座Ⅰ》


【坂本建彦新会長 挨拶】

これまで医療班長を担っていました、成田に住む坂本建彦です。
渡辺正夫さんが全通研会長を引き受けていらっしゃるのに、
ちば通研会長をお断りできませんでした。
通訳でなくても構わないと言われ、
聴覚障害者について学んできた経験を少しでも生かせたらと、
お受けしました。幸い健康だけが取柄で、
鹿児島県に毎月通っているため千葉にいないことがありますが、
皆さんの力を借りて頑張ってみたいと思います。
よろしくお願いします。   会長 坂本建彦



              坂本新会長


【総会】
4月16日(日)、千葉聴覚障害者センター3階において、
2017年度ちば通研の定期総会が開催されました。
組織部澤さんの司会進行のもと、議長に千葉市班の山口さん、
書記に佐倉班の小野崎さん、藤井さんが選ばれました。
参加者・委任状を合わせて1/2を超え、総会成立となりました。

2016年度の活動報告では、どの企画も少ない予算、少ない参加者ながら
概ね充実した活動が行われたことが報告されました。
続いて、2017年度は2年に一度の役員改選の年ということもあり、
さまざまな議案が出されました。
質問や意見が出されたのは次の3つでした。

①会則改正
部局、専門班などの組織変更を伴う会則改正は承認されましたが、
新旧対応表を改めてお送りすることになりました。

②組織体制の見直し
・各専門班の学習・研究の成果を共有し活かせるよう、「研究部」という枠組みを作った。
・研究部と組織部の役割を明確化した。
・副会長は会長を補佐するだけでなく、各部の統括の役割を担うことにした。
・「ろう教育班」を設立するための準備会を設けた。
組織体制について承認されました。

③会費改定
主な改善案は、
・値上げする2000円の使い道を提示する
・総会出席・委任状のハガキ代をFAX返信にする
・ちば通研のメール配信など固定費削減
まずは出された案を検討したり取り組んだりした後、
再度総会にかけることになりました。

会長は、久保田さんから坂本さんにバトンタッチされ、
新たなスタートを切ることになりました。
役員の任期を終えられた久保田和子さん、宇治昌子さん、岡村千恵さん、
石山明子さん、高橋久美子さん、渡辺裕美さん、福井典子さん、
本当にお疲れさまでした。


  
              総会会場                              新しい役員の皆さん


【ちば通研講座Ⅰ】
定期総会に引き続き、13時半~16時まで、ちば通研講座Ⅰが行われました。
参加者は42名でした。
講師に全通研健康対策部の桐原サキ氏をお招きし、「みんなが輝く未来をめざして
~雇用されている手話通訳者の労働と健康についての実態調査から~」
というテーマで講演していただきました。
桐原さんの優しく流れるような話し方に、参加者みんな引き込まれてしまいました。
なかでも心に留めておきたいと思ったことをいくつかご紹介します。

①2015年の実態調査の回収率が70%と、これまでの90%近くから急激に下がったことは
皆さんご存知でしたか?
ここには、単純に健康問題への関心が薄れたとはいえない実態が潜んでいました。

②検診を受けられるようになった自治体は増えましたが、
検診結果を受けてどうするか、といった具体的な取り組みが必要とのことでした。

③手話通訳者の構成年代を棒グラフにしたものを1990年から見ていくと、
構成年代が上がっています。5年ごとの調査ですから、
30代は40代に、40代は50代にシフトしていくのは当然だからです。
注目すべきは、若い世代の層が伸びていないこと。

最後に、桐原さんは「学習しておしまいではだめ。
今日聞いたことを参加できなかった地域の人たちに広めて!」と、
繰り返しおっしゃっていました。
私も早速実践できたかな。皆さんもぜひ!


  
              桐原講師                               真剣に聞く参加者

                                                       (副会長 高橋 悦子)


ページの先頭へ



 

2017年4月1日(土) 《ちば通研 役員会》


4月1日(土)、9時30分から千葉聴覚障害者センター2階において、
11人の参加をもって役員会が開催されました。
総会の準備、新役員体制、代議員選出、決算、予算案などが協議され
新しい年度が順調にスタートできるよう準備が整いました。
また、会員目標数は370人としました。
すでに、56人の会費の納入がされました。
総会までに80%の継続ができると良いですね。



          熱心に討議する役員

                                                       (組織部長 渡辺 正夫)


ページの先頭へ



2017年4月1日(土) 《ちば通研 2017年度 会長挨拶》


気持ちも新たに、2017年度がスタートしました。
2016年度は会員数が3年連続過去最高数(366人)を達成しました。
これも地域班の皆さんをはじめ、会員一人ひとりが最後まで
声を掛け合ってくれたおかげと、感謝の気持ちでいっぱいです。
そして、2018年度は、ちば通研創立40周年を迎えます。
実行委員が記念集会の準備を着々と進めています。
先日、本部の研究誌部の方がちば通研の取材に来ました。
研究誌の「ちょっと聞いてよ」というコーナーには
支部が設立した順番に掲載されるということで、
ちば通研は全国で6番目に設立されています。
この間、さまざまな立場の人たちと連携しながら
聞こえない人たちの暮らしを見つめ、
福祉向上のために学習や活動を行ってきました。
一人でも多くの力が集まることで、
地域の活動から全国の仲間へと繋がり、
社会を変えていく力になります。
誰もが住みやすい社会を作っていくために共に歩みましょう。

全通研の三感王「・感動・感心(関心)・感謝」

ちば通研のスローガン「全員主役・全員集合・全員笑顔」



            桜の季節です

                                                       (会長 久保田 和子)


ページの先頭へ



2017年3月17日(金)・3月18日(土) 《ちば通研 印刷ボランティア  インタビュー》


3月17日(金)、1時から3時30分まで
ちば通研の議案書の印刷をしました。
その際、まだ、試みですが、ボランティアを募りました。
鎌ケ谷班の方が3人、応援に駆けつけてくれました。
総会で、ボランティアの呼びかけをします。
どうぞ、皆さん、参加してみてください。



         ボランティアの皆さん



また、ちば通研40周年記念事業の一環として
40周年記念誌を作成しています。
3月18日(土)に、野田市に住んでいます
日佐戸さんのお宅にお邪魔して、
インタビューをさせていただきました。
40周年記念大会において、記念誌を発行する予定です。
ご期待ください。



        インタビューでの様子

                                                       (組織部長 渡辺 正夫)


ページの先頭へ



2017年3月12日(日) 《ちば通研 役員会  40周年記念事業委員会》


3月12日(日)、9時30分から12時30分まで
千葉聴覚障害者センター2階で役員会が開催されました。
参加者は、14人でした。
総会における議案書の確認と行事予定を中心に協議されました。
また、総会の進め方、役員体制、会則改正、会費などについては、
4月1日(土)の役員会で協議することにしました。



             役員会



午後1時から、ちば通研40周年記念事業実行委員会が、
千葉聴覚障害者センター2階和室で開催されました。
参加者は6名でした。
記念誌、記念イベント、ちば通研ゆるキャラのイメージ、
ちば通研だよりでの周知の方法などを話し合いました。
2年前から立ち上がった実行委員会ですが、あっという間に時が過ぎ、
いよいよ記念誌も2017年内に作る段階に入りました。
読み応えのある記念投稿も魅力の一つです。
ちば通研40周年をより多くの会員さんとお祝いするために、
魅力のあるものを作りたいと思います。 駆け足で頑張っていきます。



            事業委員会

                                                       (組織部付き 澤 広美)


ページの先頭へ



2017年3月5日(日) 《千葉県 耳の日まつり》


3月5日の日曜日、10時から16時まで
青葉の森公園芸術文化ホールにて
第36回 耳の日まつりが行われました。
朝9時から、ちば通研ブースのセッティングをしました。
カードケース、キーケース、小銭入れ、
そして、書籍やDVDを並べました。
10時から開会式、ミニ講演が行われました。
午後1時からは、蓮池透さんの講演、阿波踊り、
特別高度救助隊講演、福引きがありました。
2017年度は南総支部(富津市)です。
無事にバトンタッチされて、終了しました。

また、ちば通研のブースを借りて、
全国手話研修センター後援会の2017年度の受付を行いました。
大勢の方々に入会及び継続していただきました。
ありがとうございました。


  
              会場                                     開会式


  
            ちば通研ブース                      カードケース、キーケース、小銭入れ

                                                       (組織部長 渡辺 正夫)


ページの先頭へ



2017年2月26日(日) 《ちば通研 地域班会議・役員会》


2月26日の日曜日、10時から千葉聴覚障害者センターに於いて
各地域班から23名・役員7名で
2016年度最後の地域班会議が開かれました。
3年連続で会員数過去最高を達成したことが
会長より報告され喜びを分かち合いました。
今回の会議には、全通研本部から2人の方が
研究誌の取材のため地域班会議に参加されました。
みんな笑顔で写真に写りました。


  
             全体会議                                 地区別会議


2月26日の日曜日、13時から千葉聴覚障害者センターに於いて
役員会が開かれました。
初めに本部の研究誌の取材を受けました。
本部役員から午前中の地域班会議の取材を受けて
地域と支部との連携がとてもなされていること、
千葉の独自の取り組みである事に関心がもたれました。
その後、議題としては議案書の確認と
来年度の会計、組織体制について話し合われました。


  
              役員会                                研究誌部のお二人

                                                       (組織部付き 橋谷田 久美子)


ページの先頭へ



2017年2月5日(日) 《ちば通研 医療班会議》


2月5日(日)、午後1時半から
千葉聴覚障害者センター2階の会議室において
医療班会議が参加者3人で開催されました。

内容は、
1 医療班出前講座(男性講座)報告
2 耳の日まつりについて
3 今後の医療アンケートの予定
4 その他


また、2月4日(土)匝瑳市生涯学習センターにおいて、
男性向けの出前講座を行いました。
参加者は少なかったものの、内容が聴覚障害者の方々にも
わかりやすく参加者には大変好評でした。
聴覚障害者からの意見を集約してみました。
「医療に関するいろいろな講座を開いて欲しい」
「皆から見えないところで、個別に相談したいこともある」
「男性ろう者が病院に行く時、
男性通訳にお願いしたい時もあるので、
男性通訳者を増やして欲しい」
などです。


                                                       (学習部長 渡辺 裕実)



            講演会の様子


ページの先頭へ



2017年2月5日(日) 《ちば通研 役員会・ちば通研学校》


2月5日(日)、千葉市中央コミュニティセンターにおいて、
役員会が行われました。13人の参加がありました。
4月16日(日)に行われる総会に向けて、
組織体制や予算、行事等の確認をしました。
資金繰りの厳しい状況だからこそ、知恵を出し合って
魅力ある活動を行えないか、いろいろな意見が出されました。

次回の役員会は、2月26日(日)午後に行われます。
午前中は地域班会議があります。


                                                       (ろう教育担当 高橋 悦子)



            役員会です



役員会に引き続き、13時30分から15時30分まで、
千葉コミュニティーセンターでちば通研学校・第4講座が開催されました。
テーマは、「ろう運動と子育てについて」、
講師は、千葉県聴覚障害者協会 植野 都(みやこ)氏でした。
ろう運動を通し、妻として、母として、上手くいく方法。
こうしたらできる!「育てることで、自分も育つ」と、
講師の工夫をたくさん感じました。
子育てのターニングポイントの話も聞くことが出来ました。
参加者は39人。会場の都合で、定員に限りがありましたが、
参加者は講師の魅力に胸いっぱいとなる、日曜日の午後でした。


                                                       (組織部付き 澤 広美)



            講師の植野都氏


ページの先頭へ



2017年1月14日(土)、15日(日) 《関東 茨城集会》


この冬一番の寒気でお天気が心配される中、
茨城県潮来市にて第49回関東ろう活動者研修会、
第30回関東手話通訳問題研究討論集会が二日間にわたり開催され、
千葉からは県協会と千通研から16名が8分科会に分かれて参加しました。

合同開催となって3回目の今回は、
合同分科会以外の分科会にもろう者が参加出来るようになり、
それぞれの分科会でテーマに添った熱〜い討論が繰り広げられました。
もちろん、堅い討論ばかりで毎年参加…のはずはなく、
やっぱりこれがなくっちゃ!のお楽しみ交流会や久々の再会に笑顔は絶えず、
あっという間の二日間でした。

吹く風は冷たかったのですが潮来の空は晴れて青く、
ぽかぽかとした気分で帰路につきました。

来年は千葉で開催です!茨城に負けないくらい、
みんなで盛り上げて楽しい集会にしましょう!


                                                       (労働班長 枌 純子)


  
            会場の潮来ホテル                            会場近くの公園


  
         関東ろう連の長谷川理事長                        関東通研の相川会長


  
           千葉からの参加者                              情報交換会


ページの先頭へ



2017年1月7日(土) 《ちば通研 役員会》


2017年1月7日(土)、ちば通研の役員会がありました。
新年早々でしたので、役員一同の新年の挨拶から始まりました。
16人の参加者がありました。
議案書作成、事業計画案、行事予定などを話しました。
また、4月の総会では、役員改選が行われます。
そのため、再度、組織体制を見直しすることにしました。
その後、会員数の確認、理解普及のための取り組み、
各部・班からの報告がありました。
4月16日(日)の午前中はちば通研の総会で、
午後は本部の桐原理事を講師に
「みんなが輝く未来をめざして」の
ちば通研講座Ⅰを予定しています。
さらに、6月4日(日)の地域班会議のあとに昼食を兼ねて
役員と地域班の方々の懇談会を予定しています。
次回の役員会は、2月5日(日)の午前です。
その日の午後は、ちば通研学校の第4講座があります。
以上のことを話し合い、解散しました。


                                                       (組織部長 渡辺 正夫)



ページの先頭へ



2017年1月1日(日) 《ちば通研 会長 新年の挨拶》


新年、明けましておめでとうございます。
昨年は皆様にとってどんな一年だったでしょうか?
年々、一年が速く過ぎていくような気がしますが年齢のせいでしょうか。
2016年の世相を表す「今年の漢字」に「金」が選ばれました。
リオ五輪での日本人の金メダルラッシュからというのは明るい話題ですが、
政治と金に絡む問題が次々と浮上したことなどが理由とは。
そして一日置いて国会では「年金改革法」が成立しました。
年金を受給し始めてから私にとっては「金」は「年金」問題が切実です。
全通研が5年ごとに行っている「雇用されている手話通訳者の労働と
健康についての実態調査」の調査結果をまとめて
「みんなが輝く未来をめざして」というパンフが発行されました。
以前よりは雇用されている手話通訳者は増えているようですが、
非正職員が大半で給与や労働条件の水準も低いことが明らかになりました。
雇用といっても、勤務時間によっては社会保険に加入していなかったり、
決していい条件とは言えません。
手話通訳業務を担う中核が労働契約のない登録手話通訳者という現状と、
手話通訳者の高齢化問題など、課題は山積みです。

年頭から暗い話しになってしまいましたが、
現実問題には目をつぶってはいられません。
みんなが輝く未来をめざして、一歩でも前進していくために、
また一年学習を積み重ねていきましょう。

そして今年も「全員集合」「全員主役」「全員笑顔」で
一人でも多くの仲間を増やしていきたいと思います。
宜しくお願いいたします。


                                                       (会長 久保田 和子)




          今年もどうぞよろしく




  
              初日の出                                   酉



ページの先頭へ



2016年12月18日(日) 12:00-15:00 《全国 保健文化賞受賞祝賀会》


12月18日(日)、滋賀県大津市のロイヤルオークホテルにて
琵琶湖病院の藤田保医師の祝賀会が約100人が集まり開催されました。
聞こえない学生の支援や聴覚障害者外来を立ち上げ、
永年の医療現場での功績が認められ、この度、保健文化賞を受賞されました。
全通研を代表して渡辺が参加してきました。
また、千葉県からは、坂本医療班長が参加されました。
藤田氏からの謝辞で、「自分は無医村で働くと学生時代に約束をした。
しかし、耳が聞こえなくなり、そのことは実現できなかった。
今の病院は聴覚障害者にとって無医村と同じ状況だ。
その状況を少しでも変えていきたいと思っている。」と
自分がこれまで取り組んできた気持ちを表明してくれたと思いました。
本当に心温まるひとときでした。


                                                       (組織部長 渡辺 正夫)




  
            会場                                     開会の挨拶




  
          表彰状・記念品                           プログラム・記念の品物


ページの先頭へ



2016年12月4日(日) 10:00-12:30 13:30-17:00 《ちば通研 地域班会議・役員会》


12月4日(日)、千葉聴覚障害者センター3階にて
地域班会議が開催されました。参加者は地域班から21人と
役員7人が参加しての会議となりました。
会員拡大について、安否確認訓練の反省、秋穫祭のお礼、関東集会、
雇用されている通訳者の実態調査について、来年度の地域推薦役員について、
地区講座について等たくさんの議題が話されました。
次回は、2月26日(日)10時から行われます。


  
           地域班の代表者                           地区別会議です


                                                       (組織部付き 橋谷田 久美子)


12月4日(日)午後1時半から5時まで、
千葉聴覚障害者センター3階で役員会が行われました。
まず最初に、通訳班から出されている「聞こえないとは1 聞こえるとは3」の
パワーポイントを見て意見を出し合いました。
会員状況については、361名になりましたが、
まだ昨年度の365名には達成していないことで
諦めないで一人でも新規会員を呼びかけていくことを確認しました。
また、秋穫祭の反省や、大好評のうちに終わった、ちば通研講座Ⅱ
「ぽんちゃん千葉に来る」の感想や、来年度の組織や役員体制については
地区から選出された新役員に対して今までのやり方では・・という意見を基に、
対応を考えていかなければならないことが確認されました。
次回は来年1月7日(土)午後1時からです。
2月の地域班会議・役員会の時に、研究誌の取材が来るかも?本部と調整中です。


                                                       (会長 久保田 和子)


ページの先頭へ



2016年11月27日(日) 10:00-12:00 13:00-16:00 《関東通研 連絡会・健康担当者学習会》


11月27日(日)、東京のアカデミー茗台において、
関東支部代表者会議が行われました。
主な議題は、来年1月14(土)、15(日)に
潮来で行われる第30回関東通研討論集会
(関東ろう連との合同)の進捗状況報告および
今後の取り組みについてでした。
それから、2017年度の討論集会をどのような形で
行えばよいかも話し合われました。
2017年度は千葉支部が主管となって行われるため、
情報保障について、関東ろう連や
千葉のろう協会との連携について等
、いろいろ教えていただきながら確認をしました。

次回は来年1月15日(日)に行われます。


  
              会場です                                連絡会です


                                                       (ろう教育担当 高橋 悦子)


午前中に引き続き13時から、
関東ブロック健康対策担当者学習会が開催されました。
講師は全国手話通訳問題研究会の
健康対策部担当理事である山梨県の桐原サキさん。
手話通訳者の健康問題の歴史から始まり、
5年に一度行われる「雇用された手話通訳者の
労働と健康についての実態調査」の
結果からみえること、考えなければいけないことなどが話されました。
関東の各都県と検診の実態や結果は
反映されているのか等の情報交換もありました。
私たちは、頚肩腕障害についてよく知り、
広めていかなければいけない。予防について学習会をし、
仲間を守っていかなければならないと思いました。
「みんなでめざそうよりよい手話通訳」そして
新しくできた「みんなが輝く未来をめざして」の
パンフレットを手にとってください。健康についてみんなで考えましょう。
親しみのある桐原さんのお話に引き込まれ3時間はあっという間。
千葉に帰ったら、千葉の仲間のために健康対策部として
できることはなんだろう?と思いながら帰途につきました。


  
             学習会です                              講演の後にストレッチ




                                                       (健康対策部付き 安田 ひろみ)


ページの先頭へ



2016年11月20日(日) 13:30-16:00 《ちば通研 ちば通研講座Ⅱ》


11月20日(日)、千葉市中央コミュニティセンターにて、
ちば通研講座Ⅱが行われました。参加者は22名。
今回の講師は、研究誌でおなじみ「ぽんちゃん」こと前田真紀さん。
テーマは、「手話で広がる仲間の輪」でした。


  
               開会です                              面白い話がたくさん


とにかく面白くて、13時半から16時までの2時間半、話に釘付けとなりました。
会場までの道中、千葉の建物の大きさに自分が小さく感じられたことや、
モノレールの下に車輪がなくてどうやって走るのか、怖くて不思議で、
その仕組みが分かるまでキョロキョロされたことからお話が始まりました。

そんな前田さんならではのものの見方や感じ方、経験のされ方が、
前田さんの魅力となって溢れ、
一人また一人と仲間が集まり増えていくのだなと感じました。

手話サークル立ち上げとともに手話を学び始め、
やがて高知県の手話サークル連絡協議会や全通研高知支部立ち上げにも
尽力されるなどの活動と、バンコクでの聞こえない人たちとの関わりを通して、
前田さんは「私は一人だけど、一人じゃない」と気づかれたのだそうです。

終始笑いの絶えないお話だったのですが、
その笑いをうまくお伝えすることができません。
タイの人たちに必死で「これって変だよ!」と
日本手話と身振りで訴える前田さんに、
「そう?大丈夫だよ。何をそんなに慌てているの?」と
タイの手話と身振りで返すタイの人たち。
文化の違いに驚き、戸惑いながらも、「そうか。それでいいのか。」と
肩の力を抜くことができる居心地のよさが、
これからも前田さんをバンコクへと誘(いざな)うでしょう。
私たちも、研究誌の「ぽんちゃんバンコクへ行く」を読んで、
前田さんを応援しながら楽しみましょう。

最後に、 「一人の力は頼りないけれど、みんなが今よりちょっとずつ頑張ったら、
それはとっても太い力となる。それを信じてこれからも歩み続けよう。」
という力強いお言葉をいただきました。

前田真紀さん、本当にありがとうございました!


  
             ストレッチ                             千葉駅が新しくなった(西口)


                                                       (ろう教育担当 高橋 悦子)


ページの先頭へ



2016年11月13日(日) 10:00-15:30 《つくる会 秋穫祭》


11月13日(日)、千葉聴覚障害者センターで、
恒例の収穫祭が開催されました。
好天に恵まれ、大勢の人達が参加してくれました。
ちば通研もお店を出しました。
お米すくい取り、梅干し、お菓子、ポストカード、カード入れを販売しました。



              準備万端


また、手話コーラスコンテストにも参加しました。
役員と地域班の有志が集まっての参加でした。
チームの名前は、”ちー*ガールズ”で、6人で演技をしました。
10時半に会場近くの公園で練習をしました。
その甲斐あって、見事、感動賞・手話表現賞を頂きました。
2017年度も頑張るぞー。


  
               綺麗でしょう                                決めポーズ



                                                       (組織部長 渡辺 正夫)


ページの先頭へ



2016年11月6日(日) 9:30-17:30 《ちば通研 役員会・ちば通研学校・40周年記念事業委員会》


11月6日(日)、午前9時30分から12時30分まで、
千葉聴覚障害者センター2階にて、16人の参加の下に
役員会が開催されました。
支部長会議の報告、会員拡大、安否確認、ちば通研の組織体制、
各部班からの報告などがありました。
特に組織体制については、慎重に議論が交わされました。



               役員会


役員会に引き続き、午後1時30分から3時30分まで、
ちば通研学校の第3講座が3階にて開催されました。
今回は、この4月から千葉盲学校の先生をしている石川滋一氏をお招きして、
「ろう教育について」のテーマで講演がありました。
役員を含めて16人の参加がありました。
ろう教育の現状を知ることが出来ました。
講演、ありがとうございました。




             ちば通研学校


午後4時から5時30分まで、2階会議室で、
40周年記念事業委員会が5人の参加者で開催されました。
記念誌、イベントのことを中心に話しました。
近々、地域班にアンケートを配布し、
イベントの内容を募集することになりました。



           40周年事業委員会


                                                       (組織部長 渡辺 正夫)


ページの先頭へ



2016年11月6日(日) 13:30-15:30 《ちば通研 医療班会議》


11月6日、午後1時半から3時半まで千葉聴覚障害者センター会議室にて
医療班会議が行われました。参加者は、6人でした。

議題
1 アンケート調査日程と分担について
2 関東集会について
3 耳の日まつりについて
4 今後の予定
5 その他
会議終了後、調査したアンケートの集計作業を少ししました。


                                                       (学習部長 渡辺 裕美)


ページの先頭へ



2016年10月22日(土) 13:30-15:30 《ちば通研 よりパン学習会》


10月22日(土)、午後1時30分~3時30分
千葉中央コミュニティセンター5階講習室2において、
「よりパン学習会」を開催しました。
今回は、講師に川根紀夫氏をお迎えし、
全日ろうと全通研で作成した
「みんなでめざそうよりよい手話通訳」の冊子が
作られた背景や目的について、
また内容についても詳しくお話を聞くことができました。
川根氏のひと言ひと言に、人としての、
また、社会のあるべき姿の原点をあらためて教えられました。

よりパン学習会の終了後に、「癒やしのちばカフェ」を場所を変え、
川根氏を囲み手話カラオケで楽しみました。
懐メロから最近の話題曲までみんなで熱唱し、
歌詞の意味を掴む手話表現に感動しながら、心の底から笑い、
尽きぬおしゃべりに時間も延長、心が解ける楽しい時間をすごしました。


                                                       (健康対策部長 米田 市子)


ページの先頭へ



2016年10月9日(土)、10日(日) 《全通研 支部長会議》


10月9,10日、全国手話研修センターで支部長会議が行われました。
渡辺会長の「長期ビジョンは15,000人会員を目指す」という力強い挨拶から始まり、
立命館大学教授 峰島 厚氏の講演がありました。
「我が事・丸ごと」地域共生社会とは・・ということでした。
えっ何のこと?と思いながら聞いていましたが、「厚労省の基本的なところが内閣府に」
「安保法と結びつた施作」と耳を疑うような話ばかりでした。


  
                開会                                講師の峰島氏


二日目はグループに分かれて課題別討議が行われました。
交流会の「新四文字熟語ゲーム」では関東ブロックがみごと1位を獲得。
山梨県支部長の大崎さん(男性)が考えた『男支✓女指』でした。
また、11月20日のちば通研講座で講演をお願いしている
「ぽんちゃん」が所属している四国ブロックの新四文字熟語は?
さて何だったでしょう。
ヒントは、「私が考えたんじゃないよ」とぽんちゃんが言っていました。
ぽんちゃんは楽しさが滲み出ている人で、講演がますます楽しみになりました。
昨年のちば通研講座で講演をお願いした「のりコーダ」の宮澤典子さんには、
講演後のグループ交流会がとっても良かったと言われましたよ。
楽しい中にも宿題で頭がいっぱいになった2日間でした。


  
          関東ブロックの皆さん                             課題別討議



                                                       (会長 久保田 和子)


ページの先頭へ



2016年10月1日(土)、2日(日) 《千葉県 手話を考えるフォーラム》


2016年10月1日、2日と市原市ちはら台コミュニティセンターにて
『第16回 手話を考えるフォーラム』が開催されました。
今年のテーマは『手話言語の時代』でした。

第1分科会 【ろう重複・福祉事業】
『意思形成とは…そして支援のあり方は』
千葉県聴覚障害者協会のらいおんぐるーぷ、介護事業の事例を交えながら、
関わる支援者それぞれの立場からの役割等、ご講演頂きました。



             第一分科会


第2分科会 【未来に繋がる手話サークル2】
『もっと教えて!レンちゃんケンちゃん』
手話の時代が大きな転換期を迎えている今、社会が大きく変わってきています。
条例が出来、法律が改正を迎える中、千葉県手話サークル連絡協議会は
機関紙『かわら版』に、分かりやすく学べる漫画を掲載してきました。
千葉県手話言語等条例とは…障害者差別解消法とは…
グループ討議をしながらみんなで一緒に考えました。



        第二分科会


第3分科会 【システム】
「『手話言語』の時代到来」
6月21日に千葉県手話言語等条例が可決、成立しました。
それに伴い、千葉県下54各市町村への意思疎通支援事業実施要項を、
平成25年に厚生労働省から各自治体に通達のあったモデル実施要項に
沿った内容の見直しが求められていることや、
各自治体が作成中の障害者差別解消法に基づいた対応要領の事など、
設置手話通訳者の配置や、タブレット導入について
千葉聴覚障害者センターと千葉県庁が検討課題として相談中である事が話されました。
千葉県手話通訳問題研究会からは「全通研がめざす手話通訳制度」のパンフレットの
紹介を踏まえて、自治体や、機関で働く非正規雇用の登録手話通訳者や設置手話通訳者は、
雇用する行政がしっかり正規雇用を行える体制を作っていけるようにと、話がありました。



        第三分科会


第4分科会 【医療】
「理想的な医療を求めて、今できること」
医療機関に望むことについて、医師から説明を受ける時やら
検査を受ける時の工夫をグループに分かれて協議をしました。



          第四分科会


全体会は、久松三二氏による「手話言語の時代到来」と題して
記念講演がありました。
その後、植野圭哉氏と渡辺正夫氏を加えて3人の
パネルディスカッションがありました。


  
             記念講演                                パネルディスカッション


200人を超える参加者がありました。
2017年度は千葉市で開催されます。無事に引継式を終えて閉会しました。

千葉県支部として、書籍販売をしました。参加者に沢山の本を買ってもらえました。
皆様、ご協力ありがとうございました。



              書籍販売



                                                       (組織部付き 澤 広美)


ページの先頭へ



2016年9月25日(日) 10:00-16:00 《ちば通研 医療班会議》


9月25日10時から16時まで、センター和室にて医療班会議がありました。
参加者は、5人でした。

会議の内容です。
1 手話を考えるフォーラムについて
 「聴覚障害者受療アンケート」の中間報告をする。
 その資料(パワーポイント)の作成。
2 アンケート調査について
  調査済のまとめ
  次回調査の担当割
3 その他
 次回医療班会議は、11月6日(日)の午後、
 千葉聴覚障害者センターにて開きます。

以上


                                                       (学習部長 渡辺 裕美)


ページの先頭へ



2016年9月17日(土)10:00-12:00 13:00-16:00 《関東支部代表者会議・企画担当者会議》


9月17日土曜日、10時より、埼玉県障害者交流センターに於いて
本部理事2名を含む17名の参加のもと
関東支部代表者会議が開かれました。
千葉からは、橋谷田と高橋(悦)が参加しました。
主な議題は、サマーフォーラムinかながわの反省と
来年1月茨城潮来で行われる第30回関東通研集会(関東ろう連と合同)
について話し合われました。
次回は11月27日、東京のアカデミー茗台で行われます。

9月17日土曜日、午後、代表者会議に引き続き担当者会議が開かれました。
神奈川県の村石さんによる、研究誌を使った学習の方法についてでした。
各地域から、学習担当・企画担当者が参加しました。
千葉からは、渡辺(正)・橋谷田・高橋(悦)が参加しました。
研究誌136号を使い、実際に模擬学習会を行い、
その後、各地域での取り組みなどを情報交換しました。
次回11月27日の担当者会議は、健康です。
本部理事をお迎えして、5年に1度の動態調査の報告を兼ねて行います。


                                                       (組織部付き 橋谷田 久美子)


 
         研究誌を読み解こう                          千葉からの参加者


ページの先頭へ



2016年9月4日(日)10:00-12:30 13:00-16:00 《ちば通研 地域班会議・役員会》


2016年度第2回の地域班会議が、9月4日(日)10時から
千葉聴覚障害者センター3階で開催されました。
19地域班、21人の代表と6人の役員が参加しました。
会長から、神奈川集会における手話通訳の協力や
参加の協力についてお礼のことばがありました。
会員数がまだ目標に達していないが、
最後まで諦めずに達成しましょうとの挨拶がありました。
最初に、地域班に所属していて未継続の方の確認をしました。
昨年の365人を更新するために、継続者の確認と
新規会員の拡大に努めることを確認しました。
2つめに、つくる会後援会と事業運営のための後援会の
統一について話がありました。
3つめに、地域班一人300円の助成金がどのように
地域班で活用されているのかの情報交換が行われました。
多くの地域班では会場費に充てている戸のことでした。
4つめに、地域における意思疎通支援事業に
係る学習会についての情報交換を行いました。
5つめに、地区に分かれて役員選挙、地区講座、
総会の当番についての協議をしました。
また。「地域班のあゆみ」の冊子について、
地域班に2部ずつ持って行ってもらいました。
最後に、次回12月4日(日)について確認し、解散をしました。

午後1時から、同じ会場で役員会が開催されました。
久保田会長の司会、渡辺裕美さんの記録で会議が進められました。
会員拡大については、現在349人となっているので、
366人を達成するため、努力していくことを確認しました。
次に、役員選挙に係る役員定数について現状維持にすることで確認。
部や専門班の内容について、再度、見直しなどをすることになりました。
また、次回の役員会は、9月25日実施することで確認しました。


                                                       (組織部長 渡辺 正夫)


ページの先頭へ



2016年9月4日(日) 《ちば通研 医療班会議》


9月4日(日)、10時から12時まで、
千葉聴覚障害者センター会議室で
4人の参加をもって医療班会議を開催しました。
昨日、急遽アンケート調査を行ったことや、
地域の防災訓練などあり、参加は少なかったです。

内容
1 医療講座について
2 手話フォーラムについて
3 アンケート調査について

次回
9月25日午前10:00~17:00 午前和室、午後会議室にて
開催します。


                                                       (学習部長 渡辺 裕美)


ページの先頭へ



2016年8月19日(金)~21日(日) 《全国 神奈川集会》


<第49回全国手話通訳問題研究集会>が
8月19日から21日まで、行われました。
場所は、神奈川県横浜市。神奈川県民ホールと
横浜国立大学での集会でした。
千葉県からは全通研渡辺正夫会長とともに通研から34人。
日本全国から1,334人の参加です。
記念講演「いのちの絆を宇宙にもとめて」
太陽の大きさを、約100キロの講師 的川さんだとしたら、
地球の大きさは? 一円玉!
えっ!そしたら私の大きさは? 
自分をちっぽけだと思うか、太陽が偉大だと思うか。
思わず、宇宙の大きさに思いをめぐらせました。

二日目からは4つの講座と8つの分科会にわかれて
学び、語り合いました。
全国からの情報をたっぷりもらいました。
私は分科会に参加しました。グループ討議では、
みんなが熱い思いをぶつけて話す姿が印象的で、
続きは来年、広島で話そう!と言われ
大きくうなづいている私がいました。
来年はみんなでこれからを考えよう!と別れてきました。

また、交流会ではおいしいものを食べ、
ろう者の母と娘さんのフラダンスをうっとり見、
クイズにみんなで頭を寄せ合い、笑い、楽しいひとときを過ごしました。

来年は一緒に参加しませんか?
来年は広島県福山市での開催です!
神奈川県から広島県にバトンが渡されました。

全通研会長になられたちば通研組織部長の渡辺さんが
開会式に交流会に閉会式に挨拶されるたびに、
なんかほっとしてしまい手を振りたくなってしまったのは
私だけでしょうか。


                                                       (健康対策部付き 安田 ひろみ)


 
         大学での実行委員会本部                           講座


 
          研修センター後援会                          来年は広島県です


ページの先頭へ



2016年8月7日(日) 《ちば通研 医療班会議》


8月7日、午後1時から3時半まで、
千葉聴覚障害者センター2階会議室に於いて
役員会に引き続き、医療班会議を行いました。
お盆を前にいろいろ所要があり、参加者は5名でした。
以前から検討していた男性向けの講演会の
内容について話し合いました。
開催するにあたって、具体的な企画書の作成や、
今後の段取りについても含めてです。
また、専門的な用語や、検査についての知識があると
具体的な手話表現に活かせるのではと、
通訳者向けの講座の案も出ました。

今後の予定
9月4日(日)10時~12時、千葉聴覚障害者センター2階会議室
9月25日(日)13時~ 千葉聴覚障害者センター
以上


                                                       (学習部長 渡辺 裕美)




ページの先頭へ



2016年7月31日(日) 《ちば通研集会》


7月31日(日)、9時45分から15時30分まで千葉聴覚障害者センターに於いて、
2016年度ちば通研集会が開催されました。
テーマは、『手話の世界はどう変わる?どう変える?』
~「差別解消法」「手話言語等条例」によって~でした。
参加者が30名と少なめだったことが少し残念です。
始めに新会長となられた渡辺正夫さんに
「全通研が目指す手話通訳制度」の講演をしていただき、
その後、2つの分科会に分かれて討論を行いました。
身体と頭をほぐすためのストレッチ体操も途中で行い、
昼食を挟んで3時間の討論会と分科会の発表でした。
昨年度までは専門班を中心に分科会を行いましたが、
今年度はテーマに沿った内容での討論方式に変えました。
テーマは第1分科会は「手話通訳者の働き方」、
第2分科会は「私たちに求められる目的と役割」です。
参加者それぞれが自由な立場でざっくばらんに本音で語り合い、
現状を知り、その中から課題も見えてきました。
8月の全国大会につながる集会になったのではないかと思います。


                                                       (学習部付き 福井 典子)


 
         挨拶する久保田会長                             第一分科会


 
            第二分科会                                 全体会


ページの先頭へ



2016年7月24日(日) 《関東支部代表者連絡会・組織担当者会議》


7月24日(日)、支部代表者連絡会がアカデミー音羽で、
本部理事⒉名を含む21名参加のもと行われました。
千葉からは橋谷田が参加しました。
初めに8月に神奈川で行われるサマーフォーラムの説明がされ、
関東の各支部より分科会の通訳の担当についての確認を行いました。
その後、手話研修センター後援会の運営委員会の報告、
関東集会の進捗状況、代議員会の感想、報告されました。
9月と11月代議員会後の会議内容を検討し、各県からの報告があり、
2時間の会議があっという間に終了しました。

午後は、ブロック別組織担当者会議が、小山本部理事をお迎えして、
桐原理事の司会・佐々木理事の記録のもと23名の参加者で行われました。
組織的な課題、若者が増えていない。
若い方の交流の場を開催するなど、ネットワーク作りを支援する。
NーActionの活動について各支部の情報交換をしました。
会員が増えた原因、減った原因を分析することが大事。
登録通訳者だけでなく、ターゲットを変えて行くことも大切。
退会理由の確認、介護や年金生活、通訳活動を辞めたなどという理由が多い。
全通研の目標の12000人を達成するには、千葉は420人を目標に掲げてほしい。
など具体的な説明と意見交換が出来、とても有意義な時間でした。


                                                       (組織部付き 橋谷田 久美子)



ページの先頭へ



2016年7月21日(木) 《手話を広める知事の会》


猛暑を忘れるような涼しさを感じる7月21日の雨の中、
永田町の参議院議員会館にて、力強い手話と大きな声と
笑顔あふれるコメントに頷き感動する姿が見られました。
「手話を広める知事の会」の設立総会では、
鳥取県平井知事が最初から最後まで
代表発起人あいさつを手話でされました。
千葉から参加されたろう者からも、
「手話通訳を通さず、直接手話で話したほうがいい」と
羨ましいようでした。
参議院選挙で当選されたばかりの今井絵理子氏をはじめ
野田聖子氏、川田隆平氏、高木美智代氏、藤井克徳氏などから
応援のことばもありました。

昼食は議員会館の地下食堂で済ませる方が大勢いました。
メニューも多くお値段も庶民的で美味しかったです。

午後の「手話言語フォーラム」では、
日本財団理事長の尾形氏のあいさつ、条令制定県による事例発表、
読売新聞大阪本社編集委員井出氏のミニ講演、
全国手話言語市区長会の取り組みなど、
それぞれ魅力あるお話を伺って手話言語法を勝ち取るまでは
「決してあきらめない」という気持ちになりました。

                   聴覚障害者制度改革推進千葉県対策本部委員


                                                       (会計監査 宇治 昌子)



ページの先頭へ



2016年7月9日(土)、10日(日) 《ちば通研 医療班一泊研修会》


2016年7月9日、15:00に集合 貸別荘バーネットビレッジ(横芝光町)
10日、9:00~⒓:00 横芝光町町民会館 会議室C 参加者 6人

7月9・10日、医療班恒例の1泊研修がありました。
なるほど研修会と日程が重なってしまったこともあり、
今年の参加者はいつもより少なめでした。
1日目はあいにくのお天気でしたが、屋根付きテラスのある
貸別荘でバーベキューを囲んで語らいました。
もちろんお酒も、豪華なお料理もいつもどおりです。
例年より早めの就寝。

2日目は晴天、濡れた芝生がキラキラと眩しい朝陽。
近くの町民会館へ移動し、医療班会議に集中しました。

会議内容
1 アンケート調査、一部集計作業
2 男性向け講座について

次回医療班会議は、8月7日13:00~17:00 センター和室

終了後、車で数分のお蕎麦屋さんを目指し出発。
ところが、隣に開店して間もない町屋風のおしゃれな建築の
イタリアンでランチし、解散しました。
いつものことですが、医療班は胃量飯ともいえます。


                                                       (学習部長 渡辺 裕美)


     


ページの先頭へ



2016年7月8日(金) 《ちば通研学校 第2講座》

2016年7月8日(金)、9時半から15時まで千葉聴覚障害者センター3階にて
ちば通研学校第2講座が、参加者7人のもとに開催されました。
最初の1時間は、植野所長より千葉県の状況についてお話をいただきました。
その後、歩いてらいおん千葉、らいおん工房を見学しました。
お昼休みに、重複施設関連の紹介ビデオと全国手話研修センター後援会の
ビデオを見てもらいながら昼食を摂りました。
午後は、つくる会の村山氏からご自身の子育てなどのお話いただきました。
見学することで「カンパについての意義がわかった。」などの
感想をいただきました。
ご協力くださった皆さん、本当にありがとうございました。
この場をお借りしてお礼申し上げます。


                                                       (組織部長 渡辺 正夫)


 
            講師の植野氏                                 講師の村山氏


ページの先頭へ



2016年7月3日(日) 《ちば通研 役員会》

2016年7月3日(日)、9時半から12時まで
千葉聴覚障害者センターにおいて、14人の参加の下に
ちば通研の役員会が開催されました。
ちば通研集会、神奈川集会の通訳協力、安否確認訓練、
各部・班の活動報告などを話し合いました。
次回は、8月7日(日)に予定しています。


                                                       (組織部長 渡辺 正夫)


ページの先頭へ



2016年6月26日(日) 《ちば通研 医療班会議》

2016年6月26日(日)、9時半から12時半まで
千葉聴覚障害者センター2階和室において、
医療班の会議を11人の参加の下に開催しました。

内容は、
1 アンケート調査の集計作業について
2 1泊研修について
3 なるほど研修会でのアンケート調査について
4 新メンバー紹介

次回は、7月9日と10日、横芝光町にて1泊研修会です。
10日は、周辺の施設を借りて班会議を開催する予定です。



                                                       (学習部長 渡辺 裕美)


ページの先頭へ



2016年6月26日(日) 《ちば通研 学校 第1講座》

2016年6月26日(日)、午前10時から千葉聴覚障害者センター3階において、
2016年度ちば通研学校第1講座が13人の参加の下、開催されました。
今回は、ちば通研の活動を知ってもらうことを目的に
未会員の方も参加して行われました。

会長の挨拶及び説明から始まりました。
午前中は、保育・子育て支援班(笠松部長)、学習部(渡辺部長)、
健康対策部(安田部員)、広報部(徳田部長)から話がありました。
午後は、医療班(坂本班長)、通訳班(田村班長)、労働班(枌班長)、
福祉対策班(北島班員)、組織部(渡辺部長)、
事務局(境事務局長)から話がありました。
「こんなにいろいろなことをちば通研が
やっていたとは知らなかった。」など感想をいただきました。

全国手話研修センター後援会のDVDを流しました。
2人の加入がありました。嬉しい限りです。
長い時間、ご静聴、ありがとうございました。



                                                       (組織部長 渡辺 正夫)


 
            会長挨拶                                 ストレッチ体操


ページの先頭へ



2016年6月21日(火) 《千葉県 手話言語等条例が成立しました》

その瞬間108名の両手が舞いました。
声なき歓喜が議会場を埋め尽くしました。
6月21日(火)の午後でした。
都道府県条例として全国で7番目。
手話だけでなく、難聴者・中途失聴者への要約筆記
盲ろう者への触手話など聞こえない仲間に配慮された
「手話言語等条例」は全国で初めてです。
尽力された議員さんと傍聴者が「条約成立」などと書かれたうちわと
横断幕を手に最高の笑顔の記念写真となりました。
参加できなかった会員さんもネットでの議会中継で見守ってくれました。
運動の塊、運動の積み重ね、運動の素晴らしさのおかげです。
ありがとうございました。
これからも千葉県の発展のために
運動の光を注いでいきたいと思っています。

                              〈聴覚障害者制度改革推進千葉県対策本部委員 宇治 昌子〉



ページの先頭へ



2016年6月16日(木) 《千葉県 手話言語等条例の傍聴》

おはようございます。
6月16日(木)、千葉県議会棟にて行われた
健康福祉常任委員会の会議傍聴に参加しました。
定員20名を超えるとくじ引きになると伺っていたので
傍聴できないこともあるかなと思っていましたが、
20名以下だったので傍聴できました。
手話関係者は約10名でした。
議案の審査がいくつかされたあと、発議案第1号として「千葉県手話言語等の
普及の促進に関する条例の制定について」が審議され全員の賛成が得られました。
10時から始まった会議でしたが12時ちょっと前に私たちの目でしっかりとその瞬間を
受け止めることができました。
6月21日(火)の県議会の傍聴には大勢で駆けつけましょう。
千葉県の手話言語等条例が皆さんの笑顔に繋がるでしょう。



                                                       (会計監査 宇治 昌子)


ページの先頭へ



2016年6月5日(日) 《ちば通研 地域班会議 役員会》

2016年6月5日(日)、10時から千葉市中央コミュニティーセンター5階で、
2016年度第1回目の地域班会議が行われました。
19地域班から23人と役員3人で会議が進められました。
会員数は291人となっていること、ちば通研の総会では皆で作ることから
地域班に選挙管理委員会、議長、書記を輪番で担っていくこと、
補助金が500円から300円になって困ること、
安否確認訓練のことなどを話し合いました。
地域班の活動の情報交換のあと、地区別に分かれて協議しました。
主に地区講座について協議がされました。

午後からは、役員会が開かれました。13人の参加がありました。
主に代議員会、関東通研総会などの報告、ちば通研集会のあとに、
2017年度以降の財政面での見通しなどを協議しました。
今後、会員の皆さんにわかりやすい説明が必要であることを確認して解散しました。



                                                       (組織部長 渡辺 正夫)



         地区別に分かれて会議


ページの先頭へ



2016年5月21日(土)、22日(日) 《全通研 代議員会》

2016年度代議員会が、5月21日(土)、22日(日)に
兵庫県兵庫医療大学に於いて、開かれました。
千葉からは、岩井、米田、境、橋谷田が参加しました。
1日目は、第2号議案決算、監査報告。課題別討議が行われました。
夜は、交流会が開かれ、全国の皆さんと楽しく交流しました。
2日目は、熊通研から地震災害の報告と
皆さんからの支援に対するお礼がありました。

続いて、議案書の検討が行われました。
いろいろな意見交換が行われた後、全ての議案が承認され、
長時間にわたる議事が終了しました。
議事終了後、神奈川のサマーフォーラムの
進捗状況が報告されました。
新しい理事が、決まり、3役が発表されました。
渡辺正夫会長、近藤幸一副会長、橋本博行副会長、
伊藤正事務局長が選出されました。

最後に石川前会長から、退任の挨拶がありました。
あっという間の2日間でした。


                                                       (組織部付き 橋谷田 久美子)



 
            神戸の景色                              会場の医療大学


 
            石川会長挨拶                           熊本支部から地震の報告


 
            千葉の代議員                            答弁をする渡辺副会長


ページの先頭へ



2016年5月15日(日) 《千葉県 新芽まつり》

恒例の「新芽まつり」が5月15日(日)
千葉聴覚障害者センターで行われました。
「ちば通研」は心地よい陽射しも味方につけて今年も頑張りました。
3階で書籍販売(センターの書籍も請け負いました)、
屋外ではフルーツポンチ、飴(きれいに包装された手作り品)、
サヤエンドウ(役員が自宅で栽培された無農薬)、
手作り陶器を出店しました。
また、2階の和室では手話研修センター後援会の受付を
組織部長が写真も兼ねてスタンバイ。
皆さんの熱意と行動力と結束力のおかげで、材料の調達、
準備なども主婦顔負けの原価計算で文句なし。
冷えた炭酸入りの種類豊富なフルーツポンチがのどをうるおし、
「美味しい」「又きました」の声と笑顔に励まされました。
特に健康対策部のペアの出前売り込みの即効力には頭が下がりました。
そのおかげもあって全て完売しました。
後援会への還元とちば通研の厳しい台所事情に
少しでも役にたてればという気持ちで過ごした一日でした。


                                                       (会計監査 宇治 昌子)



 
             お店の前で                             書籍を担当しました



 
       全国手話研修センター後援会                     熊本地震の支援金受付


ページの先頭へ



2016年5月14日(土) 《関東 総会と支部代表者会議》

5月14日(土)の10時から12時まで、
文京福祉センター江戸川橋に於いて、
関東通研定期総会が開かれました。
千葉からは、岩井、米田、境、橋谷田が参加しました。
初めに桐原会長より総括を含めた挨拶がありました。
議事は栃木県の議長により進められました。
今年度は、桐原会長が本部理事になられたので、
新たに東京支部の相川さんが会長として選出されました。


午後1時から、定期総会終了後、
支部代表者会議が開かれました。
千葉からは、高橋、橋谷田が参加しました。
主には神奈川で行われるサマーフォーラムの件が話し合われました。
2016年度の予定を確認し、2時間の会議が終了しました。



                                                       (組織部付き 橋谷田 久美子)





 
            会長挨拶                                 代表者会議


ページの先頭へ



2016年5月8日(日) 《ちば通研 役員会》

2016年5月8日(日)、9:30から12:30まで、
千葉聴覚障害者センター2階の会議室にて、
14人の参加の下に役員会が開催されました。
新芽まつりの参加、関東代表者会議、40周年記念事業、
会員拡大、ちば通研集会、2017年度に向けて、
各部・専門班報告など熱心に話し合いが行われました。
新芽まつりにはちば通研として、出展をすることになりました。
ご協力いただける方は、よろしくお願いします。
また、財政の健全化をどう図っていくかなど
時間を超えて協議しました。


                                                       (組織部長 渡辺 正夫)



          協議する役員一同                      




2016年5月8日(日) 《ちば通研 医療班会議》

2016年5月8日(日)、13:00~16:00まで
千葉聴覚障害者センター2階の和室にて、
6人の参加の下に医療班会議を開催しました。
話し合った議題は、
1 医療班の今年度活動費
2 新芽まつり
3 アンケート調査の交通費領収書について
4 アンケートの集計方法
5 講演会について
6 今後の予定
以上の内容で話し合いをしました。
次回の例会 6/26 (日)9:30~12:30
千葉聴覚障害者センター和室にて開催します。


                                                       (学習部長 渡辺 裕美)




ページの先頭へ



2016年5月1日(日) 《熊本地震 支援金の募集》

2016年4月14日(木)に熊本地方を震源とする
震度7の地震がありました。
また、16日(土)にも震度7の本震が起きました。
その後も余震が相次いで発生し、大きな被害が出ています。
被災を受けられた被災者及び団体を支援するため
聴覚障害者災害救援中央本部では、
支援金の募集を行っています。
皆様の温かいご支援をお願いします。
ちば通研でも支援金に取り組んでいます。
どうぞ、よろしくお願いします。


                                                       (組織部長 渡辺 正夫)


ページの先頭へ



2016年4月24日(日) 《関東通研 代表者会議・ブロック別会議》

2016年4月24日(日)10時から11時まで、
埼玉県浦和市合同庁舎別館A会議室に於いて
関東支部代表者会議が参加者18名、本部理事2名のもと開かれました。
千葉県からは、橋谷田が参加しました。
2016年度神奈川県で開かれる第49回サマーフォーラムの事が
中心に話し合われました。
また、今年度の1月に茨城県で開かれる
関東集会の場所が潮来に決定しました。
2016年度の予定を確認して、約1時間の会議は終了しました。

関東支部代表者会議に引き続き、
全通研関東ブロック代議員会が開かれました。
千葉県からは、2016年度代議員の米田と橋谷田が参加しました。
11時より1時間本部渡辺副会長より、パワーポイントを使い
代議員会の資料に沿って、内容説明が行われた。

昼食休憩後に、関東の代議員で討議を行いました。
5月に兵庫で開かれる代議員会に関東の意見として集約しました。
熱を帯びた討議で、あっという間の3時間でした。



 
            ブロック別会議                           司会の佐々木理事


                                                       (組織部付き 橋谷田 久美子)


ページの先頭へ



2016年4月17日(日) 《ちば通研 定期総会・ちば通研講座Ⅰ》

2016年4月17日(日)10時から12時まで、
千葉聴覚障害者センター3階でちば通研の定期総会が開催されました。
安田さんの司会で進められ、議長には鷲野さんが、
そして、記録には大胡さんと大橋さんが担ってくれました。


2016年度は、保育・子育て支援班の班長を引き継いで
一年を過ごしてみての総会でした。
今後も「安全な保育」について、よく考えてみたいと思います。
聞こえない子を預かって保育をする。
聞こえない親にその子の様子を知らせる。
手話を交えて沢山の人との出会いを大切にしたいです。
また、久保田会長の「技術(手話)の方に目が向けがちだが、
先ず運動(活動)の方に力を注いでほしい」との言葉が印象的でした。
財政が厳しい今だからこそ、皆で協力し、会員一丸となって、
聞こえない人の福祉と手話通訳者の社会的地位の向上を目指して、
運動していくことが大切と改めて感じました。

                                                       (保育・子育て支援班長 笠松 裕子)



 
            久保田会長の挨拶                                過去最高を祝して万歳



 
            会費について説明                                賛成多数で可決



千葉聴覚障害者センター3階多目的室において、
総会に引き続き、午後1時30分から3時45分まで、
参加者59名にてちば通研講座Ⅰを行いました。
司会は、学習部の福井さんが務めました。
講師は、習志野市健康福祉部障がい福祉課の職員であり、
全通研自治体班の屋代利津子氏でした。
テーマは、「習志野市心が通うまちづくり条例」(通称)についてでした。
条例制定までの経緯や、
手話通訳ができる正規職員としての活動を講演頂きました。
ちば通研の先輩でもある屋代さんの、
手話通訳のできるケースワーカーとしての
これまでの取り組みや、聴覚障害者の皆さんの運動の流れが
あってのことなのだと感じました。
まだ、施行されたばかりですので
これからも注目したいところです。

また、総会及びちば通研講座Ⅰに参加した人たちに
熊本地震の義援金について呼びかけたところ
25,123円が集まりました。本当にありがとうございました。


                                                       (学習部長 渡辺 裕美)



 
            屋代氏の講演                                   ストレッチ体操



          カンパをする役員                      

ページの先頭へ



2016年4月2日(土) 《ちば通研 役員会》

2016年4月2日(土)、千葉県聴覚障害者センター2階会議室にて
会長はじめ15人の参加の下、役員会を開催しました。
定期総会、ちば通研講座Ⅰ、ちば通研講座Ⅱ、耳の日まつりの反省、
会員拡大(家族割りについて)、各班からの報告など
いろいろ意見を出し合いながら協議しました。
また、「千葉県手話言語等の普及の促進に関する条例」案
についても意見交換をしました。

午後は、「支部として、地域への聴覚障害理解普及の
具体的な取り組みについて」を集中審議しました。



          熱心に討論する役員                      

                                                       (組織部長 渡辺 正夫)


ページの先頭へ



2016年4月1日(金) 《ちば通研 会長挨拶》

新年度を迎え気持ちを新たにスタートしました。
障害者差別解消法が今月から施行されるという記念すべき時です。
また、手話言語法の意見書採択が全国の自治体で
100%採択されたという嬉しいニュースもありました。
ちば通研としても今年度は会員の目標数370人を達成できるように
頑張って呼びかけ、また魅力ある企画を考えていきたいと思います。

仲間が増えればそれだけ大きな力となり、聴覚障害について、
手話通訳について話したり意見を出したりすることが
できる人が増えることになります。まさに「数は力」です。

また、昨年度は「全通研がめざす手話通訳制度」の
討議資料を基に講演会を行いました。
聴覚障害者の豊かな暮らしを実現するための役割を担う手話通訳者は
身分保障のないボランティア的な存在のままでいいのか、
現状の課題を出し合うことで、ちば通研がめざす手話通訳制度について
議論を積み重ねていきたいと思います。
皆様のご意見、ご協力を宜しくお願いいたします。


 
            つぼみ                                やっと咲きました

話題提供が2つあります。

1つは、「千葉県手話言語等の普及促進に関する条約」(案)
のパブリックコメントの募集です。
募集期間は、3月22日~4月18日までです。
意見をどんどん出しましょう。

2つめは、全通研アカデミーのお知らせです。
第2回全通研アカデミー~全通研学校Ⅲ~が
東北・近畿・四国で開催されます。
詳しくは下記をクリックしてください。
申込は、全てちば通研事務所です。
参加費は千円です。


第2回 全通研学校Ⅲ


                                                       (会長 久保田 和子)


ページの先頭へ



2016年3月13日(日) 《千葉県 耳の日まつり》

3月13日(日)、成田新勝寺の裏にある
成田国際文化会館において耳の日まつりが開催されました。
当日は、朝9時から会場の準備をしました。
書籍等の販売は2階の特別展示室でした。
今回初めて、書籍のお手伝いをさせていただきました。 特に力を入れて販売したのは、
全通研アカデミーの学習資料集と大矢さんのビデオでした。
もちろん、「地域班のあゆみ」の販売もです。
お昼休みには大勢のお客様が買ってくれました。
また、開会式では、千葉県の森田知事の代理で障害福祉課長が
自ら手話を使って、お話を途中までされていました。
これまでですと自分の名前を手話で表すと通訳にバトンタッチしていましたが、
やはり、手話言語条例などの影響なのかも知れませんね。
坂本先生(医療班長)の功労賞の表彰式がありました。
無事、4時に閉会し、解散しました。


 
           成田新勝寺                                  会場

 
            開会式                                功労賞をもらいました

                                                       (組織部長 渡辺 正夫)


ページの先頭へ



2016年3月6日(日) 《ちば通研 地域班会議・役員会》

2015年度最後の地域班会議が
千葉聴覚障害者センターで開催されました。
4月17日に行われる定期総会に向けて
議案書の確認等がされました。
昨年に引き続き、地域班会議の参加率が良く、
殆どの地域班の班長、連絡者の方が
顔を会わせることが出来ました。
1年間、本当にお疲れ様でした。

続いて、午後1時半から5時まで、同会場で役員会が開催されました。
議案書、2016年度の事業計画、ちば通研集会について協議が行われました。
今月末には、議案書がお手元に届くと思います。


 
           地域班会議                                 役員会

                                                       (組織部付き 澤 広美)


ページの先頭へ



2016年2月27日(土) 《ちば通研 手話通訳者のメンタルヘルスサポート『癒しのちばカフェ』》

2月27日(土)、13時〜15時、千葉市中央コミュニティーセンターにおいて
『癒しのちばカフェ』を行いました。
今回3回目では、ヨガインストラクターの、木村良子氏をお招きし
『健康ヨガ』の指導をしていただきました。
足の指先1本1本から頭の先まで、呼吸に合わせて
リズミカルに身体をほぐしていきました。
静かに流れるBGMも心地良く、頭の中か空っぽになって
身体も気分もスッキリ。
後半は茶話会でフリートークで盛り上がりました。


                                                       (健康対策部長 米田 市子)


ページの先頭へ



2016年2月21日(日) 《ちば通研 講演会》

2月21日(日)、13時から千葉市中央コミュニティセンターに於いて
ちば通研講演会が開催されました。
テーマは「全通研がめざす手話通訳制度」です。
全通研理事の原田洋行氏をお迎えして、
前半は4グループに別れての事例を基にした討議と発表。
後半は原田理事にご講演をしていただきました。

34人の参加があり、分かり易い講演会で良かった。
冊子の内容が講演をお聴きして更によく分かったとの感想がありました。
また、グループ討議の時間が少なくて残念
もっと話したかったとの声もありました。

次回の学習会にも、多くの方が参加してくださることを期待しています。


 
           グループで討議                             グループ発表

 
           講師の原田氏                                 ストレッチ

                                                       (学習部付き 福井 典子)


ページの先頭へ



2016年2月7日(日) 《ちば通研 役員会》

2月7日(日)、10時00分から12時30分まで、千葉聴覚障害者センター2階にて
ちば通研の役員会が11人の参加の下に開かれました。
耳の日まつり、地域本部の学習会、全通研がめざす手話通訳制度の学習会、
40周年記念行事、議案書などについて熱心に話し合いが行われました。


                                                       (ろう教育担当 高橋 悦子)


報告が遅くなってしまいましたが、
12月20日のクリスマスイベントの様子も
アップしましたので、ご覧ください。


ページの先頭へ



2016年1月31日(日) 《ちば通研 八街班学習会》

1月31日(日)、13時30分から、八街市中央公民館にて
八街班の学習会が行われました。
八街駅に着くまでちょっと不安になりました。
佐倉駅から各駅停車の電車は単線で、両方を草木に囲まれている所を走ります。
南酒々井駅の周りにはほとんど何もない。
八街って落花生で有名なはず。
こんなに寂しいところではないよなと思っていたのに・・・。
でも、八街駅に着いて周りを見て安心しました。
コンビニもしっかりありました。
それに公民館も大きな建物でした。
2時間ほど17人の人たちと一緒に学習ができました。
八街の皆さんは、優しい人ばかりでした。


 
           八街市中央公民館                             ストレッチ


                                                       (組織部長 渡辺 正夫)


ページの先頭へ



2016年1月30日(土) 《ちば通研 八千代班学習会》

1月30日(土)八千代福祉センターにお邪魔してきました。
心配された雪もなく30名の方に集まっていただきました。
(内訳は会員15名、手話サークル10名、ろう者5名)
講演テーマは「活動が人生を豊かに!ちば通研と通訳活動に寄りそって・・」
・ちば通研の活動目的、活動内容
・地域班と地元ろう協の関わりかた
・ちば通研、通訳活動を通じて感じたことなど。

手話通訳、磁気誘導ループ(国際的にはヒヤリングループ)も用意され
聞こえない人たちの気持ちに寄りそって活動されている姿が見られました。
久しぶりにお会いできた方々と感動の対面もあり、
幸せな気持ちになれたひとときでした。
班長さんはじめ八千代の皆さんありがとうございました。


                                                       (会計監査 宇治 昌子)


ページの先頭へ



2016年1月24日(日) 《ちば通研学校 第6講座》

1月24日(日)、13時30分から、千葉市中央コミュニティーセンター6階音楽室2に於いて
ちば通研学校 第6講座 「手話いきいき人生 ~手話通訳の育成に携わって~(生い立ちの記)」
と題し、高橋益代氏の講演会が、参加者73人のもと開かれました。
高橋さんから、普段聞く事の無い生い立ちやひととなり分かり、
とても楽しいあっという間の2時間でした。


 
            お出迎え                                講師の髙橋氏

 
           参加者の皆さん                              ストレッチ


                                                       (組織部付き 橋谷田 久美子)


ページの先頭へ



2016年1月24日(日) 《ちば通研 40周年記念事業委員会》

1月24日(日)、9時30分から千葉市中央コミュニティーセンター6階にて、
40周年記念事業委員会が開催されました。
委員7人が出席して、記念誌の内容、イベントの内容などについて
それぞれの立場から自由に意見交換しました。



           熱心に協議する委員の皆さん

                                                       (組織部付き 澤 広美)


ページの先頭へ



2016年1月23日(土) 《ちば通研 福祉対策班会議》

1月23日(土)、10時から千葉聴覚障害者センター和室にて、
福祉対策班の学習会が開催されました。参加者は9人。
講師には、市川市高齢者サポートセンター大柏(市川あさひ荘内)の本山康弘氏をお招きし、
「高齢者との関わり方」というテーマで、前半は本山さんが仕事で
関わったろう女性との体験談を伺い、後半は座談会を行いました。
身振りと表情でろう女性の話していることはなんとなく理解できるものの、
本人の本心(本意)を知りたい、理解した上での支援がしたいと考えた本山さんは、
市役所の設置通訳者に相談、通訳を介しての支援をされたのだそうです。
その関わりの中で、一人の人間を支援するためには、さまざまな分野の人たちとの
ネットワークが必要であること、とりわけろう者には、
その意思を翻訳してくれる手話通訳者の存在が欠かせないことを実感されたそうです。
後半の座談会では、成年後見制度へのつなぎ方として、その方の認知能力について
判断する際、知的障害であるのか、認知症であるのか、それとも聴こえないがゆえの
情報不足であるのか、その見極めが非常に重要になってくるという話になりました。
ちば通研として、高齢者支援センターなどの専門の方々に
ろう者について知っていただくためにも、
まずは私たち自身がろう者にとっての「聴こえない」とはどういうことかを理解し、
それを踏まえた上でいかに活動していくかを検討する必要があることを痛感しました。


                                                       (ろう教育担当 高橋 悦子)


ページの先頭へ



2016年1月17日(日) 《関東通研 支部代表者会議》

関東手話通訳問題研究会支部代表者会議が、
1月17日、集会終了後、鬼怒川観光ホテルに於いて
支部代表者18名・本部役員1名のもと開かれました。
ちば通研からは、久保田・橋谷田が参加しました。
2016年度の行事予定の確認・今年の夏神奈川で開かれる
サマーフォーラムの進捗状況・各支部からの報告がありました。


                                                       (組織部付き 橋谷田 久美子)


ページの先頭へ



2016年1月16(土)、17日(日) 《関東通研 栃木集会》

1月16・17日、第42回関東ろう連活動者研修会と
第29回関東手話通訳問題研究討論集会inとちぎが 
合同研修会として栃木県鬼怒川温泉 鬼怒川観光ホテルに於いて
参加者172名のもと開催されました。
ちば通研からは、9名が参加しました。
第3分科会のU-35「次世代を考える」~仲間を増やすために~の
司会をちば通研から澤広美さんが担当しました。
全体会では、全日本ろうあ連盟事務局長の久松氏より
「障害者差別解消法と合理的配慮」と題しご講演をいただきました。
その後8分科会に分かれ討議がなされました。
(1~3分科会のみろう連と合同開催)
夜の交流会では、美味しいお料理と楽しいクイズ等行われ、
地域を超え、ろう者健聴共に楽しく交流が出来ました。
素晴らしい温泉も楽しめ、お部屋では他の地域の方との交流もでき、
実り多き2日間でした。
来年は茨城です。是非一緒に参加しましょう。


 
          東武鬼怒川温泉駅                           鬼怒太くんから駅を見る

 
          千葉県の皆さん                               記念講演

 
           ご馳走がたくさん                             交流会です


                                                       (組織部付き 橋谷田 久美子)


ページの先頭へ



2016年1月9日(土) 《ちば通研 役員会》

1月9日(土)、午後1時から千葉聴覚障害者センター2階で、
ちば通研役員会が16人の参加の下、開催されました。
会長の新年の挨拶から始まりました。2年連続して
過去最高の会員数になったとの嬉しい報告がありました。
長期ビジョン、総会に向けて2015年度の反省と
2016年度の事業案などを話し合いました。
4時半までの長時間にわたって協議しました。



          熱心に討論する役員の皆さん

                                                       (組織部長 渡辺 正夫)


ページの先頭へ



2016年1月1日(金) 《ちば通研 会長 新年の挨拶》

新年 あけまして おめでとう ございます。
ちば通研会長の久保田和子です。
昨年は皆様にとってどんな1年だったでしょうか?
今年は昨年に増して良い年になりますことを祈願いたします。
新年号で皆様に嬉しいお知らせがあります。
この広報でも何度か言われている「数は力」ですが、
ちば通研は昨年度に過去最高の会員数を達成して皆様と一緒に喜び合いました。
その次の年は落ち込んでしまうのではと心配していたのですが、
目標の370名にはまだ届きませんが、
昨年度の過去最高数を更に更新し、365名となりました。
地域班の皆様を初め、役員、会員の一人ひとりが積極的に
呼びかけて下ったおかげと深く感謝いたします。
ご家庭の事情や活動するご本人の体力的な事情等々で
やむなく退会される方もいらっしゃいました。
それでも一緒に活動していきたいと思う方が
昨年度より増えたということは、本当に嬉しいことです。
役員一同、真摯に受け止め今後の活動に益々力を入れていかなければと思います。
それから12月に「地域班のあゆみ」を発行することができました。
これもひとえに日佐戸様からご寄付をいただいたおかげと深く感謝申し上げます。
ありがとうございました。

さて、昨年から半年かけて役員間で議論を続けてきた
「ちば通研の長期ビジョン」についてですが、
地域班から先進的なご意見をいただきましたので、
更に修正して近いうちに発表したいと思います。
5年後、10年後はどうなっているかわからないと言って
流されることがないよう目標を持ち、具体的に活動に結びつけていきたいと
気持ちを新たにしたスタートの1年です。
今年、4月には障害者差別解消法が施行されることもあり、
手話言語法制定に向けての動きが活発になることと思います。
私達はろうあ者問題を通して社会を見ることができる仲間です。
誰もが暮らしやすい社会をめざして今年も
「全員主役 全員集合 全員笑顔」を掲げて、
笑顔で過ごすことができる日が一日でも多くなることを願っています。
今年もどうぞ宜しくお願いいたします。


 
          雪の少ない富士山です                          浅草 仲見世

                                                       (会長 久保田 和子)


ページの先頭へ



2015年12月20日(日) 《つくる会 クリスマスイベント》

12月20日(日)、千葉県ろう重複障害者施設をつくる会
主催チャリティークリスマスイベント「RONE&Gigiからの贈り物」を
皆様のご協力により無事開催できましたこと御礼申し上げます。

お子様とご一緒の方々が多く起こしいただき寒い日でしたが、
暖かな気持ちで帰宅できたように思います。

写真は登場しました贈り物を提供してくださいましたピエロの皆様です。
つくる会が支援しています「らいおんぐるーぷ」の販売も行われ、
仲間も販売と贈り物を楽しいでいただけました。
今後も活動続けてまいります。ご協力宜しくお願い致します。


 


                                                       (つくる会 飯泉よし江)


ページの先頭へ



2015年12月14日(月) 《ちば通研 労働班 施設見学研修》

12月14日(月)、千葉市緑区にある千葉県立障害者高等技術専門校へ
労働班員5名にて施設見学へ行ってきました。
職員の方による施設や就労状況についての説明の後、
実際に訓練を受けている教室を案内して頂きました。
皆さんが真剣に取り組んでいる様子を実際に見ることができ、
大変有意義な研修となりました。 聞こえない人が訓練を受ける際の課題などもまだまだあることがわかり、
今後の班活動の参考となった一日でした。



      千葉県立障害者高等技術専門校

                                                       (労働班長 枌 純子)


ページの先頭へ



2015年12月6日(日) 《ちば通研 地域班会議・役員会》

12月6日(日)、10時から12時30分まで、千葉聴覚障害者センターに於いて
地域班代表22名役員6名のもと、第3回地域班会議が開催されました。
久保田会長より、昨年の会員数を更新して過去最高を記録したことと
「地域班のあゆみ」の冊子が完成したことが報告され、喜びを分かち合いました。
その後各地域からいろいろな報告がなされ、あっという間の2時間半でした。

また、午後1時30分から、ちば通研の役員会が開催されました。
長期ビジョン、行事予定、情報障害などについて話し合われました。



              役員会

                                                       (組織部付き 橋谷田 久美子)


ページの先頭へ



2015年12月1日(火) 《関東通研 ブロック選出役員選挙》

全通研本部役員の改選が行われます。
関東通訳問題研究会では、栃木県を選挙管理委員会に指名して
選挙を行うことになりました。
選挙告示を下記に示しました。
立候補する方は、ちば通研事務所までお知らせください。


役員選挙



                                                       (事務局長 境 治美)


ページの先頭へ



2015年11月29日(日) 《ちば通研学校 第5講座》

11月29日(日)、千葉県青少年女性会館にて、
会員の皆さまが心待ちにしていた藤井伸子氏の講演会が開催されました。
テーマは、「私の手話人生と仲間たち!」
70名の参加者で会場は講演開始前から賑わい、手作りの旗を振って
講師を迎えるリハーサルも行うほどのワクワク感に包まれていました。
手話人生の中で出会った仲間のお話や、
一番の記憶に残る大切な地域を語っていただいた講演の中で、
藤井氏の手話のふるさとを感じることが出来ました。
率先して学び、手話を広げるために計画し、実践していく中で、
「どうしたら良いか一緒に考えましょう」と、
第三者に対して働きかけ、その場で最善の事をする。
という言葉が印象に残りました。


 
              お出迎え                               会長挨拶


 
           藤井伸子講師                             みんなでストレッチ

                                                       (組織部付き 澤 広美)


ページの先頭へ



2015年11月21日(土) 《関東通研 支部代表者会議・健康対策担当者会議》

11月21日(土)、埼玉県障害者交流センターに於いて、
関東支部代表者会議が各支部より14名、
本部理事1名の参加のもとに開催されました。
千葉からは、橋谷田が参加しました。
来年1月に鬼怒川で行われる関東集会の打合せや
各県の状況などの情報交換を行いました。
来年の神奈川で開かれるサマーフォーラムに向けて、
資金造成ためにトートバッグが紹介されました。
皆さんも集会の際に是非ご協力をお願いします。

 
              会場                                   会議の様子

                                                       (組織部付き 橋谷田 久美子)


午後1時から3時まで同会場において、
関東健康対策担当者会議が行われました。
千葉県支部からは健康対策部から2名と、
午前中の代表者会議に参加した1名の計3名で参加してきました。
講師は、全通研健康対策部理事 戒 協子氏で、
「ストレッチを学びながら健康問題を考える」というテーマで
ご講演していただきました。
手話通訳者の職業病である頸肩腕障害について、
発症要因から予防対策まで非常にわかりやすくまとめられ、
ストレッチ指導もじっくり1時間ほどかけて行われたので、
重かった肩が帰りにはすっきり楽になっていました。
ゆっくりと落ち着いたトーンでお話しされる講師のお人柄まで
想像できるようで心身ともに癒されました。
内容については次回ちば通研便りで紹介したいと思います。


 
              講演                                   ストレッチ体操

                                                       (健康対策部長 米田 市子)


ページの先頭へ



2015年11月14日(土) 《ちば通研 南総地区講座》

11月14日(土)、木更津市中央公民館に於いて
南総地区講座が開かれました。
講師は、田村貴子さん。テーマは「私と手話」でした。
32人の参加者で、地域の聴こえない方の参加も8人ありました。
手話活動の原点である、懐かしい昔のお話がたくさん出てきました。
共に共感し共に歩むという姿勢、
地域の力が本当に大切であるという事をお話しいただきました。


                                                       (組織部付き 橋谷田 久美子)


ページの先頭へ



2015年11月7日(土)、8日(日) 《千葉県 第15回手話を考えるフォーラム》

2015年11月7日(土)、8日(日)に第15回手話を考えるフォーラムが
葛北地区の担当でしたが、適当な会場が見つからず、
検見川浜駅近くの真砂コミュニティセンターを借りて開催しました。


 
              会場                                   立て看板

メインテーマ「手話開花~私達がなすべきことは~」ということで、
200名の参加で大盛況の中行われました。
今回は何と言っても記念講演が全通研の石川会長で
「手話通訳制度の過去と現在の課題及び将来の展望」というテーマでした。
全通研活動をしている私達としては、聞きのがすことができない貴重な講演でした。
しかも第3分科会「差別解消法の合理的配慮」の「通訳現場」ということで、
これまた、助言者として千葉県聴覚障害者協会の植野理事長になんと、
石川会長と渡辺副会長というベストメンバーが揃いました。
こんなこと二度とあるでしょうか?
(第2分科会の助言者でなければ第3分科会に参加したかったところです。)
どんな内容だったか?知りたい人は12月号のちば通研だよりをお楽しみに。


 
              第3分科会                              分科会でストレッチ



 
              交流会                                 役員で書籍販売



 
              全体会                              記念講演 石川会長


                                                       (会長 久保田 和子)


ページの先頭へ



2015年11月1日(日) 《ちば通研 役員会・ちば通研学校第4講座》

ちば通研の役員会を2015年11月1日(日)、9時30分から12時30分まで
千葉聴覚障害者センター2階会議室で開催しました。
役員12人で長期ビジョン、会員拡大、40周年記念事業、関東通研集会、
12月のイベント、各部・班からの報告などを協議しました。
会員拡大では、10月末現在、353人です。
昨年度を上回るためには、あと10人です。
継続のまだの人に呼びかけるとともに
新規会員の呼びかけをすることを確認しました。


 
              役員会                              役員会でもストレッチ

ちば通研学校の第4講座が2015年11月1日(日)、13時30分から16時まで
千葉聴覚障害者センター3階にて開催しました。
13人の参加がありました。
通訳班長の田村文美氏が講師となり、
ロールプレーを中心に学習が進められました。
3人1グループとなり、医者、患者、通訳の役になって
気づいたこと、感じたことなどを話し合いました。
あっという間の2時間でした。
この学習会に参加してくれた人が新規に会員となってくれました。
嬉しいですね。

 
          5つのグループに分かれて                      ロールプレイを終えて


                                                       (組織部長 渡辺 正夫)


ページの先頭へ



2015年10月24日(土) 《ちば通研 労働班会議・合同学習会》

労働班会議を2015年10月24日(土)、13時30分から15時まで
千葉市中央コミュニティセンター多目的室にて、
1人の見学者を含む6人で班会議を開催しました。
今年度の研修や7月に開催された「ちば通研集会 労働分科会」の反省、
そこから見えてきた課題などを話し合いました。
また、各地の状況や就労支援環境についての情報交換など、
少人数ではありましたが、有意義な意見・情報交換が出来ました。
次回は2016年2月20日(土)に開催の予定です。

続いて、健康対策部、通訳班、労働班合同学習会を
15時から16時30分まで開催しました。
会場は同じく、千葉市中央コミュニティセンター多目的室にて、
3部班合同の学習会を開催しました(初めて!)。
参加者は11人でした。
内容は、健康対策部 久保田さんによるストレッチ指導、
またフリートークを中心とした意見交換を行いました。
お互いの分野への質問など、あっという間に時間が過ぎてしまいました。



            ストレッチ体操

尽きぬ話は、場所を変えて・・・
交流会は千葉駅近くのお店へ移動し17時から19時まで開催しました。
こちらでも話に花が咲き、楽しい交流会となりました。
でも、やはり話題は手話活動や運動のこと・・・。
部班は違っても、やっぱり「手話」で繋がっている仲間なんですね!



            楽しく交流会



                                                       (労働班長 枌 純子)


ページの先頭へ



2015年10月18日(日) 《千葉県 秋穫祭》

「手話コーラスコンテストの申し込み状況が悪いので協力お願いします」
そのひと言を聞いたら共に歩んでいるちば通研としては黙っていられない。
どうにかして参加できるように頑張ってみようと思いました。
でも現実は皆さん忙しく、3人となりました。

10月18日の秋穫祭は暑さを感じるほどの秋日和でした。


 
            秋穫祭が始まる                             準備万端です

外の模擬店会場では地域班の方々に売り子で頑頑張っていただき
午後早々完売しました。お手伝いいただき感謝しています。
お米の両手すくい100円、ジャンケンで勝ったらもう一回とおまけつき。
材料を提供してくださった岩井さん、橋谷田さん
いつも手作りで寄付してくださる小川さんありがとうございます。


 
            お米を両手ですくいまず                   ジャンケンでもう1回

練習不足で臨んだコンテスト(課題曲:翼をください)は
「ユーモア賞」をいただきました。
6グループそれぞれ工夫とアイデアが見られました。
当会の久保田会長は審査員でした。
例によって名カメラマンは渡辺組織部長。
細く撮ってくれたら嬉しいですが・・・
「全通研は人権問題の運動を共に頑張ってきました。
北朝鮮の拉致問題と歌のテーマが重なりました。
翼をつけて日本に帰りたい、両親に会いたい。
そんなめぐみさんの気持ちを横田さんに届けたいと思いました」と
インタビューでお話しましたが、
重いテーマを演じてみたのですが場内は笑い声が・・??
チーム名「ちば通研ジーバーズ」は爺婆という意味かなと思いましたが
命名者の坂本先生曰く「ちば通研の文字に濁点をつけた」ようです。
練習時にPCで曲を流してくれた渡辺裕美さんもお疲れ様でした。
助かりました。みんなありがとう。(笑)


 
            ちば通研ジーバーズ                         ユーモア賞です



                                                       (会計監査 宇治 昌子)


ページの先頭へ



2015年10月10日(土) 《ちば通研 お知らせ》

11月29日(日)開催の「ちば通研学校第5講座(講師:藤井伸子氏)」の
参加申込にあたり、多数の申込をいただきありがとうございます。
大変申し訳ありませんが、期限前ではありますが、
定員に達しましたので10月10日で締め切らせていただきました。


                                                       (事務局長 境 治美)


ページの先頭へ



2015年10月10日(土) 《ちば通研 役員会・40周年事業委員会》

2015年10月10日(土)、千葉聴覚障害者センター2階の会議室にて、
ちば通研の役員会が行われました。
ちば通研の長期ビジョン、秋穫祭の参加、手話を考えるフォーラム、
支部長会議報告、関東通研支部代表者会議報告、
それぞれの部や班からの報告がありました。
また、会員拡大では、現在、
継続が確認されていない19人について役員が
手分けをして確認することにしました。
さらに、ちば通研学校の第5講座は定員の70人を満たしたため、
受付を終了することを確認しました。

午後1時半から同じ会場にて、
第1回目の40周年事業委員会が開催されました。
小川泉さん、高橋舞香さん、正木誠司さん、岡田純子さんの4人と
役員会から石山副会長と組織部の3人で事業委員会を組織しました。
イベントのこと、記念誌のことなど忌憚のない意見交換が行われました。
次回、1月24日(日)、10時から開催することを決めて散会しました。


                                                       (組織部長 渡辺 正夫)


ページの先頭へ



2015年10月3日(土)、4日(日) 《関東 ろうあ者大会(千葉)》

10月3日、4日「第38回関東ろう者大会in館山」が開催されました。
3日は館山市と鴨川市において分科会が、
4日は館山市北条にある南総文化ホールにおいて大会式典が行われました。
4日の午前中に行われた式典では、ちば通研久保田会長が
来賓として招かれておりましたが、京都での支部長会議と重なったため、
石山明子副会長が代理出席されました。
来賓が多く、名前だけの紹介ではありましたが、
ちば通研の代表として存在感を示されました。

午後は、「障害のある人もない人も共に暮らしやすい千葉県づくり条例」
に奔走された堂本暁子前知事と野沢和弘毎日新聞論説委員の
記念講演、対談がありました。
また、ろう者劇団九十九の面白く楽しいお芝居がありました。
フィナーレでは、8月28日のパレードに登場した巨大な手が舞台に現れ、
また千葉市班髙橋悦子さんが書かれた横断幕も登場し、
盛大なうちに大会は終了しました。

会場の外では館山市の房洋堂の和菓子などが
飛ぶように売れておりました。

当日はとても天気がよく、暑いという感じでしたが、
参加された会員の皆様お疲れ様でした。


                                                       (事務局長 境 治美)


ページの先頭へ



2015年10月3日(土)日、4日(日) 《全通研 支部長会議》

平成27年10月3日~4日の2日間、
京都の嵯峨嵐山にある全国手話研修センターに於いて、
全国手話通訳問題研究会主催による支部長会議が開催されました。
ちば通研から久保田会長が参加しました。
2日間とも、とても良い天候に恵まれての開催でした。
3日の午後は石川会長の挨拶のあと、
事例検討を9つのグループに分かれて行いました。
グループ発表のあと、近藤副会長より
事例について丁寧に説明をしてもらいました。
この事例検討は、「全通研がめざす手話通訳制度」について、
何故、雇用型の手話通訳制度が今、必要なのかを考えてもらうことが目的でした。
参加した支部長さんたちは、皆さん、理解を深めることができました。
4日の午前は、課題別討議で4つのグループに分かれて協議しました。
12時から全体で、4つのグループの発表のあとに
伊藤事務局長からグループ発表のまとめがありました。
最後に私から、あと半年間の取り組みについて話をしました。
皆さん、元気をもらって散会しました。


 
            会長挨拶                               休憩後にストレッチ

                                                       (組織部長 渡辺 正夫)


ページの先頭へ



2015年9月27日(日) 《関東通研 支部代表者連絡会議》

平成27年9月27日(日)の午前、文京福祉センターに於いて、
関東通研支部代表者連絡会議が本部から2人、
代表者16人の参加者で開かれました。
千葉からは、久保田会長と橋谷田が参加しました。
三重の集会や言語法のパレードでの反省点や
関東集会の事、情報アクセスビリティーの事、
2016サマーフォーラムについて話し合いがありました。
その後、各地域からの報告や災害時の連絡方法について、
情報交換がありました。

午後は、引き続き7月4日の緊急学習会の伝達講習会が
渡辺正夫氏講師のもと開かれました。
1時間ほどの講習の後に、各地域からの質問や意見交換がされました。


 
            午前の会議                               午後の学習会

                                                       (組織部付 橋谷田 久美子)


ページの先頭へ



2015年9月13日(日) 《ちば通研 医療班会議》

9月13日(日)、午前9時30分から12時まで、
千葉市中央コミュニティセンター5階のサークル室1にて
医療班会議を開催しました。
参加者は7人でした。

議題
1 受療行動アンケート調査について
2 医療班出前講座について 9月26日葛北地区講座、印西
3 三重集会報告
4 情報提供

10月11日(日)に「手話で語るろう者のがん体験講演会」
午後2時30分から2時間
日本大学文理学部3号館3205号室
東京都世田谷区桜上水
京王線 下高井戸あるいは桜上水駅下車、徒歩8分
講師は3人
すべて手話ネイティブなろう者で、自分のがん体験を手話で語ります。
手話には読み取り通訳はつきません。
参加費1000円です。


                                                       (学習部長 渡辺 裕美)


ページの先頭へ



2015年9月13日(日) 《ちば通研講座Ⅱ》

9月13日(日)、午後1時から4時まで、千葉市中央コミュニティセンター5階の
美術・視聴覚室に於いて、ちば通研講座Ⅱが開催されました。
全通研理事の宮澤典子氏をお招きして
「Noricoda 波乱万丈」のテーマで講演いただきました。
宮澤氏は最近まで研究誌にも同テーマで連載されていましたので
会員の方々にはお馴染みの方です。
お話をお聞きしたいと92人の方々の参加がありました。


 
            宮澤典子氏                               合間にストレッチ

ソフトな語り口で時折お国言葉を交えてのお話に引き込まれ、
予定の2時間があっと言う間に過ぎてしまいました。
講演会終了後に、短時間でしたが、
宮澤氏と直接お話をする交流会の時間もありました。
参加者からは、コーダならではのお話は勿論、
気取らないお話にも好感が持てましたとの声がありました。


 
            Aグループ                                 Bグループ

 
            Cグループ                            千葉からお礼のプレゼント

                                                       (学習部付 福井 典子)


ページの先頭へ



2015年9月13日(日) 《地域班会議・役員会》

9月13日(日)、会場を急遽変更して千葉市中央コミュニティセンター5階の
美術視聴覚室にて今年度第2回目の地域班会議を開催しました。
15地区から18人の参加がありました。役員も4人参加しました。
会員拡大、安否確認訓練、40周年記念事業などを話し合いました。
今回、午後からのちば通研講座Ⅱがあるため、12時で会議を綴じました。
机のない中、皆様、お疲れ様でした。

ちば通研講座Ⅱの終了後、午後4時から役員会を開催しました。
会員拡大、長期ビジョン、支部長会議など
盛りだくさんの内容を役員で真剣に協議しました。
宮澤典子さんのサイン本の予約も50冊あまりになりました。
お疲れ様でした。


 
            地域班会議                                  役員会

                                                       (組織部 渡辺 正夫)


ページの先頭へ



2015年8月27日(木)、28日(金)  《全国 手話言語法を求める全国集会(東京)》

8月27日(木)には、手話言語法を求める全国集会の一日目として、
参議院議員会館1階行動にて議員要請行動が行われました。
続いて二日目は28日(金)には、同会場にて10時から11時まで
決起集会が行われました。
日本財団の笹川会長からは、
「一緒にパレードに参加します」とのことばがあり、
決起集会は最高に盛り上がりました。
また、大勢の国会議員や鳥取県の平井知事、
藤井克徳さんらが駆けつけ激励の挨拶をしてくれました。
11時50分から場所を日比谷公園健康広場に集合し、
国会周辺のパレードを行いました。
千葉県から40人を超える参加者がありました。
千葉県は、大きな手を作り、参加した皆さんは唖然としていました。
雨も降らずに無事、衆議院と参議院の議員代表との
エール交換を終え、解散しました。


 
            開会式                                  決起集会の参加者

 
             第一団                                   第二団

 
          千葉県の大きな作り物                          パレード中

                                                       (組織部 渡辺 正夫)


ページの先頭へ



2015年8月21日(金)~23日(日)  《第48回全国手話通訳問題研究集会 サマーフォーラムinみえ》

8月21日(金)~23日(日)、三重県鈴鹿市の鈴鹿医療科学大学白子キャンパスにて、
「第48回全国手話通訳問題研究集会 サマーフォーラムinみえ」が
3日間開催されました。
開会式では、厚生労働省、文部科学省、県知事、鈴鹿市長をはじめ
大勢の来賓の方々をお迎えして行われました。
その後、記念講演に「村岡花子と赤毛のアンの世界」と題して、
村岡恵理さんから大変熱のこもったお話がありました。
二日目と三日目は、4つの講座と8つの分科会に分かれて、
熱心な討議が行われました。
閉会式では、こどもキャンプに参加していた子供たちの発表がありました。
そして、最後に引継ぎということで
来年開催する神奈川県から参加者に対して呼びかけがあり、
無事に集会を終えることが出来ました。
参加者は、1,044人でした。


 
         会場である鈴鹿医療科学大学                      開会式・閉会式の会場

 
             開会式                                   記念講演

 
              講座                                    分科会

 
            こども企画                            来年は神奈川県で待っています

                                                       (組織部 渡辺 正夫)


ページの先頭へ



2015年8月2日(日)  《ちば通研 役員会・ちば通研学校第3講座》

8月2日(日)10時から、千葉聴覚障害者センター2階会議室にて、
ちば通研の役員会が開催されました。
ちば通研学校の反省、ちば通研講座Ⅱの準備、関東通研の会議報告、
各部・専門班の報告などがありました。



          活発に意見交換                            

午後1時半から、役員会と同じ会場で、ちば通研学校第3講座が開かれました。
参加者は全部で15名。
講師は健康対策部長の米田氏。
手話通訳者の健康問題の歴史に触れながら1994年に3年かけて全通研が作った
よりぱん(みんなで目指そうより良い手話通訳)の話やDVDを活用したストレッチなど、
コリのメカニズムに触れながら皆でリラックス出来た参加型の講座でした。

                                                       (組織部付き 澤 広美)


ページの先頭へ



2015年7月26日(日)  《ちば通研集会》


「ちば通研集会が開催されました!」
7月26日(日)、千葉市中央コミュニティセンター5階、6階に於いて、ちば通研集会が行われました。
当日は大変な猛暑のなかでしたが50名の方々の参加がありました。
全体会では、久保田会長の挨拶に続いて
関東集会の報告(平成27年1月の群馬集会)が6人の方からありました。
報告集も配布されましたので集会の内容がとても良く分かったのではないかと思います。

全体会の後に、通訳、福祉、労働、保育・子育て支援の4つの分科会に分かれて、
午後3時まで活発な討論が行われました。

最後に音楽室に集まり、各分科会からの報告を聞いて、終了・散会となりました。
三重集会に繋がるとても良い討論ができたのではないかと思います。


                                                       (学習部付き 福井 典子)


ページの先頭へ



2015年7月25日(土)  《関東通研 支部代表者連絡会議》


2015年7月25日(土)10:00~12:00
文京福祉センター江戸川橋の4階地域活動室Cに於いて、
関東通研支部代表者連絡会議が18人の参加もとに開催されました。
関東に初めてデビューしました澤さんがいきなり記録係でした。
でも、大変勉強になったと本人が感想を述べていました。
三重集会、全通研アカデミー、関東集会(栃木)、研修センター後援会、
関東の大会等の情報保障、神奈川集会、議員要請行動とパレード、
関東ろう連との連携などについて協議しました。

また、引き続いて午後からは本部主催の組織担当者会議が
13時より16時まで開催されました。
本部の組織部から武田理事が話をしました。
その後、事前アンケートに沿って情報交換を行いました。
意見が活発に出されました。
特に今回2人の若者が会議に参加しました。
本人たちは、大いに刺激を受けたとのことでした。

                                                       (組織部長 渡辺 正夫)

ページの先頭へ



2015年7月17日(金)  《ちば通研学校 第2講座》


2015年7月17日(金)9:30~15:00 千葉聴覚障害者センター3階に於いて、
ちば通研学校第2講座が36名参加のもと開かれました。
まず、らいおんグループのDVDを見て、その後3班に分かれて、
らいおん千葉とらいおん工房の見学をしました。

午後は、親の会「わの会」会長の村山さと枝氏より、
親の立場からのいろいろなお話を頂きました。
その後、センター植野所長よりらいおんグループ全体のお話や
らいおんホームそがの建設に至るまでの経緯や運営についてお話を頂きました。
休憩ストレッチ後は、つくる会理事飯泉よし江氏よりつくる会の活動について、
総会資料を交えてお話しいただきました。
実際に現場を見学できたことは、とても良かったとの感想をたくさんいただきました。


                                                       (組織部付き 橋谷田 久美子)

ページの先頭へ



2015年7月11日(土)  《ちば通研 医療班会議》


去る7月11日(土)13時から16時まで、
千葉聴覚障害者センターの会議室にて医療班会議を開催しました。

内容は、
1 アンケート調査について
 今後の予定と調査員の調整
 サ連へ協力依頼文の作成
2 印西への出前講座について
 葛北地区講座
 9月26日(土) 14:00~17:00
 印西市立中央駅前地域交流館 2階視聴覚室
 講演 坂本建彦班長
 15:45~ 血圧・体脂肪測定・健康相談
3 今後の予定
 8月2日に予定していた医療班の例会は中止
 次回は9月13日(日)9:30~12:00 青少年女性会館


                                                       (学習部長 渡辺 裕美)


ページの先頭へ



2015年7月5日(日)  《全通研学校Ⅲ 全通研アカデミー》


「雨の中こんなに大勢の皆さんが集まりました」と渡辺副会長の嬉しそうな顔。
約140名近い全通研の仲間が関東会場港区障害保健福祉センター6階に集いました。
全通研アカデミーと新しいネーミングになって初めての開催でした。
午前は特別養護老人ホーム淡路ふくろうの郷 大矢施設長による
「高齢聴覚障害者の暮らしから学ぶ」。
未就学の方の人生は大矢氏の表情、手話を通して私たちの心に迫ってきました。

午後は池原弁護士より「障害者差別解消法について考える」と旬の講義でした。
話し方も、内容もとてもわかりやすく好感のもてるお話でした。
「大満足の学習の場を企画していただきありがとうございました」


                                                       (監査 宇治 昌子)


ページの先頭へ



2015年7月4日(土)  《7.4 緊急学習会》


7月4日(土)、聴覚障害者制度改革推進中央本部主催の緊急学習会が、
JR恵比寿駅近くの地域交流センター新橋を会場にして、
午後1時から5時まで開催されました。
全国から170人を超える人たちが集まりました。
この学習会は、障害者総合支援法と障害者差別解消法
「障害者が合理的配慮を使う権利、要求する権利を求めて
意見を交わし、差別のない社会を作ろう!」と題して開催されました。

第1部は、国の動きと地域(明石市、徳島県)の取り組みが発表されました。
そのあと、中央本部からの運動方針が発表されました。

第2部は、主催団体の6団体から、それぞれの団体の立場から
情報・コミュニケーション法についての発表がありました。
最後に集会のまとめがあり、閉会をしました。

その後、別室にて関東の人たちが集まり、
手話言語法制定を求める全国集会について話のがありました。
8月27日(木)に議員要請行動、28日(金)にパレードが予定されることになりました。


                                                       (組織部長 渡辺 正夫)


ページの先頭へ



2015年6月21日(日)  《ちば通研 医療班会議》


6月21日(日)、午後1時から4時まで、千葉聴覚障害者センター和室にて
医療班会議を開催しました。
出席者は、5人でした。
議題は、
1 アンケート担当者について
 ・今後のアンケート調査の予定、担当者決め
2 葛北地区講座(医療班出前講座)について
 ・9月26日(土)、午後に中央駅前地域交流館にて開催
3 2015年度の1泊研修について
 ・7月11日(土)、千葉市内で(なるほど講座との兼ね合いから)
4 次回会議
 ・7月11日(土)、午後、場所未定
  夜に納涼会を予定しています。


                                                       (学習部長 渡辺 裕美)



ページの先頭へ



2015年6月21日(日)  《ちば通研 ちば通研学校 第1講座》


6月21日(日)、午前10時より、千葉聴覚障害者センター2階会議室にて、
ちば通研学校の第1講座が行われました。
当日は、12人の参加者がありました。また、ちば通研の役員も参加しました。
最初に、久保田会長の代理で髙橋副会長から挨拶と
「全員主役・全員集合・全員笑顔」についてのお話がありました。

今回は、「ちば通研の活動を知ろう」というテーマで、
組織部、学習部、健康対策部、広報部の各部長さんから、
労働班、保育・子育て支援班、医療班、福祉対策班、通訳班の各専門班の班長から
それぞれ活動している中身につてわかりやすく説明しました。
参加者からは、「いろいろ工夫して活動をしていることがわかった。」などの
感想が寄せられました。


                                                       (組織部長 渡辺 正夫)

ページの先頭へ



2015年6月20日(土) 《ちば通研 健康対策部会議》


6月20日(土)、10時から12時まで八街市のジョナサンにて、
第1回目の健康対策部会議を行いました。
参加者は4人でした。
議題は、
1 手話通訳者のメンタルサポート「癒しのちばカフェ」第1回目の報告と今後の進め方について
2 ストレッチの普及方法について
3 ちば通研だよりに「健康コーナー」の企画掲載について

★今年度初めての会議だったので、年間計画の確認と、
健康に関する様々なアイディアを話し合いました。


                                                       (健康対策部長 米田 市子)



ページの先頭へ



2015年6月20日(土)  《ちば通研 労働班会議》


6月20日(土)、10時から12時15分まで、千葉聴覚障害者センター2階会議室にて、
平成27年度第1回労働班会議を開催しました。
参加者は8人でした。
2015年度の活動計画(ちば通研集会の内容や研修会についてなど)や
情報交換を中心に話し合いました。
次回の労働班会議&交流会は、10月24日(土)の予定です。
(ちば通研集会には労働の分科会があります。是非、皆さんご参加ください♪)


                                                       (労働班長 枌 純子)



ページの先頭へ



2015年6月7日(日)  《ちば通研 地域班会議・懇談会》


6月7日(日)、午前10時より、千葉中央コミュニティーセンターの美術視聴覚室にて、
平成27年度第1回目の地域班会議が開催されました。
21地区26名の参加者の元話し合いが行われました。
そこでは、八街班の復活と流山班の結成が報告され、拍手をもって喜びました。

午後は、各地域班の代表者とちば通研の役員との懇談会が開催され、
昼食を兼ねて、和やかな懇談が出来ました。
今年度一緒に活動する仲間としての心の共有が、少しでもできたのかなと感じました。


                                                       (組織部付き 橋谷田 久美子)

ページの先頭へ



2015年5月23日(土)、24日(日) 《全通研 代議員会》


全国手話通訳問題研究会2015年度代議員会が、
5月23日(土)24日(日)の2日間、京都手話研修センターで開催され、
千葉支部から久保田さん岩井さん枌さん米田の4名の代議員と、
本部役員副会長の渡辺正夫さんが出席しました。
手話研修センターは京都駅から20分の嵯峨嵐山駅の目の前にあり、
少し歩けば、天龍寺、弘源寺、宝厳院、法輪寺や、桂川に架かる渡月橋など
有名スポットも楽しめる素敵な所でした。

代議員会は全国から集まった120数名の代議員の方たちで活気に溢れていました。
一日目は、ブロック別会議の報告、議案書の補足説明、
長期ビジョンの趣旨説明、議題別討議など活発な意見交換が行われました。
代議員の方々の熱意ある発言を聞いているうちに、
全通研の会員がそれぞれの地域の中で、
聴覚障害者や手話通訳制度に関わる様々な問題や課題を社会の問題として、
いかに長い間真摯に取り組んできたかかが伝わってきて
何とも言えない感動を覚えました。
物騒で嫌なニュースの多い中、こんなに真面目に社会のこと
仲間のことを考え活動を続けている人々と繋がっていられることを
誇りにそして幸せだなあとしみじみ感じました。

夜は交流会、以前よりも美味しくなったというお料理と楽しい会話で気分も絶好調に。
特に岩井さんのお知り合いの方たちが次々に挨拶にこられ、
満面の笑みでお酒を酌み交わしている様子がほほえましく、
また長きにわたって繋がっている絆の力強さを
あらため感じさせていただいた和やかで楽しいひと時でした。

                                                       (健康対策部長 米田 市子)


二日目の朝は、嵯峨嵐山の爽やかな風でリフレッシュ。
美味しい朝ごはんに満たされて、議案書の討議に入りました。
「手話言語条例」「全通研長期ビジョン」についてなど、
各県代議員より活発な発言が続きました。
多岐にわたる議案は賛成多数によりすべて承認され、
「到達点は出発点」との石川会長の言葉で閉会となりました。
「各会員にとっての活動の場は支部、支部や会員を支えるのが全通研」との言葉が
本部理事よりありましたが、支部ならではの悩みについての発言には、
他県からのアドバイスがあるなど、会員同士もやっぱり支えあっているんですよね。
「全国に仲間がいるっていいなぁ」と再認識した2日間でした。


                                                       (労働班長 枌 純子)

ページの先頭へ



2015年5月23日(土) 《ちば通研 健康対策班・通訳班合同学習会》


5月23日(土)、千葉市の中央コミニティーセンターにて
健康対策部・手話通訳班合同会議を行いました。
参加者は6名で、みんなで目指そうよりよい手話通訳パンフレット
(通称:よりパン)を使っての学習です。
もう 相当昔に作られたパンフレットですが、通訳者の交代時間は一律ではなく、
その通訳内容によって違うなど基本になる内容が書かれています。
また、健康的な通訳労働、ひいては通訳者以外の働く人みんなが
健康で働ける環境つくりのための方法等を今後どうするか話し合いました。

写真は、よりパンに書かれている文を
イメージ化(自分の中での内容の把握の為)して、黒板に書いているところです。





                                                       (通訳班長 田村 文美)


ページの先頭へ



2015年5月16日(土) 《ちば通研 福祉対策班学習会》


5月16日(土)、10:30から12:30まで、
千葉市中央コミュニティーセンタにおいて
福祉対策班学習会を行いました。
テーマは、「成年後見制度」。
講師は班長の石山が担当しました。
制度の内容を中心に講義を行いました。
参加者は16名(健8名、ろう8名)でした。
質疑応答で30分もオーバーしてしまう程でした。

続いて、班会議も行いました。
今後の方向性(7月の集会と1月の学習会内容)と
班の名前をどうするかを話し合いました。


                                                       (福祉対策班長 石山 明子)


ページの先頭へ



2015年5月16日(土) 《関東通研 総会・代表者連絡会議》


5月16日(土)、10:00から12:00まで
東京都文京区のアカデミー音羽で
第12回関東通研の定期総会が行われました。
千葉からは、代議員の久保田、米田、枌、岩井の4名と
関東通研の担当の橋谷田が加わり5名が参加しました。
関東通研の桐原会長の挨拶から始まり、
群馬県の小林さんの議長で議事が進行されました。
群馬県での討論集会の報告がありました。
昨年度、関東ろう連とのはじめての
一部合同での開催が実現しました。
この事を元に関東ろう連との合同会議を重ねて、
今年度は栃木県で開催されます。
また、関東で会員数が3000を下回った事で、
理事が1名減らされる事となります。
この事を重く受け止めて
今後も会員拡大に努力が必要との確認をしました。
また、関東で行われるろう連との体育大会、
ろう者大会の情報保障について、
関東としての基準を明らかにし、今後も協議をしていくとの事でした。
参加者22名委任状4で定足数に達しました。
全ての議事に於いて賛成多数で承認を得ました。

定期総会終了の午後1時から3時まで、
関東代表者会議が行われました。
今年度、関東通研の担当の、橋谷田が参加しました。
今年度の関東通研の会長は、引き続き山梨県の桐原さん、
副会長は、東京都の相川さん、
事務局長は、神奈川県の佐田さん、
会計は茨城県の郡司さんに決まりました。
議題は、三重集会の参加者目標数の確認。
今年度、栃木で行われる集会の事。
会員拡大のためにの取り組みなどを話し合いました。
今年度の代表者会議の後に予定されている
担当者会議の内容について、
ストレッチ普及委員の養成や
書籍担当などについて検討されました。


                                                       (組織部付き 橋谷田 久美子)


ページの先頭へ



2015年5月10日(日) 《ちば通研 医療班会議》


5月10日(日)、13:30から17:30まで、
千葉聴覚障害者センター2階会議室において、
医療班の会議が行われました。

議題は、
1 役員会の報告
2 6/21 ちば通研学校の医療班担当について
3 9/26 出前講座 印西班について
4 今後の日程について
5 アンケート調査について

次回の会議は、
6月21日(日) 13:00~16:00 千葉聴覚障害者センター2階和室です。

引き続き、18:00~19:00まで、
アンケート調査に関する話し合いが、聴覚障害者協会と合同で行われ
5/17の新芽まつり終了後、第1回目の調査を始めることになりました。


                                                       (学習部長 渡辺 裕美)


ページの先頭へ



2015年5月10日(日) 《ちば通研 役員会》


5月10日(日)、9:30から12:30まで、
千葉聴覚障害者センター2階会議室において、
新メンバーによる役員会が開催されました。
15人の役員が参加しました。
会議の冒頭に久保田新会長から「新しいメンバーでの初めての役員会です。
今後も役員会が月1回開催されます。ご協力の程、よろしくお願いします。」と
挨拶がありました。
新メンバーでの会議であるため、自己紹介をしました。

次に議題について話し合いが行われました。
会員拡大、代議員会のアンケート、三重集会呼びかけ(参加目標は35人)、
新芽まつり、三団体会議の内容が協議されました。

その後、各部、各専門班から報告事項等が出されました。
そして新たな課題として、ちば通研創立40周年について、講師の資格について、
割引制度についてなどが提案され、引き続き協議していくことになりました。
また、会員の皆さんに、ちば通研学校の参加呼びかけと
全通研アカデミーの参加呼びかけがあり、無事に役員会を終了しました。
下記のちば通研学校、申込方法、アカデミーをクリックするとチラシ等が見られます。
皆さん、一緒に参加しましょう。
なお、お問い合わせは、毎週金曜日、
午前9時から午後2時まで、ちば通研事務所までお願いします。


ちば通研学校


申込方法


アカデミー




                                                       (組織部長 渡辺 正夫)


ページの先頭へ



2015年4月26日(日) 《関東通研 支部代表者会議・支部代表者会議》


4月26日(日)、10:00~16:00
東京都文京区のアカデミー茗台において、
関東手話通訳問題研究会支部代表者会議
及び代議員会ブロック別会議(関東)が行われました。
千葉から久保田さんと米田、本部理事として
渡辺正夫さんが出席しました。
丸ノ内線茗荷谷駅の改札を出た所で、
さて会場はどっちの方向かしらと
地図とにらめっこしながらふと後ろを振り返ると、
同じように地図を握りしめた集団と目が合いました。
山梨県支部の桐原さん率いる代議員の方々4人で
朝早く特急あずさで来られたとのこと。
知ってる方にお会いできたのでスムーズに会場まで
行くことができてホッとしました。
支部代表者会議では、
議題1 第48回三重集会~サマーフォーラムについて
  2 第29回関東手話通訳問題研究会討論集会(栃木)について
  3 関東ろう連関連・合同会議についての報告
  4 全通研アカデミーについて
  5 関東通研総会について
また、各支部からの活動報告等々話し合われました。

11時から関東ブロック代議員会が開かれ、
本部理事の渡辺正夫さんから5月23日、24日
全国手話研修センターで開催される全通研代議員会議案書の
内容についての詳細な解説を受けました。
予定通り1時間ぴったりで見事に解説された現役教師さながらの
渡辺さんに流石だわ~!と感激してしまいました。

お昼休みをはさんで午後からは、
渡辺理事の解説を受け関東通研としての活動報告や意見などを
まとめるための討議が活発に行われ、
発表のための各支部の担当を決めて4時終了となりました。
一日の長い会議に頭はパンパンになりながらも、
各支部の生き生きとした魅力ある方々にお会いできて
有意義な一日となりました。


                                                       (健康対策部長 米田 市子)


ページの先頭へ



2015年4月25日(土) 《ちば通研 通訳班会議》


2015年度、最初の通訳班学習会を
4月25日(土)、午前10時から12時に、
聴覚障害者センター2F会議室にて、今回も班員6名に、
特別ゲスト3人のお嬢さん方で行いました。
学習内容としては、ちば通研だよりに載せていた
不定期投稿〝意思疎通支援事業の口語訳”を、
今まで班員さん一人一人にお願いして訳してましたが、
今年からは班学習会の時間を使って、
参加できた班員さんみんなで一緒に訳していくことにしました。
ああでもない、こうでもない。
ここの語句はどの様に変換したらわかり易いだろうか?!等と、
あっという間の2時間でした。
今後もこの様に参加できた班員さん、
はたまた、飛び入りの、班に入ろうか迷っている方も
交えながら口語訳に変換したり、
後の通訳班の学習内容を話し合ったりと
みんなで楽しく行いたいと思います。
なお、上記に書いたように、
ほぼ毎月、第4土曜日、午前10時から12時までの2時間、
聴覚障害者センターにて行いますので
(変更があるときには、ちば通研だよりに掲載します)、
興味のある方は是非覗いてみてください。
聞こえない人たちと共に活動する団体ですから、
一人一人の意見を大事にしたいと思います。(^^)/

                                                       (通訳班長 田村 文美)


ページの先頭へ



2015年4月23日(木) 《ちば通研 新旧会長の挨拶》


「お世話になりました」
4月19日、2015年度定期総会の場で
新会長にバトンを引き継ぎました。
歴代の会長の思いも籠めて
ちば通研の未来を託しての厳かな時間の流れでした。
私にとっては未熟ながら、やりがいのある
任務をさせていただけたことに感謝です。
全通研は私の生活の一部ではなく生活そのものでした
。仲間との触れあいに支えられ
やってこられたと思っています。
会員さんお一人お一人にお礼を言いたいところですが
ホームページをお借りしてお礼を申し上げます。
朝陽が夕陽に変わる日々の営みのように、
人の流れも変えていきたいという思いで任務を降りました。
人生の途中での全通研活動から
大きな喜びを学ぶことができました。
~夢と出会いと行動が人生を変えることがある~
「ありがとうございました」
新体制も動き始めました。
皆さんのあたたかい応援よろしくお願いします。


                                                       (前会長 宇治 昌子)


4月19日の定期総会で宇治会長から
ちば通研のバトンをいただきました。
今までの4年間本当にお疲れ様でした。
宇治会長の行き届いた気配りや
決断力そして行動力にはいつも感嘆させられていました。
私にはないものばかりです。
そして何より過去最高の会員数を達成でき
全国に胸を張って報告できた記念すべき年でした。
その栄光を私がひき継いでというのは
かなりなプレッシャーを背負ってのスタートとなりました。
でもできることを少しづつやっていくしかない。
背伸びしてもできないものはできない。
私の「ありのままで・・・」と腹を据えて2年間頑張っていこうと
1日2日経つうちに思い始めたところです。
そんな頼りない私ですから、皆さんのご協力がなければ
ちば通研は成立しなくなります。
これからも今までと変わりなく
ご支援、ご鞭撻をどうぞ宜しくお願いいたします。

                                                       (会長 久保田 和子)


ページの先頭へ



2015年4月19日(日) 《ちば通研 総会》


4月19日(日)、10時00分~12時00分まで
千葉聴覚障害者センター3階にて、
2015年度ちば通研の定期総会が開催されました。
岡田純子組織部員が司会進行を務めました。
参加者、委任状併せて総会が成立しました。
議長には八千代班の吉野さんが選ばれました。

早速、議事に入りました。
2014年度の事業報告及び決算報告がありました。
次に、2015年度の事業計画及び予算案の提案がされました。
これを受けて、質問がありました。
①講師について、どのような人が登録できるのか。
②家族の場合、会員割引のようなことはできないか。
回答として、
①役員、役員経験者、手話通訳者、学識経験者が役員会の承認を経て登録ができる。
②本部の会員数の届出の問題があるが、一度、役員会で検討する。
提案の全てが、承認されました。
次に、代議員の選出がありました。
定足数の4人の候補があり、これも承認されました。
次に役員改選です。
宇治会長に代わり、久保田会長が選出されました。
無事に総会も終了しました。
最後に、今回で役員を降りる人から挨拶がありました。
本当にお疲れ様でした。

                                                       (組織部長 渡辺 正夫)


ページの先頭へ



2015年4月19日(日) 《ちば通研 ちば通研講座Ⅰ》


講 師:小椋 英子氏 日本手話通訳士協会会長
テーマ:手話を学ぶ楽しさ ~様々な出会いから~
日 時:4月19日(日)13:00~16:00
会 場:千葉聴覚障害者センター3F 多目的ホール
参加者数:75名

例年通り、総会後の講座に引き続き行われました。
手話を始めた頃のお話や、活動していく中で手話だけでなく人への
眼差しが重要であることへの気付き。
印象的な場面の経験談を楽しく語っていただきました。
「聴こえない人たちの話の中からこぼれ落ちるもの」を見逃さず、
受け止められるよう心掛けていきたいです。
後半、グループに分かれての交流は時間が短かったですが参加者の
皆さんと直に接していただけました。
聴覚障害者の参加もあり、長年活動されている小椋さんを
お招きして良かったと思いました。
ご協力いただいた皆様、ありがとうございました。

ちば通研講座は、9月13日(日)午後
宮澤 典子氏をお招きしていますので、お楽しみに!

                                                       (学習部長 渡辺 裕美)


ページの先頭へ



2015年4月5日(日) 《ちば通研 医療班会議》


4月5日(日)、13時30分~16時30分まで千葉聴覚障害者センターにて
参加者5人で医療班会議をしました。
話した内容は、
1 医療班の会議日程について
 6月7日(日)を6月21日(日)の午後に変更する。
 9月6日(日)を9月13日(日)に変更するか検討する。
 7月の一泊研修会は班員の都合で改めて考える。
2 アンケートの記入例を作成
3 4月13日(月)福祉対策班との会議
 参加できるのは3人
そして、次回は5月10日(日)の午後に開催することを決めて散会しました。


                                                       (学習部付き 渡辺 裕美)


ページの先頭へ



2015年4月1日(水) 《ちば通研 2015年度 会長あいさつ》


2014年度が静かに幕を閉じました。さあ、2015年度の幕開けです。
新しい役員も加わり、新体制が始まります。
桜舞うこの時期は、学生さん、社会人など、人生の途中でのリセットがあるでしょう。
それぞれの居場所で新しい道を歩まれていることでしょう。
どこにいても全通研の仲間は繋がっています。
しっかりと手を取り合って大海へと船出する「ちば通研丸」が
無事に航海できるよう宜しくお願いします。
また嬉しいニュースが飛び込んできました。
休会中だった「八街班」が再スタートにふさわしい4月1日に再結成されました。
「お待ちしていました」「おめでとうございます」
ちょっとだけ無理をお願いする時もあるかと思いますが、
協会と共に楽しい活動にしていきましょう。



           船橋市 海老川沿いの桜                                     

                                                       (会長 宇治 昌子)


ページの先頭へ



2015年3月29日(日) 《ちば通研 通訳班交流会》


2014年度最後の通訳班年度末交流会が千葉聴覚障害者センター近くの
国道沿い出洲港バーミヤン店で行われ、
今回も(去年も千葉市ハーモニープラザ近くのココスで同じ様な事をしていました!)
店が開店する前から駐車場で待機し、大人3人と子供さん2人で、
開店と同時にと言うより、10時になったから押しかけて開店させたいう感じで、
1番のお客さんとなりました。
その後2人の班員さんも加わり、14時位まで
いろいろ色々いろいろ、話して話して話して、
楽しい時間を過ごせました。
また、今回の交流会にお誘いして参加してくれた方も
通訳班に入っていただけました。
(手続き(事務所への入班希望届けFAXは後日してくれるそうです。)
パチパチパチ。
お子さん2人は何と4時間近くもおとなしく大人が話している時間に
付き合ってくれました!本当に(大人しく)でした!凄い!!)
本当にありがとうございました。


                                                       (通訳班長 田村 文美)


ページの先頭へ



2015年3月8日(日) 《ちば通研 医療班会議》


3月8日(日)、千葉中央コミュニティーセンター5階 第2サークル室で
医療班会議を10時から12時まで開催しました。参加者は4名でした。
内容は、
1 3/1 耳の日まつりについて
 血圧や体脂肪測定を受けた人数 84人、どちらかのみ 10人位
 医師(2人)による医療相談 10人
 測定コーナーと相談コーナーは離れていたが、場所は良かった。
 例年同様、昼食時間後に集中したが、午前中に販売ブースの流れで
 健康コーナーにたどり着き、受ける人もいたので昨年より多くの人が来てくれた。
 センターや実行委員会の配慮もあり、前日や当日の準備もスムーズに行えた。
2 3/6 福祉対策部合同会議の報告
3 全通研健康対策部の取り組みについて
4 会計報告
でした。
次回の医療班会議は、4月5日(日)、13時から15時を予定しています。


                                                       (学習部付き 渡辺 裕美)


ページの先頭へ



2015年3月8日(日) 《ちば通研 地域班会議・懇談会》


3月8日(日)、10時から12時半まで今年度最後の地域班会議が開催されました。
今回、会場を千葉市中央コミュニティーセンター5階視聴覚室に変更しました。
変更した理由は、初めて昼食を挟んで、役員と地域班の代表者との懇談会を企画したからでした。
午後の懇談会に参加することもあり、地域班会議は18地域、26人の参加がありました。
役員も5人参加しました。
地域班会議は、安否確認訓練の反省とまとめ、議案書等の確認をしました。
そして、お楽しみの懇談会が12時半から始まりました。
役員14人、地域班から24人が参加しました。
先ずはお弁当をみんなで「いただきます」をして食べました。
1時から3つのグループに分かれて自由討議をしました。
2時半からは全体会です。3つのグループから発表がありました。
「全通研の名前が固くて入りにくい」など様々な意見が出されました。
最後に宇治会長から挨拶がありました。
会長は感動して声を詰まらせる場面もありました。
みんな楽しく懇談会に参加でき、満足して3時に解散となりました。
2015年度も早い時期に懇談会を開催したいという声をあがりました。

                                                       (組織部長 渡辺 正夫)


ページの先頭へ



2015年3月1日(日) 《千葉県 第34回耳の日まつり》


「第34回 耳の日まつり」が流山市文化会館で盛大に開催されました。
前日の予報では朝から雨を覚悟していましたが、皆さんの熱気に圧倒されたのか?
帰宅時の足元を濡らすまで頑張ってくれました。
午前中は式典。来賓の方の祝辞の冒頭、一生懸命手話で挨拶された様子が
大きなスクリーンに映し出されると大きな拍手と両手が会場を埋め尽くしていました。
ミニ講演は東京手話通訳等派遣センター事務所長の高岡正氏による
「モデル要綱」厚労省通知の社会的背景は・・・でした。
昼食・休憩時には、あちこちで手話のお喋りも見られ、
小物や本などの販売に笑顔が輝いていました。
ちば通研の売り子さん、健康相談コーナーを担当された医療班の皆さんもお疲れ様でした。

午後は今村彩子氏による記念講演、楽しいイベント、恒例の福引でした。
準備に時間と労力をいっぱい提供してくださった葛北の実行委員の皆様本当にお疲れ様でした。
地域班の皆さんもありがとうございました。お陰様で楽しい集いに参加することができました。

                                                       (会長 宇治 昌子)


ページの先頭へ



2015年2月28日(土) 《ちば通研 健康対策部・通訳班合同学習会》


2月28日(土)、10時から12時まで、千葉聴覚障害者センター会議室にて、
今年度最後の合同学習会を行いました。参加者は7名でした。
班員も増えて活発に学習会や楽しい集まりを重ねている通訳班とは裏はらに、
健康対策部はどんな活動をしているの?
会員に見えていないんじゃない?などの反省を元に、通訳者の健康を守る取り組みに加え、
ストレス社会で頑張っている全ての会員が健康に活動できるための知恵袋的な企画をと、
活発な意見が沢山出されました。
来年度は会員の皆さんと、健康で繋がる新企画を。
キーワードは、リラクゼーション、ストレス解消、コミュニケーションです。

さてさて、来年度どんな形でお届けできるか(^^)
乞うご期待!

                                                       (健康対策部長 米田 市子)


ページの先頭へ



 

2015年2月21日(土) 《ちば通研 通訳班有志ディズニーツアー》


2月21日(土)、通訳班恒例の有志によるディズニーツアーに行ってきました。
今回は車椅子での参加でした。
カリブの海賊・ジャングルクルーズ・スターツアーズ・バズライトイヤー・プーさんのハニーハント等は、
座席の移動ぐらいが必要ですが、ビックサンダーマウンテンは 階段の上り降りが必要です。
(緊急時は自己避難歩行が出来る条件付き)。
また、視覚障害者用の点字地図がランド内にありました。
別の場所には、立体地図もあるみたいです。
トゥーンタウンでは喋るマンホールなどがありますが、
聴覚障害者にはどの様に対応してくれるのか?、或いはそのままなのか?
障害によって楽しめる場所があれば、その反対に楽しめない場所があります。
それは仕方がない事なのか?
などなど、参加したみんなと楽しみながら考えて来ました。
次回は通訳班に入って一緒に行きましょう。


                                                       (通訳班長 田村 文美)


ページの先頭へ



2015年2月15日(日) 《ちば通研 医療班会議》


2月15日(日)、午後1時から3時まで千葉市稲毛区穴川コミュニティーセンター集会室で
出席7名にて医療班会議を行いました。
会議の議題は、
①耳の日まつりについて
②研究・アンケートについて
③関東通研討論集会の報告
④聴障・医ネット講演会参加者からの報告
⑤活動費について
⑥2015年度の予定

次回の医療班会議は、3月8日(日)、午前9時から12時まで
会場は、千葉市中央コミュニティーセンター 第2サークル室です。


                                                       (学習部付き 渡辺 裕美)


ページの先頭へ



2015年2月1日(日) 《ちば通研 役員会》


2月1日(日)、9時半から12時半まで、千葉聴覚障害者センター3階にてちば通研役員会を開催しました。
当日、15人の役員が参加して、議案書の内容の確認、行事予定、総会当日の運営について、
ちば通研講座Ⅰの運営について、代議員選挙、懇談会、役員改選などについて話し合いしました。
特に、議案書については会員の皆さんに事業内容や事業計画を提案する大事なことなので、
十分な時間を割いて話し合いが行われました。
また、2015年度会員の募集も始まりました。早速、会費を納入した役員の方もいました。
目標数は370人です。2年連続で目標数を達成することを確認して散会しました。


                                                       (組織部長 渡辺 正夫)


ページの先頭へ



2015年1月24日(土) 《ちば通研 通訳班会議》


通訳班定例学習会の1月では、千葉聴覚障害者センターにて、
温故知新と言う事でもありませんが、第8回世界ろうあ者会議に提出されたレポート、
俗に言うところの安高論文(安藤豊喜・高田英一論文)を読み合わせ、
その趣旨をみんなで考えながら話し合いを進めました。
10時から12時の約2時間ですが、ああでもない、
こうでもないと、何だかんだ言いながら、
又は、沈思黙考の静けさの中、2章迄楽しみながらの一時でした。
次回は2月28日(土)10時からを予定しています。
良ければ覗きにおいでください。


                                                       (通訳班長 田村 文美)


ページの先頭へ



2015年1月17日(土)、18日(日) 《関東通研 関東手話通訳問題研究討論集会》


お正月の気分もまだ抜けきらない1月17日~18日
「第28回関東手話通訳問題研究討論集会」が群馬県の磯部温泉で開かれました。
心配された雪もなく晴天に恵まれ幸先よいスタートでした。

今年初めての試みとして、関東ろう連盟の活動者研修と
情報交換会を合同開催しました。とても良かったと感じました。
手話言語法各県活動報告も合同でありました。
千葉県はトップバッターで協会の増田氏が
制限時間ぴったりの5分間で報告しました。
ちば通研役員も手話通訳として協力しました。日頃の連携プレーのお蔭ですね。

毎年恒例の8つの分科会での討議内容を全体会で発表しました。
特に冬の討論集会が夏の全国集会に統合され
分科会の数も減って大きな括り(くくり)となっていく方向にあっても、
関東集会の少人数だからこそ本音が言い合える、
言いやすい分科会形式は継続してほしいという意見がありました。

群馬の皆さんのあたたかいおもてなしに感謝しながら帰途に着きました。
解散後に行われた支部代表者会議に役員2名が参加し
注文しておいたお弁当(自費)を帰りの新幹線でいただきましたが、
豪華で美味しかったことを付け加えておきます。


                                                       (会長 宇治 昌子)


ページの先頭へ



2015年1月10日(土) 《ちば通研 役員会》


1月10日(土)、午後1時から千葉聴覚障害者センター2階で役員会を行いました。
最初に宇治会長より、年始めの挨拶がありました。
4月に行われる総会及びちば通研講座Ⅰのこと、安否確認訓練の反省、
各部、専門班からの報告などを協議しました。
4時間にわたり、活発に話し合って終了しました。
終了後、千葉中央駅近くで役員の新年会を行いました。
楽しいお話と美味しいごちそうをたくさん頂きました。


                                                       (組織部長 渡辺 正夫)


ページの先頭へ



2015年1月4日(日) 《医療班会議》


1月4日(日) 9:00~12:00 穴川コミュニティーセンターで医療班会議を行いました。
出席者は7名でした。
会議の内容です。
1 12月25日、福祉対策部との打ち合わせについて
2 研究・アンケートについて
 医療場面での困ったことの絵カード作成
 (具体的な例を募集中)
 企画書・予算書作成案
3 耳の日まつりについて
 地元医師会から整形外科のドクターが決定
 医療班には協力依頼が来る予定

次回の医療班会議は、2月15日(日)午後に開催します。会場は未定です。
12:30からは、新年会をかねてみんなで昼食をとりました。


                                                       (学習部付き 渡辺 裕美)


ページの先頭へ



2015年1月1日(木・祝) 《新年のご挨拶》


あけましておめでとうございます。

昨年は地域班、会員の皆さんのおかげで過去最高会員数362名となりました。
心痛む災害や事件の多い中、ほっとする瞬間でもありました。
ありがとうございます。
「数は力」と力強く発信されていた故前市川会長にも届いていることでしょう。

目の離せない政治の動き、経済の動向、福祉のあり方、少子高齢化、
格差問題、手話の法制化など問題が山積しています。
それぞれが、めまぐるしい情報量に慌ただしい日常が重なり想像力も追いつかない状況です。
正確に捉えられる研ぎ澄まされた判断力とゆとりのある時間を大切にしていきたいと
新年の冒頭に胸を高まらせています。

数の力を味方につけ「ダメよダメダメ」と言わせないワクワクするような活動と
「全員集合・全員主役・全員笑顔」のスローガンを目指していきましょう。


 
           日本一の富士山                             東京スカイツリー                                     

                                                       (会長 宇治 昌子)


ページの先頭へ



2014年12月13日(土) 《安否確認訓練 報告》


12月13日(土)10時丁度
「本日、銚子沖を震源とする震度6強の地震が9時45分に起こりました。
班員の安否をご確認下さい。地域班でまとめて報告をお願いします。事務局」
のメールを各地域班班長へ送信しました。

この安否確認訓練は、「ちば通研会員の災害時における安否確認訓練を行い、
防災についての意識を高めるとともに訓練を行うことで災害時に活かす。」
ことを目的に実施しました。
今回が初めての訓練であるため、地域班だけを対象にして行いました。

送信ができなかったが地域班が1班、
連絡するグループから漏れていた地域班が1班ありましたが、
気がつかれた方から事務局に連絡頂き、送信をし直し確認出来ました。

報告が早かったのが13時20分に全員確認ができた成田班、班員15名です。
続いて大網、富里と続きました。
班員が多い少ないは関係ないようで、携帯をすぐ見られる状況にあったかで、
時間のずれが出てきたようです。

実際に災害が起きた時は、もっと混乱が予想されます。
そのための備えをきちんとしたいものです。
また、聴覚障害者協会の会員さんとの連携も考えていかなければならないですね。
初めて行った安否訓練の経験を今後の活かすため、
地域班で意見をまとめてもらい、役員会で協議する予定です。
ご協力、ありがとうございました。


                                                      (事務局村山 さと枝)

ページの先頭へ



2014年12月12日(金) 《手話言語法成果報告会・パレード》


12月12日(金)、東京の都道府県会館に於いて
「手話言語法成果報告会」が行われ全国から208人が参加しました。
全国各地から手話言語法を求める意見書運動の取り組み状況が報告されました。
まだ採択されていない所は、12月議会に向けてラストスパートの戦いで、
クリスマスプレゼントになるか、お年玉になるかという楽しみな話しに会場は盛り上がりました。

午後からのパレードは、日比谷公園から各官公庁前を経由して銀座まで
「手話はろう者の言語だ~」「情報格差をなくそう~」
「手話がいつでもどこでも使える社会にしよう~」とオレンジ色の手袋で
力強くシュプレヒコールをすると通りがかりの人は手を振ってエールを送ってくれました。
パレードの参加者は700人を超えたということでした。

千葉からは約20人の参加で、鎌ケ谷班からの参加者が多く
鎌ケ谷班の結束力には圧倒されました。
この日の私の万歩計は14,000歩で目標達成でした。


                                                       (副会長 久保田 和子)


ページの先頭へ



2014年12月8日(月) 《衆議院選挙》


12月2日に衆議院選挙が公示されました。
千葉県手話通訳問題研究会では、2014年11月29日付けで
候補者に「聴覚障害者福祉政策に関する公開質問状」を提出しました。
下記の「公開質問状」、「回答〈到着順〉」をクリックしてください。


公開質問状



回答(到着順)



ページの先頭へ



2014年12月7日(日) 《ちば通研 医療班会議》


12月7日(日) 9:00~12:00まで、ちば通研の医療班会議を
千葉聴覚障害者センター和室にて行いました。
出席者は5名でした。
内容は、
1 11月18日の福祉対策部との打ち合わせの報告
2 研究・アンケートについて
  調査用のマニュアルやカードの活用について検討する。
3 耳の日まつりについて
次回の医療班会議は、1月4日(日) 9:00~12:00
穴川コミュニティーセンターで開催します。
終了後に新年会を予定しています。


                                                       (学習部付き 渡辺 裕美)


ページの先頭へ



2014年11月30日(日) 《ちば通研 保育・子育て支援班 ミニ講演会&座談会》


テーマ「子育てを振り返って」
~小さい頃から社会人になるまでで心に残ることなど~
講師 佐々木めぐみ氏
   岡田恵氏

参加者 大人32名(聴覚障害者6名、健聴者26名) 子ども1名
市民プラザ大久保の交流スペースにて行いました。
天候にも恵まれて大勢の方に足を運んでいただきました。
講師二人の貴重な子育て体験談を見聞きしました。
お二人の共通点は子育てで子どもとしっかりと向き合っていることがわかりました。
目を見て話しかける大切さを改めて感じました。子どもがまだ小さい時に、
自分が聞こえないことでささいなことがわからずコミュニケーションに困ったとのことでした。
子どもの成長と共に手話でのコミュニケーションができ困ってたことも解消されたようです。
また話の中で、子どもから親という字の由来のように遠くから見守っていてほしいと
言われた言葉で怒ることをやめたというのが印象的でした。

参加者の皆さんと共に歌う、班員による手話歌では、
「アンパンマンのマーチ」に決めた理由とこの歌詞の由来も興味深いものでした。
また、全通研のPRでは実際に全通研に入会したきっかけを班員からの生の声で呼びかけました。

これからも保育・子育て支援班での活動や全通研の行事などに
たくさんの方が参加されてより魅力あるものにできればと思います。

班員も募集中です子育てに興味ある方、一緒に活動しませんか


                                                       (保育班長 高橋 久美子)


ページの先頭へ



2014年11月29日(土) 《ちば通研学校Ⅲ-②》


ちば通研学校Ⅲの②が、千葉県青少年女性会館で開かれました。
午前の講演 「わが子に教えられて」 講師 村山 さと枝氏
息子さんのことをお話してくださいました。

小さい頃は入退院を繰り返していたが段々丈夫になってきた。
1歳ちょっと前の脳波聴力検査では、「異常なし」と言われたが、
その後、病院で検査した結果、聴こえてないことが分かった。
息子さんがトイレに入ってカギをかけてしまった時は、
「本当にきこえないと言うことは困難なことだ」と初めて知った。
千葉聾学校の幼稚部に入学し、高等部まで過ごした。
ろう学校では、キュードスピーチでの学習、
家族もキュードスピーチでコミュニケーションをしていた。
高等部卒業後、国リハに行き勉強をした。
そこで「視野がかなり狭くなっている」と言われた。
卒業後、塗装工になったが、視野が狭くなっていき、限界を感じ退職した。
平成13年つくる会が立ち上がって、平成17年かららいおん工房では
「好きなことやっていい」と言われて、今はそこに通っている。
自分の言いたいことが言える場所があるという事がとても良いと思った。
自分が全通研に入って、きこえないために起こる障害ということが
理解できるようになり、本人が決定するまで待つことができるようになった。

今は内助の功で、平日は息子さんが休日はご主人がご飯の支度をしてくれている。
そんな大人になっても進化し続ける村山家のお話は、とても感動的でした。

午後の講演 「マンガで読む手話通訳事例集から考える」 通訳班
1つの事例をもとに、通訳者の班と通訳者以外の班の2つに分けて行いました。
通訳者以外の班では、自分たちのできることは何かという事を中心に話し合いました。
ママ友を作るなど社会環境を変えていく。
通訳者の班では、通訳者として介入できる部分について話し合いました。
通訳だけで頑張るだけでなく、その場の環境を変える配慮、
設置につなげるなど社会資源を変えていく。
その2つの相乗効果があってこそ良い方向につなげるとまとまりました。


                                                       (組織部付き 橋谷田 久美子)


ページの先頭へ



2014年11月23日(日) 《全国手話研修センター後援会 学習会》


関東通研、士協会、関東ろう連の3団体で企画された「手話研修センター後援会について」でした。
渋谷にあるリフレッシュ氷川(清掃工場還元施設)での関東の取組でしたが、
施設名のようにリフレッシュされた新鮮な気分も味わえました。
内容は
①士協会会長小椋英子氏による「手話を学ぶ楽しさ」~いくつかの出会いから~
②全日ろう連理事の小椋武夫氏による「クイズ形式の新しい手話15点」
③後援会役員の小椋英子氏と東京ろう連の荒井氏による「全国手話研修センター」の事業、
あゆみ機能構想、「後援会」の役割、会員特典などのお話がありました。
参加者は40名、当日、会員になられた方も多数あったようです。
魅力ある内容に結びつけた顔の見える呼びかけとわかりやすい説明の効果でしょうか。

①忘れられないベスト3など紹介したいところですが、
ご本人の「門外不出」という言葉もありましたので、申し訳ありません。
(わざわざ足を運んで下さった方だけのご褒美ですね)
②「新しいこの手話の意味わかりますか?」一部正当がありましたが、ほとんどの方はわかりませんでした。
ということは作成する側の大変さ?と普及面の課題もありますね。
③手話研修センターはろう者だけでなく手話を学ぶ健聴者にも大事な施設です。
なくてはならない拠点です。みんなで支えていきましょう。
お忙しい中準備されたスタッフ、通訳の皆さんお疲れ様でした。
関東の力強さと優しさを感じることができました。


                                                       (会長 宇治 昌子)


ページの先頭へ



2014年11月22日(土) 《関東通研 支部代表者会議・健康対策担当者会議》


11月22日(土)10:00~12:00文京区シビックセンター区民会議室にて、
関東手話通訳問題研究会支部代表者会議が行われました。
本部理事から渡辺正夫さんも出席され、関東8支部から11名の代表者が出席し、
多くの議題と支部活動の近況報告などが話し合われました。
議題は
①関東手話通訳問題研究討論集会(1/17~18群馬)
②2016年度全国手話通訳問題研究集会in神奈川について
③関東ろう連盟との連携
④全通研アカデミー(学校Ⅲ)について
⑤全国研修センター後援会の学習会について
⑥ブロック別代議員会について等々
とくに関東支部の会員数が現時点で2864名と昨年を100名以上下回っており、
現在の関東の理事4名を維持するためには、
3001人の会員が必要であり、厳しい状況である事がわかりました。
ちなみに千葉県は過去最高の会員数359名を記録し、関東に貢献していますが、
運動体としては数が力、関東一丸となって会員拡大の取り組みが必要です。

午後からは健康対策部の代表者会議が行われました。
今回は、長崎支部で平成23年まで長年事務局長を
経験された富永君代氏をお迎えし、『いきいきと手話通訳をするために』と
題してご講演いただきその後意見交換をしました。
富永氏は長崎県の非常勤嘱託職員として
専任手話通訳者をされている時に『けいわん』を発症した経験から、
けいわんの発症から受容までの心の葛藤や、手話関係の活動休止を決意した経緯、
けいわんの症状と治療から復帰までご自身の経験を惜しみなくお話くださいました。
けいわんは誰でも発症する可能性があり
自分では気づかず周りの仲間がその変化に気づくこともあります。
毎年きちんとけいわん検診を受け、もしも体調が悪くなったら、
早めに仕事や活動を休む勇気も必要です。
そして仲間の存在が患者の支えとなり復帰を目指す力になったことなど
説得力のある内容で質疑応答も含めあっという間の3時間でした。
これからの課題としては、けいわんの相談窓口の充実と周知、
けいわんの正しい理解と啓蒙、けいわん防止のための健康管理と環境整備等。
今後も「みんなでめざそうよりよい手話通訳」のパンフレットを使っての
継続的な学習の取り組みが大切とのことでした。


                                                       (健康対策部長 米田 市子)


ページの先頭へ



2014年11月15日(土) 《ちば通研 東総地区講座》


11月15日東金市ふれあいセンターに到着。
玄関まで歩いていくと外で待たれていた男性が迎えてくれました。
案内役までされていて恐縮しました。
天井の高い広いお部屋に通されてビックリ!感激!
パソコン要約筆記、手話通訳、磁気ループがセットされていました。情報保障がバッチリ。
聞こえない方たちのニーズに合わせたきめ細かい配慮に頭が下がりました。

40人の皆さんが一生懸命聞いてくださったので、私もヒートアップして、
「手話と出会って」「手話を始めたきっかけ」「苦労したこと、楽しかったこと、思い出」
「全通研について」などテープで巻いた2本のマイクを握りしめ
日頃の思いを言葉に乗せてきました。
交流会はロビーに移動してテーブルごとに手話サークル、地域班、ろう者、
養成講座受講生とバランスよく席につき、あらかじめ準備されたタイムスケジュールに沿って
飲み物、お菓子をいただきながら楽しいひとときを過ごしました。

先頭に立って人集めをしてくださった協会員、地域班の皆さんのお話もあとで伺いました。
城西国際大学生も手話サークルに通われていました。
東金市に設置されている専任通訳者のアドバイスもあったようです。
本当に皆さん頑張っていました。力を合わせて成し遂げていくってすごいですね。
私にとっても学ぶことの多かった一日でした。
忙しい中足を運んで下さった皆さんに感謝申し上げます。
そして準備に費やし当日のおもてなしに笑顔で迎えて下さった地域の皆さんお疲れ様でした。




                                                       (会長 宇治 昌子)


ページの先頭へ



2014年11月9日(日) 《ちば通研 医療班会議》


11月9日(日)にジョナサン西千葉店にて
16時から18時まで医療班会議を開催しました。
参加者は5名でした。

内容は、
1 10月28日行われた県聴覚障害者協会、福祉対策部との打ち合わせについて
2 研究・アンケートについて
3 耳の日まつりについて
4 今後の予定(福祉対策部との協議・11/18)

次回の医療班会議は、12月7日(日)9時から12時まで、
千葉聴覚障害者センター和室にて行います。
内容は、1月の会議は当初11日に開催する予定でしたが4日に変更します。
場所は未定です。


                                                       (学習部付 渡辺 裕美)


ページの先頭へ



2014年11月8日(土) 《ちば通研学校Ⅲ 第一講座》


ちば通研学校Ⅲの第一講座が、青少年女性会館で開かれました。

午前は、千葉地方検察庁にお勤めで、かつ、ちば通研の事務局で
ご活躍の境治美氏よりお話をいただきました。
テーマは、平成21年5月から始まった「裁判員制度」についてです。
「裁判員制度」は、一般市民が、重大な刑事事件の裁判に加わって
裁判官と共に判決を出す制度です。
初めに視聴したドラマ仕立てのDVDでは、
一人の一般市民が裁判員に選ばれたケースを取り上げ、
選ばれた時のリアルな声と、裁判の様子や1つの事件の
判決が出るまでの様子が詳細に描かれていました。
もし聴覚障害者の方が裁判員に選ばれたら…?その方の手話通訳者を依頼されたら…?
皆さんもこの機会に考えてみてはいかがでしょうか。

午後は関東手話通訳問題研究会の副会長、東京支部長の相川浩一氏の講演でした。
東京都手話通訳問題研究会でご活躍された市川恵美子氏の、
生前の活動についても色々とお話をいただきました。
市川氏が長い間支部だよりに掲載していたその時々の思いは、
「視点」という冊子で発刊されています。
市川氏の「視点」に残る言葉を“羅針盤”と呼ぶ相川氏。
講演では、市川氏の意思や活動についてお話いただいたほか、
相川氏の強い志も多く語っていただきました。
「自分だけの努力ではなく仲間や社会が支えてくれることを忘れてはならない」と、相川氏。
また、「聴覚障碍者に対して支援するだけでなく、
手話学習を通して社会のあらゆる人に対して平等でなければならない」、
「いろんな部分に関わっているからこそ、
社会的弱者にも目を向けていけるのではないだろうか?」という言葉が印象的でした。
相川氏の言葉の一つ一つからは、人との出会いを大切にし、
そこから得るものを一切無駄にしていない素晴らしい生き方が、垣間見えた気がしました。


                                                       (組織部付 土門 純子)


ページの先頭へ



2014年11月1日(土)、2日(日) 《全国 第2回全国防災対策会議》


11月1日(土)、2日(日)に第2回全国防災対策会議が
福島県の郡山市民文化センターと郡山ビッグアイで行われました。

この会議は東日本大震災の継続支援と今後起こりうる災害に対する備えについて
共に協議することにより、災害救援体制を強化し、
全国の仲間と協働して取り組むことを目的として開催されました。
参加者は聴覚障害者災害対策救援中央本部のほか、全国各県の聴覚障害者協会、
手話通訳士協会、全通研から約100人余りが参加しました。
石野運営委員長より基調報告のあと、
山本おさむ氏より「原子力発電所と災害 ~福島で暮らして~」というテーマで、
自らの体験から情報の取捨選択の必要性について話がありました。

パネルディスカッションのあと二つの分科会に分かれて討議を行いました。

総括として久松事務局長より、
1 東日本大震災から学んだこと
2 原発事故問題は全国の問題
3 防災体制・救援体制の強化を図るために
ということで課題を整理して話をされ、
今後取り組むべきことが少しづつ見えてきたような気がしました。
最後に「私たちは非会員の命を守るためにもがんばること。それを信じています。
理念・信念として」という言葉に、全通研活動の基本を改めて考えさせられました。
(福島は紅葉がきれいでした)


                                                       (副会長 久保田 和子)


ページの先頭へ



2014年10月26日(日) 《ちば通研講座Ⅱ》


10月26日(日)の13:00から16:40まで、千葉聴覚障害者センター3F多目的室において、
講師として山形惠治氏(全通研理事 出版部長)を京都からお招きして、
「ろうあ者の暮らしと手話通訳制度」~手話言語法で暮らしと制度がどう変わるの?~
をテーマにして、講演をしていただきました。
当日の参加者は、31名でした。

内容は、
・障害者制度改革の流れと現状
・手話言語法制定を求める意見書の採択数74.7%への取り組みと今後のあり方
・鳥取県手話言語条例制定後の大幅な予算up、事業の拡大化
・障害者権利条約は、個人の尊厳を守り、文化的生活を他の者と平等に障害者にも保障し憲法にも則したもの
・改革の流れに合わせた、めざすべき手話通訳制度とは

また、ご自身が活動されている京都山城地域での取り組みや、
来年4月オープン予定の京都府情報提供施設が城陽市に建設中であり、
それによる波及効果などを講演いただきました。
後半3グループに分かれての交流会の中で、山城は田舎と言われながら、
地域に根差し、ろう者の多様なニーズを大切にしながら、
手話に関わる人々がひとつにまとまっている様子を知ることができました。
京都は進んでいる、うらやましいと指をくわえていましたが、
それには長い間、地道に続けてきた運動があることを忘れてはなりません。
講師の山形さんには、突然休憩のストレッチ指導までお願いしたり、
いろいろご迷惑をおかけしました。
全国集会などでお見かけし、お堅いイメージをもっていたのですが、
笑いもある楽しい講座で、気さくに話せる方だとわかりました。
もちろん、イメージどおり実直な方でもありましたが…。
講師はじめ、参加された方々、お手伝いいただいた役員の皆さん、
ありがとうございました。

                                                       (学習部付 渡辺 裕美)


ページの先頭へ



2014年10月26日(日) 《ちば通研 健康対策部よりパン学習会》


今年度2回目の「よりパン学習会」を10月26日(日)、10時から12時まで、
千葉聴覚障害者センターにて行いました。
初参加の一般会員さん2名を含め、参加者みんなで
「みんなでめざそう よりよい手話通訳」のパンフレットの読み合わせをしました。
中でも、手話通訳者の複数派遣の基準や、交代時間について、
日頃矛盾に感じていることなど活発な意見がでました。
通訳するということは、頭の中で言語野、視覚野、運動野などを駆し、
情報の高速処理を行う作業です。
集中力による身体的.精神的疲労は外国語通訳以上のものがあります。
手話通訳現場での、交代時間や休憩の仕方など、これまでの固定観念にとらわれず、
改めて科学的根拠に基づいた検証をすべきではないかという意見も飛び交いました。
通訳現場の作業一つ一つを検証し、生身の人間としての手話通訳のあり方について
理論的に整理することを今後の学習課題として、次回の学習会に繋げたいと思います。
次回も一般会員さんの参加をお待ちしています(*^_^*)

                                                       (健康対策部長 米田 市子)


ページの先頭へ



2014年10月25日(土) 《ちば通研学校Ⅱ 第二講座》


「ちば通研学校Ⅱの②」が10月25日(土)に行われました。
今回は参加者の人数上の都合により、時間帯を変更して行いました。
前半は渡辺正夫氏より、最初は視覚障害者のための点字新聞「点字毎日」の紹介がありました。
大正11年から続いている、共生の懸け橋、視覚障害者と社会とを結ぶ役割になる新聞です。
毎日新聞本紙を点字化したものではなく、視覚障害者のために独自に取材・編集しているそうです。
採算が合わない新聞の刊行に、はじめは反対する声も多かったようですが、
大阪毎日新聞社社長・本山彦一氏の一言で実現に至ったそうです。
視覚障害者が自ら情報を取得できる大切な情報媒体です。
この影響の一つとして、3年後の1925年には点字投票が認められました。
環境が大きく変化する中、点字毎日は新たな事業展開、
媒体の拡充などを行いながら、創刊の理念や志を今も脈々と受け継いでいます。
そして、日本聴力障害者新聞もまた、こちらもろうあ者に対する社会の理解を広める事、
ろうあ者に対し情報を提供する事が目的で作られています。
また、研究誌についてのお話もありました。
最近印刷会社が変わったこと、皆さんお気づきでしょうか。
新日本プロセスからきかんしコムという会社に変わりました。


後半の講演では、渡辺裕美氏よりたくさんのゲームなどの内容を紹介していただきました。
ストレッチから始まり、単語の記憶や、「口」に2画足してできる漢字を考えるゲーム。
パズルのように図形を組み合わせる中で、コミュニケーションの大切さに気づかされるゲーム。
皆で輪になって歌に合わせて手拍子やひざをたたいてリズムを刻むんだり、
胸の前で片腕を伸ばしてグー、パーを繰り返したり…。
単純だけど、意外と難しく、体も頭もほぐれる数多くのゲームを皆で行いました。
一人一人から自然と笑顔が生まれ、和やかな会になりました。


                                                       (組織部付 土門 純子)


ページの先頭へ



2014年10月19日(日) 《千葉県 秋穫祭》


10月19日(日)、千葉県ろう重複障害者施設をつくる会主催の
秋穫祭を秋空の下で開催しました。

今回、新たな試みが2点ありました。
①会場を千葉県の聴覚障害者の拠点である
「千葉聴覚障害者センター」にプラスして、
皆様の支援をいただき設立しましたらいおんぐるーぷ4か所のうち
「らいおん工房」と「らいおん千葉」の2か所を見学先として
「スタンプラリー」に加えて頂き、見学していただきました。
②「クーポン」100円券を10枚で千円のところ、900円で販売し、
来場者のお得な方法を試みました。

来年の課題としては販売の工夫が必要です。
「らいおん工房」「らいおん千葉」は土・日は普段休みですが、
今回初めて日曜日にお客様を迎えて、仲間も職員も大勢の来訪に
「嬉しかった」との報告をいただきました。


                                                       (つくる会 飯泉 よし江)


ページの先頭へ



2014年10月9日(木) 《ちば通研 松戸班学習会》


10月9日(木)の夜、松戸駅近くの市民会館にいました。
前夜の皆既月食赤い月を求め壮大な夢と
ロマンに魅せられた方も大勢いたかと思います。
それにはとても追いつかないけれど、
せめて全通研の夢と魅力を語りたいという思いだけで
メッセンジャーを務めさせていただきました。
松戸地域班からは「全通研、ちば通研とは・
活動を細く長く?太く長く?続けるコツ・
家庭と仕事、活動のバランスをどのようにとりながら継続していったらいいのか・
地域とどうつながっていけばいいのか」のヒントをというお話でした。
逆に会員さんからもヒントをいただきながら
笑顔満開の雰囲気も心地良く元気をもらうことができました。

場所を移しての交流会は皆さん一人一人が
遠慮のない会話を楽しんでいて、
「ああ、いいな」って思いました。
特に同席した医療班長の坂本先生の存在は大きかったです。
班長さんはじめ皆さんのあたたかいおもてなしの心に触れて、
改めて地域班の良さを感じることもできました。

ちば通研過去最高会員数356名を皆さんと共に喜びあい
拍手もいただきました。
ありがとうございました。


                                                       (会長 宇治 昌子)


ページの先頭へ



2014年10月4(土)、5日(日) 《全通研 支部長会議》


台風の動きが気になる10月4日(土)5日(日)リニューアルされた
全国手話研修センターにて全通研支部長会議が開かれました。

全国の支部代表者47名と32名の本部理事が集い、語らい、
情報報告に耳を傾けた実のある2日間でした。
「障害者福祉制度の現状と課題」、「手話通訳制度のあり方」の報告を受けてグループワークショップ。
鼎談「40年のあゆみとこれから~発展し続ける全通研」では石川会長、
渡辺副会長、近藤副会長が浅井事務所長の司会で思いを語ってくれました。
500円で販売された創立40周年記念誌のひとコマが
生で飛び出したような打ち合わせなしの自由な時間がとても贅沢に感じました。
生涯会員を約束されていました。
「育ちあい」「手話の世界に民主主義を」「あきらめない」が耳に残っています。
全通研長期ビジョン2024の報告後、交流会で大いに盛り上がりました。

2日目は課題別①地域の制度や取り組み②組織拡大と後進人材育成
③手話通訳者の身分保障や働き方、健康問題④学習、事業活動について討議されました。
いつでも熱く語りあう少年少女のような柔らかい心と優しさを持った魅力ある全通研の仲間と
再会できたことで又地域活動に頑張る気持が更に深まりました。
補足ですが研修センター内のコーヒー、サラダ食べ放題のランチは全通研会員、
研修センター後援会会員は1割引きでお得でした。美味しかったです。お勧めします。
一番の収穫は、ちば通研会員目標達成、過去最高数突破の報告ができ、
拍手で共に喜んでいただけたことです。皆さんのおかげです。

会議の合間に、ちょっと骨休み。嵯峨嵐山を散策しました。



                                                       (会長 宇治 昌子)


ページの先頭へ



2014年10月5日(日) 《ちば通研 医療班会議》


ちば通研の医療班会議が10月5日(日)午後1時~4時半、
千葉聴覚障害者センター3階多目的室(小)で行われました。 参加者は7名でした。
話し合ったことは、
1 10月10日福祉対策部との会議内容について
2 研究・アンケートについて
3 手話を考えるフォーラム感想・反省
4 耳の日まつりについて
でした。
次回の医療班会議は、11月9日(日)、
千葉聴覚障害者センター後援会事業の「フラメンコ」後の16時から
千葉都市モノレールの作草部駅近くの「ジョナサン」で開催します。


                                                       (学習部付き 渡辺 裕美)


ページの先頭へ



2014年9月30日(火) 《ちば通研 会員目標数を突破》


ちば通研の皆さん、やりましたよ。9月末現在、会員数が355人になりました。
永年の目標数であった350人を突破することができました。
それも、嬉しいことに過去最高数も突破してしまいました。
過去最高数は私の記憶では確か、千葉県で夏集会を開催した《1982(昭和57)年》ときに
353人を記録したのではないかと思います。
ですから、実に32年ぶりの快挙となります。
355人の会員数に達したのも、役員をはじめ、地域班の代表の方々が
地道に継続会員の確認をしてくれたお陰と思って居ります。
おそらく各地域班とも継続者を90%以上にしてくれれば、
毎年、目標数は達成できることになります。
本当に皆さんのご協力の下に目標数を達成できたこと、
皆さんとともに一緒に喜び合いたいと思います。
まだ、半年あります。今年は40周年記念のときです。
会員証も記念のデザイン、そして会員誰にでも配布してくれるクリアファイルがあります。
このチャンスを逃がさないことですよね。
とにかく、皆で万歳です。おめでとうございます。


10月14日(火)に追記しました。
その後、本部事務所に尋ねたところ、
1982(昭和57)年に千葉県で開催した夏集会の時、350人を数えました。
その後、100人台で推移し、1991(平成3)年に200人、
そして、1997(平成9)年に300人になりました。
そして次の年の1998(平成10)年に353人という数を達成しました。
これが過去最高数となりました。
そして、15年間ほど300人から340人を行ったり来たりしておりました。
しかしながら9月末現在、15年ぶりに350人を突破し、
355人という会員数を達成したのです。


                                                       (組織部長 渡辺 正夫)


ページの先頭へ



2014年9月28日(日) 《ちば通研 学校Ⅱ 第一講座》


「ちば通研学校Ⅱ」が9月28日(日)、
千葉聴覚障害者センター2階会議室にて開かれました。
午前は、医療班の班長である坂本氏の講演でした。
以前、成田日赤病院で産婦人科の医師としてご活躍され、
鹿児島の沖永良部島での医療活動に専念された経験をもとに、
聞こえない人が医療現場でどんな困り感を抱えているのか、
また、それらに対する周囲の理解度について語られました。
病気になった時の病院への連絡の仕方、ナースコールの活用の仕方、
難しい医学的用語が含まれる問診票など、
医療現場においては聴覚障害者が不自由に思う場面が数多くあります。
産婦人科医として幾度のお産に携わってきた坂本氏だからこそ、
知りうるお話しも多く、大変貴重な時間でした。

午後は、全通研理事、東京支部の役員である原田氏の講演でした。
「通訳現場での服装・身なりについて」、「連携・チームワークについて」という
2つのテーマでグループ討議を行い、それを発表する参加型の講演会でした。
参加者の皆さんは、それぞれ意見を言い合い、共感したり、
反対の意見を主張したりととても活発な討論が見られました。
他にも、原田氏ご自身の成功体験や失敗談を織り交ぜながらお話いただき、
事例学習の必要性を感じる事が出来ました。

講演の合間には、みんなでストレッチをして、体も心もリフレッシュしました。

                                                       (組織部付 土門 純子)


ページの先頭へ



2014年9月27日(土) 《関東通研 連絡会・出版等に関わる担当者会議》


2014年9月27日(土) 10時~12時 文京区男女平等センター研修室Dに於いて、
関東通研支部代表者会議が、8支部より11名で開かれました。
千葉からは、境・渡辺が参加しました。
議題は、①福島集会の反省、②全国集会の2016年8月開催県の確認、
③関東通研集会の分科会司会者の確認、④関東ろう連盟との合同会議、
⑤手話研修センター後援会の学習会(11月23日(日)リフレッシュ氷川で80人)、
⑥手話言語法の取り組み、⑦ブロック交付金の確認、⑧会員数の確認(3001人へ取り組み)、
⑨各支部からの報告など盛りだくさんの内容でした。
次回11月22日(土)代表者会議、午後の協議は本部から講師を派遣してもらって
健康問題についての学習会を開催する予定です。


2014年9月27日(土) 13時~15時 文京区男女平等センター研修室Dに於いて、
関東通研出版等に関わる担当者会議が、8支部14名で開かれました。
千葉からは、井村・渡辺が参加しました。
各支部から書籍に関する会計の方法、支部で発行している書籍等、
原資をどうしているのかなどの情報交換をしました。
各支部が工夫を凝らして作成している書籍やDVDなどをもっと会員に知らしていくため
一覧表を作成していくことになりました。
また、最近、書籍の販売が落ちていることが話題になりました。
どこの支部でも理論となるとどうしても敬遠する人が多く、
漫画にして読みやすくしたらどうかなどの意見も出されました。
研究誌の活用については、神奈川や東京では、
必ず研究誌を教材にした学習会を開催していることが報告されました。
ハガキやクロスワードを作成するなどして親しみやすくしていくなどのアイデアが出されました。
各支部とも工夫して書籍販売をしていることがわかりました。

                                                       (組織部長 渡辺 正夫)


ページの先頭へ



2014年9月27日(土) 《健康対策部・通訳班 合同講演会》


2014年9月27日(土)10時より、千葉県聴覚障害者センター2階和室にて、
ちば通研会長宇治さんを講師に招き、「手話に関わる人に出会って」というタイトルで、
健康対策部・通訳班合同講演会が開かれました。
その内容は、出会った人たちと、その人たちに対する強く印象に残ったことを話しながら、
逆に参加者へ、今まで出会った影響を受けた人達についての事も聞き出し、
それぞれがいろいろ影響を受けた”言葉”や”人”などがあるという事は、
色々な”人”や”事”とつながっていることであり、
つまり一人一人は”社会へ無関心”ではいられなく、”仲間”がいることの大切さ。
そしてその仲間が全通研であり、ちば通研である事を確認しながら、講演は終了しました。

                                                       (通訳班長 田村 文美)


ページの先頭へ



2014年9月6日(土)、7日(日) 《千葉県 手話を考えるフォーラム》


手話を考えるフォーラムに参加して
「第14回手話を考えるフォーラム2014in八千代市」が9月6,7日に東京成徳大学で開催されました。


今年は『めざそう、つなごう、手話と権利擁護!』とメインテーマを掲げ、
参加者255名は4つの分科会に分かれて、どこの分科会も熱い討論が繰り広げられていました。
ちば通研は第4分科会「医療」の司会を石山さんが担当し、「受ける権利・知る権利・伝える権利、活かせているの?」
というテーマで昨年から引き続き、自分らしい生き方、人生の終わり方を考えるということで、
助言者の現場での貴重な体験の話を聞き、やはり手話のできるヘルパーは絶対に必要だよねというという話がありました。
休憩時間を利用して健康対策部メンバーがストレッチの指導を行い、リフレッシュしてまた討論を再開していました。

全体会は全日本ろうあ連盟副理事長の小中栄一氏の講演「手話通訳事業の新しい制度のあり方」を聞くことができました。
最後に、主催団体の千葉県聴覚障害者協会の植野理事長、協力団体からちば通研は宇治会長、
千葉県手話サークル連絡会は岩渕会長が挨拶がありました。
1日目2日目と温度差は10度もあったというのに会場の中は2日とも、
30度を超すのではないかと思われるほど熱気に包まれていました。


                                                       (副会長 久保田 和子)


ページの先頭へ



2014年9月7日(日) 《ちば通研 医療班会議》


手話を考えるフォーラム会場において、昼休みを利用して会議をしました。
今回のフォーラムへは、医療班からの参加者が少なかったこともあり、簡単な打ち合わせ程度の話し合いでした。
・今後の予定の見直し
 10月5日 午後1時半~
 11月9日 午後4時頃~(センターでフラメンコのイベントがある為)
 会場はセンターに申請する。
・フォーラム第4分科会について
 例年より、参加者が多かったので、ろう者の貴重な意見も聞けた。
 エンディングノートに興味があって参加した人や、養成講座押印のための参加者も少なくなかった。


                                                       (学習部付き 渡辺 裕美)


ページの先頭へ



2014年8月31日(日) 《ちば通研 地域班会議》


2014年8月31日(日)千葉県青少年女性会館2階多目的室において、第2回地域班会議が開催されました。
当初は9月の最初の日曜日が開催日でしたが、
今回、手話を考えるフォーラムと重なったため、1週間早めて開催しました。
19地域班、23人と役員5人が集まりました。
会議の冒頭、8月末現在、会員が348人になったことがわかりました。目標数の350人にあと2人となりました。
地域班が粘り強く会員に声をかけてくれた成果だと思います。何とか目標数を超えるため、
まだ会費を治めていない人に確認をとるようにしました。
また、ちば通研学校ⅡとⅢについては、経験年数の制限がありましたが、
「経験年数にかかわらず参加出来ないか」との地域班からの要望がありました。
その声を受けて午後からの役員会で協議した結果、ⅡとⅢについては
会員であれば参加ができることとしました。
次に災害時の緊急連絡についてです。地域班の連絡先の携帯電話に、
支部事務所のパソコンからメールを発信しました。
まだ、完全に連絡ができる状態ではないことがわかりました。
その点を修正して12月には再度、安否確認の訓練を実施することを提案する予定となりました。
各地域班でも班員に連絡する方法を確認してもらうことにしました。
また、地域班から選出する役員についても意見交換をしました。12月に再度、話し合うことになりました。
大勢の参加者で議論や情報交換ができました。次回は、12月7日(日)を予定しています。


                                                       (組織部長 渡辺 正夫)


ページの先頭へ



2014年8月30日(土) 《ちば通研 印西班学習会》


8月30日(土)、印西班の学習会が印西市立中央駅前地域交流館で18:30から開催されました。
「ろう教育の歴史に触れながら今のろう学校について学ぼう」と題し、ろう教育担当の私と
ちば通研の元役員である上條文裕氏が講師としてお話をしました。
当日は、20名程度の参加者に集まっていただきました。
最初に上條氏の方から、今までのろう教育の歴史や、ろう学校で取り入れてきた教育の在り方についてお話しいただき、
次いで私の方からは現在のろう学校の様子や教育方針について説明をしました。
途中途中、参加者からは積極的に質問が出て、全員参加型の学習会になりました。
「キュードスピーチってなに?」、「音楽の授業はあるの?何を教えているの?」、「就職や進学の状況は?」など、
様々な質問が数多く挙げられ、参加者の皆さんの学習に対する熱意が伝わってきました。
ろう学校のことについて知ってもらうことで、様々な角度から聴覚障害者や
手話に対する理解を少しでも深めていただけたらなと思いました。


                                                       (ろう教育担当 土門 純子)


ページの先頭へ



2014年8月24日(日) 《ちば通研 総武地区 地区講座》


8月24日(日)、市川市公民館で13時30分から総武地区の地区講座が開催されました。
組織部長である私が講師となり、学習会をしました。
当日は、地元市川班、八千代班、船橋班から総勢で14人の方々に参加いただきました。
未会員の人が3人参加してくれました。
この市川市で総武ブロックの地区講座が開催されるのは、実は2年ぶりとなりました。
私も久しぶりに市川市に招かれました。以前、会場としていたところは、
京成八幡駅に近い会場で開催したことが多かったように思います。
今回の会場は私としては初めてでした。駅から近いので大変便利なところでした。
映写の準備をしてもらい、映像と資料の2つを使って
「全通研創立40周年を迎えて」というテーマでお話しをさせていただきました。
中味はお願い運動から権利獲得運動へ転換したろう運動についてお話しをさせていただきました。
このろう運動とともに発展し、発足したのが全通研なのです。そのことを再度、確認してもらったわけです。
一人一人に3・3声明についての感想を頂きました。
手前味噌になってしまいますが、少ない人数でしたが、それなりに学習できたのではないかと思っています。
創立40周年ですが、40周年を記念して様々な会員プレゼントがあります。
また、1冊500円の40周年記念誌もあります。ぜひ、会員となってこれらを手に入れてほしいと思っています。


                                                       (組織部長 渡辺 正夫)


ページの先頭へ



2014年8月16日(土) 《ちば通研 健康対策部+通訳班合同会議》


8月16日(土)、千葉聴覚障害者センターの2階会議室にて、健康対策部と通訳班の合同会議が行われました。
開催日がおり悪く、お盆とかさなりましたが、健康対策部から2名、通訳班からは 9名、そしてこの日は、見学者2名も加わり、
夏の茹だる様な暑さにもかかわらず、大勢のメンバーが参加し、熱い議論がなされました。
この日は、ちば通研学校Ⅲの1コマを通訳班が担当するので、その内容を 皆で協議しました。
内容は参加してからのお楽しみと言うことで詳しくは言えませんが、
方向性としては 通訳者でない人も参加して、楽しめる内容にしていきたいということで決まりました。
元々、全通研自体、通訳者でない人や通訳者を目指さない人たちでも入れる組織であり、
また、専門班である通訳班も、専門職集団班ではなく、通訳について専門に考える班なので、誰でも入れるのです。
この日は、会議のあと納涼会も予定していたので、参加できた人はこの後も 2時間わいわいがやがや 楽しみました。


                                                       (通訳班長 田村 文美)


ページの先頭へ



2014年8月8日(金)~10日(日) 《全国 第47回全国手話通訳問題研究集会inふくしま》


第47回全国手話通訳問題研究集会が、福島県郡山市で8月8日(金)から10日(日)までの
3日間、雨の降る中、開催されました。

初日の開会式は、郡山駅から歩いて15分ほどの郡山市民文化センターで行われました。

開会式に続き、行政説明で厚労省の鈴木専門官からお話があったあと
いよいよお待ちかねの大和田新さんの記念講演が始まりました。
その後、郡山ビューホテルアネックスで午後6時から400人を超える人たちで
全通研創立40周年記念式典を30分間、行いました。

40年間継続して会員であった人たちの表彰式がありました。
そして、その式典後にすぐ、交流会が始まりました。

2日目は会場を「ビッグパレットふくしま」に変えて開かれました。
皆さんご存じの通り、この場所は東日本大震災のときに避難所となったところです。
会場の横には、仮設の家がまだ多く建てられていて、
避難所生活を余儀なくされている方々が大勢居ます。
3年5か月もたった今日でも今だに復興がされていない現実を目の当たりにしました。

6つに分かれて講座が始まりました。第1講座は400人以上の申込がありましたが、
150人弱の人に絞って被災地を見学しました。
40周年記念のグッズとして千葉県からは缶バッチとピーナッツで作った「ぴーちゃん」ホルダーを
千葉県から参加した36人も販売のお手伝いをしながら、皆さんに買ってもらいました。

3日目は、いよいよ閉会式です。郡山のマスコットである「がくとくん」と「おんぷさん」も参加し
大いに盛り上がりました。
24年間続けてきた頸肩腕症候群の検診を、この福島で区切りとしました。
これまでのまとめを垰田和史先生からお話し頂きました。
また、高松裁判の報告を池川洋子さんご自身からお話を頂きました。

さあ、いよいよフィナーレです。福島県の次は三重県の開催です。
お互いの記念品を交換し合って、無事に引継ぎがされました。
最後に実行委員長の吉田さんから、1308人の参加者があって無事終了できるとお礼の報告がありました。
台風11号の影響が心配される中、無事、3日間の集会を終えました。

                                                       (組織部長 渡辺 正夫)


ページの先頭へ



2014年8月3日(日) 9:30-12:30 《ちば通研 役員会》


ちば通研の役員会が、西では台風の影響で大雨、東では真夏日の中の8月3日(日)、
午前9時半から千葉聴覚障害者センター2階和室で8人の参加の下に行われました。
主な議題は、会員拡大について、ちば通研集会のまとめ、関東代表者会議の報告、
手話を考えるフォーラム、ちば通研講座Ⅱ、全国手話研修センター後援会、各部班からの報告でした。
会員数については、7月末現在、昨年度と同じ334人となりました。
継続者の確認と新規会員の開拓を行うことで、何とか350人の目標数を上回りたいものです。
また、ちば通研集会のまとめでは、もっと参加者が増えるような魅力ある内容にしていくには
どうしたらよいかについて、協議が行われました。
さらに、ちば通研講座Ⅱについてですが、参加者を増やすことについて協議が集中しました。
その一つの方法として、この講座を押印対象にすることにしました。
手続をどのようにするのかなど具体的なことを協議しました。
ちば通研は、「全員主役、全員集合、全員笑顔」を大事にこれからも歩みます。


ちば通研では、福島集会で千葉名産のピーナツで製作した『楽っしい「ぴーちゃん」』を販売します。
皆様、応援よろしくお願いします。

                                                       (組織部長 渡辺 正夫)


ページの先頭へ



2014年7月27日(日) 10:00-16:00 《第8回 ちば通研集会》


皆様、暑い中、ちば通研集会に30人の多くの方にご参加いただきありがとうございました。
平成26年7月27日(日)に千葉県青少年女性会館にてちば通研集会を開催しました。
この集会も今年で8回目を迎えました。

来年度より全国集会の形式が変わります。講義と分科会が並行して開催されます。
夏にふさわしく暑~い討論をしたい方は分科会へ、講師の話を聞いて学習したいという方は
講座の方へ参加ができるようになりました。
その分科会で討論をするにあたり、関東からのレポートが
西日本や北海道などに比べて少ないとのご意見もあるようです。
ちば通研集会⇒関東集会⇒夏集会へと皆様の貴重なご意見や討論を重ねながら、
レポートを作り、集会の分科会の討論へと繋げていけたらと考えています。

今年のちば通研集会の分科会報告です。
第1「入門」 参加人数 9 人
・ちば通研講座の参加者がいるので、話が重複しないように
「何について聞きたいのか?」などを含めて自己紹介を行った。
手話言語法についても分かりやすく和やかな感じで話が聞けた。
全通研も今年40周年を迎え、昭和42年、43年の出来事や
滋賀県で起きている頸肩腕症候群の話を聞きました。

第2「通訳」 参加人数 7人
・「聴覚障害者って何だろう?」「聞こえることってすごいよね
」聞こえるだけで自然に情報が入る。
情報障害って何?コミュニケーション障害とは違う。
聞こえない人に手話をつけても…その人がわからなければ、情報保障にはならない。
社会モデルって、手話が通じること。
お店や場所の連絡先にTELだけでなくFAXも必要とかを知ること。
まずは聞こえる人に働きかけよう、参加者がわかる手話じゃないと伝わらない。
また難しい言葉ではなく分かりやすい言葉で話をしてもらう。
こちら側がやり過ぎない程度でやることも大切だと思った。

第3「福祉」 参加人数 10人
・千葉には「安心ケアセンター」がある。
午前中は、地域包括支援センターにいる講師 石橋大輔氏を迎えて、
資料を使って「地域包括支援センター」についての説明をしてもらった。
知らないこともあり、勉強になった。
午後は司会の石山さんの「成年後見人」の仕事について事例を出して話を聞いた。
成年後見人制度について、担当者が聞こえない人のことがわかった上で対応できると良いと感じた。

第4「労働」 参加人数 4人
・少人数だったが、とても有意義な時間を過ごせて楽しかった。
労働について千葉の就業支援の学習をした。
国(県)の事業である「障害者就業・生活支援センター」が現在県内に16か所設置してある。
仕事や職場のコミュニケーションなどで悩んだ時には、
設置通訳や相談員などと一緒に支援センターを利用し、
支援センターの人に聞こえないという障害をまず理解してもらうこと。
それから仕事についての支援をしてもらうことが大切なのだと思った。

総括
・人数が少ない中で有意義で濃い話ができたと思う。
今年の夏集会は福島です。福島に行かないと手に入らない記念グッズなどがあります。
当日参加もできますので、ぜひ、福島を応援する意味でたくさんの方々に参加していただきたい。

                                                       (保育・子育て支援班 高橋 久美子)


ページの先頭へ



2014年7月26日(土) 13:30-15:30 《ちば通研 八千代班学習会》


平成26年7月26日(土)、八千代班学習会に講師として参加しました。
「聴覚障害者と労働~労働班の活動から学んだこと、気づいたこと~」のテーマで
労働班の活動についての内容を中心にお話しさせて頂きました。
暑い午後からの学習会でしたが、聞こえない方5名を含む25名の方に
ご参加頂きました。
千葉県の就労や支援の状況等、駆け足でのお話になりましたが、
これをきっかけに一人でも多くの方に「聞こえない人が働くということ」について
関心を持っていただくきっかけになればいいなぁ・・と思います。

一人ひとりのケースに対応することは難しくても、仲間で(団体で)取り組んでこそ
力になる・・・ということもあります。
参加された方からご意見なども頂き、私も勉強になった一日でした。

参加していただいた皆さん、八千代班の皆さん、ありがとうございました。


                                                       (労働班長 枌 純子)


ページの先頭へ



2014年7月26日(土) 10:00-16:00 《関東ブロック 代表者会議・組織担当者会議》


平成26年7月26日(土)、10時~12時まで文京区アカデミー茗台7階学習室に於いて、
関東通研支部代表者会議が、8支部より18名で開かれました。
千葉からは、渡辺・境・橋谷田が参加しました。

議題は、①福島集会の参加人数の確認②関東通研集会の分科会についての確認
③月次会員数の報告④関東ろう連盟との会議報告⑤2016年の夏集会、神奈川での開催について
⑥研修センターの後援会のお願い⑦各支部からの報告など盛りだくさんの内容でした。
次回9月27日(土)代表者会議は、午後の協議は売れる出版物・
在庫のさばき方などの情報交換をすることになりました。
また、11月22日(土)会場は未定ですが、代表者会議の午後もは健康問題について協議する予定です。

平成26年7月26日(土)、13時~16時まで同じ会場に於いて、
関東通研組織担当者会議が、8支部19名で開かれました。
千葉からは、渡辺・橋谷田が参加しました。
本部理事 窪田麗子氏から全国の会員数の推移や継続状況などの資料をもとにご講演いただきました。

会員拡大については、地域班の役割は大きいことが話されました。
また、組織部があらゆる部と連携をとりながら運営して、
みんなを巻き込んで元気にさせることが大切であると話されていました。
その後各支部からは、会員拡大に向けて地道に努力をしている状況等の報告がありました。
今日の会議を経て、組織的に情報の共有をし、横のつながりを大切にしていくことで組織が活性化され、
それが会員拡大に結び付いていくように感じました。


                                                       (組織部付き 橋谷田 久美子)


ページの先頭へ



2014年7月13日(日) 10:00-15:30 《ちば通研学校Ⅰ 第二講座》


新企画、「ちば通研学校Ⅰ」第二講座が7月13日(日)に
千葉聴覚障害者センター2階会議室で8人の参加の下に開かれました。
米田市子氏の講演では、主に頸肩腕障害(けいわん)についてお話いていただきました。
頸肩腕障害の定義をはじめ、原因、手話通訳を行うことで起こる身体的負担(筋肉疲労)や
中枢神経への負担(脳疲労)の具体的な説明がありました。
「その人だけの問題ではなく、社会全体にきちんと訴えていかなければならない問題」
という言葉には、共感し頷く参加者が多くいたように思います。
「仕事のストレスや、聞こえない人とのコミュニケーション上の悩みを抱えた人たちの、
心の健康を考えてほしい」、「周囲の人の心の健康のために話をじっくり聞く姿勢、
そのような仲間づくりを大切にしてほしい」という言葉が印象的でした。

また、渡辺正夫氏からは全通研活動について詳しく説明していただきました。
3代目会長の挨拶のVTRから始まり、初めての手話サークルの設立「みみずく」のことに遡り、
手話・手話通訳の要望のきっかけになったことや、
全通研の結成までの歴史、各部局・各ブロックの紹介を丁寧にしていただきました。
全国の仲間287名でスタートした全通研。現在では1万人を超えています。
今年設立40周年を迎え、8月8日には福島集会の交流会で記念式典が開催されます。
仲間同士で、研究集会や学習会で顔を合わせて話をすることで良さを実感することができます。
これからも仲間を増やしてほしいですね。

午後は、米田氏から肩回しや胸伸ばしのストレッチを紹介していただき、皆でやってみました。


そして質問コーナーを設け、ふだん疑問に感じていることを皆で話してみました。
「全通研は敷居が高いイメージ…」、「問題研究会って名前が難しそう…」などの意見に、
「根っこは暮らしと制度の問題。それぞれの言語や文化を考えていきたい
という思いからこのような名称になった。
決して通訳者だけの団体ではないですよ。」「ちば通研だよりに、行事の報告だけでなく、
活動内容の紹介をしていければいいですね。」などと、
自由で今後の活動にとっても貴重な意見も多く出されました。
他にも、ちば通研講座のことや、手話の上達方法、
ろう教育・学校について皆で話を深めることができました。

                                                       (組織部付き 土門 純子)


ページの先頭へ



2014年7月6日(日) 10:00-15:30 《ちば通研学校Ⅰ 第一講座》


新企画、「ちば通研学校Ⅰ」第一講座が7月6日(日)に
千葉聴覚障害者センター2階会議室で25人の参加の下に開かれました。
講師の宇治昌子氏の講話では、全通研やちば通研の説明をはじめ、
ご本人が活動を通し学んできたことをお話ししていただきました。
「みんなで支えて支え合って、楽しんで楽しませ、良い会にしていきたい」、
「飛び込んでみないと何も始まりません。
迷っているならぜひ扉を開きましょう」という言葉に
背中を押された方も多かったのではないでしょうか。

講師の飯泉よし江氏からは、「ろう者の生活支援」についてです。
ろう者にとって生きやすい社会にするために、私たちができることは何か。
ろう者の間にすれ違いが起きた場合、それをいつどうやって伝えるかは難しいことですが、
その人のために言いにくいことも言う勇気を持つことは、
きっと大切であり、それが『一歩』になるとお話していただきました。

午後の講演では、講師の田村貴子氏から、ご自身の手話通訳者としての経験や、
手話や通訳者、聴覚障害者の歴史についてお話ししていただきました。
特に印象的だったのは、田村氏が繰り返し発する『共感』という言葉。
通訳者は、「社会活動家」、「生活と権利を守る協力者であり、援助者」であることを自覚しながら、
自分に言い聞かせながら通訳してきたという田村氏。
「高い技術だけ持っていても伝わるとは限らない。誰にでも伝わるよう考えながら、
『コミュニケーション力』をもって伝えていかなければならない。
『共生』、『共存』、そして『共感』を意識し、
同じ土俵でコミュニケーションをつなぐことを大切にしたい」と語ってくれました。

                                                       (組織部付き 土門 純子)


ページの先頭へ



2014年7月2日(水) 《千葉県 共同生活援助施設らいおんホームそが開所式》


7月2日(水)「らいおんホームそが」の開所式にちば通研の代表として招かれました。
ホームの駐車場、玄関の前あたりで粛々と式典が行われました。
植野理事長挨拶のあと千葉市長代理千葉市高齢障害部障害企画課長根岸様、千葉市中央区蘇我町内会長代理副会長畑様、
千葉県ろう重複障害者施設をつくる会理事長代理副理事長藤田様より祝辞がありました。
植野理事長、根岸課長、畑副会長がハサミを持ちテープカットされた瞬間大きな拍手に包まれました。
雨の多い日が続いていましたが、陽射しが眩しいほどの晴天に恵まれました。
ご近所の理解があってこそのホームですが、町内副会長さんの笑顔とユーモアに富んだスピーチを伺って
幸先のよいお付き合いを感じることができました。
新芽まつり、収穫祭などでお目にかかる藤田先生も感慨深い様子でとても喜んでいました。
植野理事長の案内でホームの中を見学、ホームが建設されるまでのビデオも拝見しました。
定員10名、全室にスプリングクラーが設置されるなど、聞こえないことに配慮され
安心、安全と快適な暮らしが想像できました。
手話で通じ合える環境と電光やモニターが設置されるなど工夫も見られました。
近くを流れる川、桜の木、紫陽花も自然との調和に一役かっていました。
来年の桜が楽しみですね。
らいおんグループにケアホームが加わりました。
夢を叶えてくれるセンターの実行力にも敬意を表したいと思います。
その夢をもっと充実していくための支援をちば通研も続けていきたいと思っています。
日頃、街頭カンパなど頑張っていただきありがとうございます。

                                                       (会長 宇治 昌子)


ページの先頭へ



2014年6月28日(土)13:00-17:30 6月29日(日) 9:30-15:00 《全通研 全通研学校Ⅱ 札幌会場》


6月28日(土)、29日(日)に札幌市生涯学習センター「ちえりあ」2階大研修室で全通研学校Ⅱが開催されました。
一日目は、午後から「手話通訳者の健康問題」 広瀬俊雄氏と
「権利条約批准・新しい制度と私たちのくらし」 薗部英夫氏からお話をいただきました。
広瀬先生からは、手話通訳をするにはそれなりの基礎体力が必要であること、検診では、仕事を必ず聞いているとお話がありました。
労災などでは、この仕事を聞くことが病気を治すことやその職場の環境を改善することに繋がるとのことでした


薗部氏からは、国が障害者権利条約を批准したのだから国に対して、制度が遅れているのであれば訴えていくことが大切であること。
また、全通研の応援の歌を披露してもらい大変心強く感じました。


二日目は、渡辺が「全通研法人化と今後の運動への展開」と題して話をしました。
中心に話をしたのは、3.3声明のことでした。

久しぶりの札幌は、天候にも恵まれとても良い天気でした。
私は、学習会の合間を縫って、サッポロビール園、大通公園、時計台、北海道道庁などを見てきました。
久しぶりに、見学ができたので、リフレッシュして鎌ケ谷に戻ってきました。

今年の全通研学校Ⅱは、このあと静岡と岡山で開催します。これで全通研学校Ⅱシリーズは完了です。
2015年度からは、新しい形で全通研学校Ⅲが開催される予定です。どうぞ、お楽しみに。


                                                       (組織部長 渡辺 正夫)


ページの先頭へ



2014年6月21日(土)10:00-12:00 《福祉対策班 学習会》


去る6月21日(土)10時より、センターの学習室において福祉対策班の学習会を開催しました。
学習会の内容は、センター介護事業担当の長谷川智恵子氏を招いて
「聴覚障害者に対する訪問介護を行った際に困ったこと」というタイトルで講演をして頂きました。
参加者は、福祉対策班員を含めて10名でしたが、長谷川さんの魅力ある講演内容と
講演後の質疑応答に盛り上がり、充実した時間を過ごすことができました。
講演は、センターの介護事業の歩みに始まり、長谷川さんご自身がヘルパーの経験をとおしてのお話しでした。
沢山の興味深いエピソードの中で、最も印象に残った言葉は、
「身体介護や家事援助も大切だが、利用者はコミュニケーションを求めている。
ヘルパーの仕事は、介護+情報提供者であり、専門職に繋ぐ役割も担っている」ということでした。
また、認知症になられた利用者の方との関わり方についても具体的にお話しして頂きました。
参加して頂いた方々より感想を頂きましたので、ご紹介します。

『人事ではない介護のテーマに引かれて、聞きに行きました。講師は長谷川さん。実体験が聞けると思って。
講演を聞いての率直な感想は、
・聴覚障害者・健聴者に関わらず、利用者が本当に受けたいサービスを受けられていない・・行政間格差もある。
・ケアプラン作成を依頼する場合 ケアマネージャー・介護ヘルパー・行政・その他介護に携わるスタッフ内でも筆談で話が伝わると思っている。
通訳者の必要性、これから認知症が進んだ利用者がどうなるか。本当に怖いですね。
・利用者を理解できる。その人に合ったサービスが受けられる。
そしてほんの少しでもいい明日を喜べるような介護現場になるよう考えていく必要性を感じました。
その一方で、介護の世界で聴障介護ヘルパーは利用者の顔を見て目と目を合わせて相手を理解出来るので、
健聴の利用者に喜ばれているという朗報もありました。』

『知らない制度が沢山あると言う事に気付きました。知らないから使わない、使えない。
もし家族や私に介護が必要になったら、色々調べるが、何が適してるか、何が使えるか調べる必要があるんだなー・・・と思いました。』
今回の学習内容を基本に、今後、聴覚障害者が認知症になった場合の支援の仕方、
使える制度、サービスについて学習を深めて行こうと思っています。


                                                       (福祉対策部長 石山 明子)


ページの先頭へ



2014年6月1日(日)10:00-12:30 《第1回 地域班会議》


2014年6月1日(日)千葉聴覚障害者センター3階において、
今年度、第1回地域班会議が開催されました。
6月に入っての最初の日曜日、そして猛暑日にもかかわらず、
20地域班、27人と役員5人が集まりました。3階の会場は、満杯になりました。
地域班の代表者が大幅に交代したこともあり、先ずは自己紹介から始めました。
また、地域班によっては複数の人が参加してくれました。
会議では、手話言語法の意見書採択の状況について情報交換をしました。
多くの地域班は、実行委員会の組織の一員として参画しています。
そして、この6月議会にあわせて、陳情や請願という形で議会事務局に提出しています。
また、「手話でGO」のパンフとともに各会派に説明をして理解を深めてもらっています。
6月議会が終わる頃には、採択されたという嬉しい話がたくさん聞けると思います。
また、安否確認の訓練について説明をしました。
地域班の班員にどのような方法で確認をするのかを話し合って決めておくことになりました。
8月31日に行われる第2回地域班会議で、それぞれの地域班の確認方法を情報交換することにしています。
実際の訓練は、9月以降になる予定です。
災害に備えたこのような訓練は、大事なことですので、実際に訓練することが肝心です。
今年は、全通研が誕生して40年になります。
スライドを使ってその40周年記念の内容についての説明をしました。
会員証、会員全員プレゼントのクリアファイル、記念式典、記念誌、グッズなど
盛りだくさんの内容が用意されています。
特に福島集会では、作業所が作る記念グッズや支部の作品が展示されます。
福島に行かないと買えません。
ぜひ、今年の夏は福島集会に参加しませんか。
らいおん工房では、記念の缶バッチを300個、ただいま一生懸命作っています。


                                                       (組織部長 渡辺 正夫)


ページの先頭へ



2014年5月24日(土)12:30-17:00 25日(日)9:00-15:00 《全通研 代議員会》


5月24日(土)と25日(日)、京都の嵯峨嵐山駅近くにある全国手話研修センターで、2014年度の代議員会が開催されました。
千葉県の代議員として、宇治、岩井、渡辺(裕)、久保田の4人が参加しました。
代議員会は総会をイメージしてもらえるとわかると思いますが、全国から選出された代議員が出席して議論する場です。
事前に9ブロックでそれぞれ議案を議論して、当日の代議員会で更に議論を深めていきます。
ブロック別会議で議論された内容について発言を希望する場合は事前に発言内容を提出しておきます。
そして、その内容を討議する時に指名されます。もちろん当日の発言もできます。
議案に沿って議論をして、それぞれの議案についての承認が行われます。
石川会長から最近の社会情勢をしっかり見ることにより、「みんなで納得し、みんなで歩むことができたら」という挨拶があり、議事に入りました。
私が一番関心があったのは課題別討議の一つの手話通訳制度のあり方で、「全通研がめざす手話通訳制度の形」でした。

近藤副会長からは、福祉としての手話通訳は正職員としての雇用型を、
コミュニケーション保障と情報保障を分けて考えてはという話がありましたが、そこのところをもう少し知りたいと思ったのは私だけだったのでしょうか。
全ての議案が承認されて終了しました。

私は全国から集まった熱い仲間に圧倒され放しでしたが、宇治会長からは長期ビジョンについて楽しく工夫をこらした提案が出されましたよ。

ちば通研の場合、代議員は役員に限られていないので、会員の皆さんはどなたでも立候補して代議員会に出席する権利はありますので、
全通研についてもっと知りたい人、意見が言いたい人は来年はぜひ代議員会デビューはいかがですか?


                                                       (副会長 久保田 和子)

ページの先頭へ



2014年5月18日(日) 《千葉県 第7回 新芽まつり》


快晴の5月18日。新芽まつりでした。ちば通研はおにぎりを販売しました。梅、昆布、鮭、明太子。
お米も具も海苔も寄付を頂きた手作りのおにぎりは持ち寄りで141個も集まりました(^^)
お米がとっても美味しくて、12時前に完売でした。「千葉通研米(まい)」と名付けたお米は3合100円で販売。
お陰さまで完売しました。完売して万歳をして、団結のおにぎり娘たちもお客さんも笑顔になりました。
仲間が集合して笑顔がある新芽まつり。大成功でした。


                                                       (通訳班 澤 広美)

ページの先頭へ



2014年5月17日(土) 《関東通研 総会と代表者会議》


2014年5月17日(土)午前10時から、横浜市の杉田地区センター ぷらら4階 集会室Aで
関東手話通訳問題研究会の総会が開催されました。
ちば通研からは代議員として、宇治、久保田、渡辺裕、岩井の4人が参加しました。
埼玉の藤戸さんの議長、群馬と神奈川が書記を担当しました。
桐原会長の挨拶では、昨年の11月に秋葉原で行われた情報・アクセシビリティ・フォーラムの要員の協力と
関東ろう連との連携、手話言語法についての取り組みを強調してお話しされました。
事業報告、会計報告、監査報告などの説明がありました。
会費納入の会員数の決定時期や会計処理について質問がされ、今後、役員会で協議することになりました。
また、事業計画、予算案、役員改選などを行いました。
役員には、引き続き、桐原会長(山梨)、相川副会長(東京)、上石事務局長(栃木)、郡司会計担当(茨城)、
虻川(千葉)、小林(群馬)、柳田(埼玉)、佐田(神奈川)の4人が事務局付きとなりました。
26人の代議員のうち、18人が出席しました。委任状は8人から出されました。いずれの議案も全員賛成で可決しました。

午後は、代表者連絡会議がありました。福島集会の参加目標は関東全体で350人となりました。
また、関東分校の報告を宇治会長が行いました。97人の参加があり成功裏に終わったとの報告をしました。
関東討論集会は、来年1月17日、18日に群馬県の磯部温泉で、関東ろう活動者研修会と同日、同会場で開催する事が決まりました。
その後、手話言語法の取り組みについての情報交換をして解散しました。

                                                       (組織部長 渡辺 正夫)

ページの先頭へ



2014年5月10日(土) 《関東通研 関東分校inちば》


2014年5月10日(土)に関東分校が千葉県船橋市のJR東船橋駅近くの視聴覚センターにて、参加者97名を迎え行われた。
今回の行事に関しては、専門班員(通訳班)が下準備と、地域班員が当日の道案内やそれに伴う申請等をした。
下準備に関しては、道案内のプラカード作成や、当日会場へ張る講義タイトル文章。
はたまた、参加者増員のためによる急遽会場変更、その候補会場探し、諸々の手続き、等など。
或いは、当日道案内担当地域班や班員同士との連絡メールのやり取りと、
文章にするとたかだか5行ぐらいだが、その行動内容の密度は濃厚すぎるぐらいであった。
しかし、分校が終了しその苦労を労えば、一人一人が楽しめたとの言葉。
そこにこそ、自分が楽しみ活動する全通研の本領を、班員一人一人が体得した経験であり、結果なのだと思う。

                                                       (通訳班長 田村 文美)


関東分校では、枌さんの司会で進められました。最初に宇治会長と関東通研の上石事務局長から挨拶がありました。

午前中に東俊裕氏から【「障害者差別解消法」解説・動向・今後について】、
午後は新中理恵子氏から「手話を上達するにはコツがある」とのテーマで講演してもらいました。
参加した皆さん、講師のお話しに夢中で聞いていました。


ページの先頭へ



2014年4月27日(日) 《2014年度 ちば通研 総会》


4月27日(日)10時より、千葉聴覚障害者センター3階にて
千通研会員76名が集い「2014年度 千葉県手話通訳問題研究会総会」が開かれました。

菊地議長の進行のもと、2013年度の活動報告に「色々なことに取り組んだなぁ」と振り返りつつ、
まだ取組めていない課題を再確認。
2014年度の活動計画発表に、また気持ちを新たにしました。
報告中心となりがちな総会ですが、参加された皆さんの活発な意見、
質問で時間がオーバーしてしまう程。
「みんなで作り上げていくちば通研」を感じる事ができました。

<最後に登場された最年長会員 五十嵐さんの優しい笑顔に、
ほっこりと春の陽気のような気分となり、皆さん笑顔での閉会となりました。

会員減との報告もありましたが、「数は力」の言葉を信じ、
今年度はまた新しい仲間をたくさん迎えて更に活動を盛り上げていきたいですね!


                                                       (労働班長 枌 純子)


ページの先頭へ



2014年4月27日(日) 《2014年度 ちば通研講座Ⅰ》


4月27日(日)の午後1時から、千葉聴覚障害者センターにて、岡野美也子氏による講演会が開かれました。
「マンガで読む手話通訳事例裏話」についてお話いただきました。
本の紹介の他、「手話通訳活動あり方検討委員会(通称:あり研)」の成り立ちや活動内容、
岡野氏が通訳士に合格するまでの道のりなどのお話もあり、盛りだくさんの講演会でした。
「手話通訳を目指す人、通訳者になってまだ日の浅い人たち」を対象者にと考えられている著書は、
長い歳月をかけ、様々な人との協力のもと作成されたようです。
その中の重要な一人である、イラストを担当された池内のりえさん。
彼女の感性に助けられながら、本はより良いものへとなっていったと講演会では語られました。
この本では、岡野氏の経験、又は身近な人の経験をもとにし、
4コママンガを加えることでより分かりやすく「事例」が紹介されています。
それと共に、「では、その時どうすれば良かったのか」、
「そういった事態を防ぐために事前にしておくべきこと」が詳しく書かれています。
「通訳現場には正解はないし、これでよかったと思うことも少ない」と、岡野氏。
同じ立場で同じ経験や似たような経験がある読者にとっては、
共感しあえると共に、今後の参考書になるのではないでしょうか。
通訳士の思い、通訳される側の思い、それを見守る現場にいる人の思い…。
すべての人が「自分の立場」だけでなく、様々な人の思いや立場に気づき、
そして思いやるきっかけになる本であり、講演会だったと思います。


                                                       (組織部員 土門 純子)



ページの先頭へ



2014年4月12日(土) 《2014年度 全通研代議員会ブロック別会議》


4月12日(土)、文京区男女平等センター(本郷)にて、全通研の代議員会ブロック別会議が行われました。
これは、5月に行われる代議員会前に、ブロック単位で会議を開催しているものです。
千葉県からは、宇治さん、岩井さん、渡辺(裕)さんの3人が代議員として参加しました。
午前中の議案説明を受けて、午後から質疑応答を含め協議をしました。
議案書は会員一人一人に配られることから、もう少し、わかりやすくならないか。
東日本大震災の震災支援については、3年間を目処としていたが、講師派遣など今後も継続してほしい。
などなど、たくさんの貴重な意見が出されました。
本番の代議員会で質問する支部をどこにするかを決めて、散会しました。

                                                       (組織部長 渡辺 正夫)


ページの先頭へ



2014年4月1日(火) 《2014年度 挨拶》


2014年度のスタートです。
世界の紛争、災害(温暖化の影響?)近隣国との軋轢、日本の先行き不透明な中でも、時間だけは平等に訪れます。
さわやかな春風に乗って嬉しいニュースが飛び込んできました。
高松市の「手話通訳派遣を考える会」からの朗報です。
いつでも、どこでも、どんな内容でも手話通訳派遣が受けられる制度になったそうです。
手話通訳派遣却下に対する提訴を決断したろう者の勇気と今までの運動の積み重ねの結果だと思います。
大きな拍手を送りたいと思います。
あきらめない精神と全国にいる仲間の存在も大きな力になったことでしょう。
今回の流れを見て、何があっても大丈夫、頼もしい仲間がいるからと改めて感じました。
全国に続いて、わがちば通研としても朗報があります。
それは、24番目の地域班の誕生がありました。
4月1日付で成田班から独立して富里班が結成されました。
少ない人数ですが、頑張っていくとのことです。みんなで応援しましょう。
この地域班の誕生は、ろう運動を進めていくとき、どうしても行政単位での交渉が必要です。
このとこに対応するためにも、ろう協と一緒に活動できる地域班が必要だと思います。
また、千葉県も「手話言語法」制定をめざした請願運動に取り組んでいます。
高松市に学び、県協会、県サ連、ちば通研の3団体で「あきらめない運動」を展開していきましょう。
でも、走り続けるとしんどくなります。小休止しながら楽しい活動にしていきましょう。
周りの景色も目に入らないような運動は長続きしません。
桜の花も足を止めてゆっくり見てください。日本古来のお花見はお酒もお団子もOK。
大いに楽しんでください。

                                                       (会長 宇治 昌子)


ページの先頭へ



2014年3月11日(火) 《東日本大震災から3年を迎えて 3.11声明》


3月11日(火)、聴覚障害者災害救援中央本部から、「東日本大震災から3年を迎えて 3.11声明」が発表されました。
全日ろう連HPに掲載されている、石野理事長の動画での挨拶がありますので、ご紹介します。
全日ろう連HPをご覧ください。
http://www.jfd.or.jp/2014/03/11/pid11787
この3.11声明文に書かれている内容を理解し、地域の中に反映していくように努力しましょう。


                                                       (事務局長 村山 さと枝)

ページの先頭へ



2014年3月2日(日) 《第33回 耳の日まつり》


3月2日(日)、浦安市文化会館で「第33回 耳の日まつり」が開催されました。
約900人の参加があり、手話の花があちこちで咲いていました。
ちば通研の医療班が【健康相談コーナー】に協力しました。
また、書籍販売についても頑張りました。


                                                       (事務局長 村山 さと枝)

ページの先頭へ



2014年2月15日(土)、16日(日) 《第30回 全国手話通訳問題研究討論集会》


2月15日(土)、16日(日)、関西大学天六キャンパスにて、第30回 全国手話通訳問題研究討論集会が開かれました。

「これまでの集会の30回全部参加しました。」と全体会の挨拶で述べられた石川会長。
また、分科会で司会をされていた山形氏も「大阪で始まり大阪で終わり。全部参加しました」と語られた表情に笑顔と寂しさを感じました。
私ももっと早く生まれていたら30回は皆勤できたかも?と冗談半分。
千葉で開かれた時を思い出します。オリンピックは4年に一度ですが全通研集会は毎年開催。凄いですね。
今年の参加者は1200人を超えたそうです。
でも、大雪に囲まれ交通手段もなく来られなかった方もいました。
冬の集会最後と言う節目に立ち会いたいという念願が叶えられなかった全通研の仲間が一日も早く日常の生活に戻れるようHPから祈っています。

書籍販売ご協力ありがとうございました。
集会会場となった関西大学は歴史を感じるほどの佇まいでしたが、書籍ブースは分科会から流れやすい場所にあり大勢の皆さんで賑わっていました。

特にホットコーヒーを買い求める人が長い列を作っていました。
分科会で学ばれ疲れた体には温かい飲み物は最高ですね。

「手話を考えるフォーラム」で助言者、講演者として千葉に来られた清田氏は研修センター後援会のPRをされていました。
千葉は少ないと御小言を頂戴したので千葉代表で頭をさげてきました。是非来年度も引き続き協力支援をお願いします。

「なるほど講座」に来られた中橋氏も4コマ漫画のサイン会をしていました。
人懐っこい笑顔は親しみを感じます。

8月に開かれる夏集会は「ふくしま」です。全員集合、全員笑顔で参加しましょう。
                                                       (会長 宇治 昌子)


ページの先頭へ



2014年2月2日(日) 午後2時~4時半   《ろう教育を考えるフォーラム》


2月2日(日)、午後2時から千葉聴覚障害者センターにて、ろう教育を考えるフォーラムが、開かれました。
「千葉聾学校におけるろう児の日本語習得の現状と課題」というテーマで、
千葉聾学校幼稚部主事の春高先生にご講演いただいたあと、
千葉聾学校PTA会長、同窓会会長、卒業生を交えパネルディスカッションが行われました。

春高先生のご講演の中では、幼稚部での様子が映像として流れました。
そこでは、キュードと手話を織り交ぜながら、会話をしている様子が映されていました。
キュードは、言語(単語)獲得にとても有効であり、その獲得した言語を手話に置き換えている様子がわかりました。

また、人工内耳の問題については、最近の傾向してとても増えているとの事でした。それが、良いか悪いかは、判断出来ないが、
その有用性と問題点を十分検討したうえで、聴力だけにこだわらない選択もあるのではないかというお話もありました。

今後手話言語法で、手話も一つの言語として法整備がされたとき、教育の現場でそれを
どの様に具現化していくのかは、とても難しい問題だと感じました。
                                                       (組織部付き 橋谷田 久美子)

ページの先頭へ




2014年2月2日(日) 午後1時~3時   《よりパン学習会》


2月2日(日)に行われた「みんなでめざそうよりよい手話通訳」(よりパン)の学習会に参加しました。
というより、米田健康対策部長の代わりに急きょ司会を担当することになりました。
健康の学習会はいつも参加者が少ないのが悩みですが、予想外に20名もの参加者でびっくりでした。
(後半は数人に減ってしまいましたが)
参加した人は手話学習者や登録手話通訳者や設置通訳者とさまざまで、
色々な立場で手話に関わっている人たちが一同に会して「ケイワン障害」と「健康」について
語り合うことができたことが何より良かったと思いました。
通研の皆さんはどんな気持ちで手話に関わり通訳者は日々、
どんな気持ちで通訳をしているのか話せる仲間がいるっていいですね。
もっとゆっくり話がしたいと思いました。

それから、渡辺さんが紹介してくれた西川式子さんの
「おかあさんは手話通訳者」の本をさっそく読んでみました。
1974年(昭和49年)札幌市の専従手話通訳者としての西川さんは
「ろうあ者の自動車の運転免許取得の講習会に通訳者二人でぶっ続けで
最長8時間の講習の通訳をやった時は身体がくたくたに・・・。
でも、通訳依頼があれば何とか応えよう・・。とばかり思っていました。」
そして、「右腕が思うように動かない」頸肩腕障害、自律神経失調症に。
「発病前の本人の業務は1日平均2時間29分で過重とは言えない」ということで公務外認定に。
その当時と今は何が変わったでしょうか?
改めて「よりパン」の学習会が必要と思いました。

                                                       (副会長 久保田 和子)


ページの先頭へ



2014年2月2日(日) 午前9時半~12時   《役員会》


2月2日(日)午前9時半から千葉聴覚障害者センター3階にて、ちば通研の役員会が、開かれました。
久しぶりに子育て真っ最中の岡村さんが元気な顔を見せてくれました。

主な協議事項は、2014年度の行事調整でした。
今回から、各専門班の学習会も予定ですが期日を決めておくことにしました。
それは、できるだけ日程が重なることのないようにするためです。
このあと、千葉県聴覚障害者協会、県サ連と日程調整をすることになっています。
5月10日(日)には、関東分校を千葉県で開催することに決定しております。
障がい者制度改革推進会議室・室長の東俊裕氏と手話通訳士協会理事の新中理恵子さんをお招きして、学習をします。
たくさんの人が参加してくれるよう準備を進めています。
次回は、3月9日(日)、地域班会議が終わったあとに開催します。
なお、3月は議案書作成のため、3月23日(日)にも臨時役員会を開催することになりました。
                                                       (組織部長 渡辺 正夫)


ページの先頭へ



2014年1月1日(水)   《元旦 会長挨拶》


明けましておめでとうございます。
昨年はお世話になりました。本年もよろしくお願いします。

昨年末障害者権利条約が国会で批准されました。
その先の行方は夢で終わってほしくないという強い思いを胸に皆さんと共に
更なる活動を続けていきたいと新年を迎えたこの日に誓いたいと思います。
初夢の説も大晦日の夜から一日の朝に見るなどいろいろあるようですが・・
本説の新年になってから見る(一日の夜から二日の朝)夢はこんな夢であってほしいと願っています。

“手話に関わる法律の整備が全て完了し、長年集会で討議されてきた
通訳制度の全国格差も是正され手話通訳者が生活できる保障となり、
聞こえない方が24時間いつでもどこでも情報保障が得られ安心して暮らせるようになった。”
バンザイと叫んだところで目覚めないように、全通研12000人会員、ちば通研350人会員のつづきも見たいと思っています。
みんなで学習し運動してきたことが少しずつ前進しているのを実感しています。
「夢は叶うもの」あきらめないでいれば明るい未来は必ず待っていると信じています。
                                                       (会長 宇治 昌子)


ページの先頭へ



2013年12月7日(土)、8(日)   《関東通研 関東手話通訳問題研究討論集会in埼玉》

12月7日(土)8日(日)、さいたま市浦和区のさいたま市民会館うらわで第27回関東手話通訳問題研究討論集会が行われました。
2日間とも天候には恵まれてホッと一息つきました。
というのも、交差点で看板を持って立っていた埼玉の実行委員の方がいたからです。本当にお疲れ様でした。
千葉県からの参加者は21人でした。8つの分科会に別れて討論が行われました。
千葉県の担当として久保田副会長が、第1分科会の「手話通訳制度」の司会を務めました。
私は全国集会の司会との関係で手話サークルの分科会に参加しました。例会の参加状況では、夜の部の参加が減ってきていることが話題に上りました。
その後、大網班から亘理町と飯岡町での視察の報告がされました。災害時における対応をこれらの視察から学び、
自分たちの防災に役立てていくことが大切であることを改めて認識させられました。

午後6時からは情報交換会ということで、同じ会場の7階を使って行われました。
全部で60人以上の参加があり、大変和やかに親交を深めることができました。
桐原会長、関東ろうあ連盟の坂本輝之理事長の挨拶がありました。
特に今回、関東手話通訳問題研究会の会則を作って組織を発足して10年にあたりました。そのことを記念しての会ともなりました。
石川芳郎前会長から、発足の時の思い出が語られ、今後は連盟事務所が東京にあること、国会機能が東京に位置している事などから、
東京に全通研事務所を構えていかなければならないと話しがありました。

チーム対好ゲームで雰囲気も一気に盛り上がりました。何故かと言えば、8支部からのお土産をゲット出来たからです。
お料理もたくさんあり、勿体ないですが、最後は残してしまいました。

2日目は、私は別の会議が有り、欠席をしました。分科会、全体会などが無事執り行われたと報告を聞きました。
埼玉の実行委員の方々が本当に一生懸命動いてくれていました。本当にありがとうございました。お疲れ様でした。

                                                       (組織部長 渡辺 正夫)

ページの先頭へ



2013年12月1日(日)   《手話関係者の健康フォーラム2013in東京》

手話関係者の健康問題を考える学習会として、『手話関係者の健康フォーラ2013in東京』が、
12月1日(日)港区立障害者保健福祉センターにて、全日本ろうあ連盟・日本手話通訳士協会・全国手話通訳問題研究会の3団体で開催されました。
千葉からは10名の参加がありました。

午前中は、滋賀医科大学衛生学部門医学予防講座准教授峠田和史氏による
『みんなでめざそうよりよい手話通訳(よりパン)から学ぶ~』の講義がありました。
20年前、全国で『けいわん』という健康障害を患い休職に追い込まれる専任手話通訳者が各地に確認され、NHKや民放で、
『けいわん』に関するニュースが放送されたことにより、手話通訳者の役割に共感した人々の力が世論を動かし、
運動が始まってから2年で足らずで異例ともいえる手話通訳者の『けいわん』による労災が認められたということです。
(ちなみに保育士は労災認定されるまでに30年もかかったそうです。)
そして1991年の全通研夏の集会から頸肩腕障害検診がスタートしました。

当時の手話通訳者は、2時間でも3時間でも1人で通訳をするのが当たり前で、ろう者からは、
途中で交代すると手話が変わり見にくいので困るといわれた時代。
通訳者が例え健康を害しても、自分が倒れたらろう者が困るからと、『けいわん』を打ち明けることもできず、
結果として病気をさらに悪化させてしまうような時代でした。
通訳者の健康問題を解決するためには、通訳者も生身の人間であり、内容によっては交代が必要であることを
ろう者にも理解してもらうまでに時間を要し、2年半かけて『よりパン』を作り上げたそうです。
またヨーロッパでは、肩こりは重大な健康問題として対策がなされ、肩こりで仕事を休むことが認められており、
3日経ても治らない場合は、労災の保障対象になるというお話には驚かされました。

続いて全日本ろう連盟理事、中橋道紀氏による『手話通訳者の健康問題を考える~利用者の立場から~』の講義がありました。
現状と課題として、手話通訳者を目指す人の割合が年々減っていること。
専任手話通訳者の身分保障が不十分のままであり、登録手話通者の労働性が問われる中、最近では労災認定は非常に厳しくなっているそうです。
これからの運動として、講師育成を含め、手話奉仕員および手話通訳者の養成の充実、専任・設置手話通訳者の身分保障と複数配置、
情報コミュニケーション法と手話言語法の制定、けいわんの正しい理解と、防止の取り組みなど取り組みを広げていきたいとの講義がありました。
ちなみに中橋さんの奥様も手話通訳者をされていて忙しく飛び回っていらっしゃるそうで、
お話の中で家庭の様子なども垣間見れてちょっと身近に感じられました。

午後は、日本通訳士協会理事 鈴木明美氏による『コーディネート業務の進め方』の講義に続き、
最後にグループ討議で、『よりパン』の理解を進める取り組みについて意見交換をしました。
まとめとして、『よりパン』普及の取り組みについては、ろう団体と手話関係者が一緒に話し合うことが大切で、
共通の情報を持ち共感し支えあえる関係が重要との話がありました。

全通研健康対策部長森川さんの『自分が納得しなくては人には伝わらない』という言葉がとても印象に残りました。

                                                       (健康対策部長 米田 市子)

ちょっと横道にそれますが、講演も大事ですが、社会勉強も大事です。
浜松町の駅側には、世界貿易センターがあります。ここの地下には昔懐かしい食事場所があります。

また、浜松町駅からは東京タワーがすぐ目の前に見えます。その交差点の側には、秋田屋という昭和4年に創業した有名な焼き鳥屋がありました。。
今度、寄ってみてはどうでしょうか。

ページの先頭へ



2013年11月30日(土)   《ちば通研 地域班会議》

11月30日(土)、千葉県青少年女性会館にて第3回地域班会議が行われました。
参加者は13地域班から15人、支部からは会長を始め6人が集まりました。
今回は12月1日(日)に健康フォーラムが東京で開催することから期日をずらして開催しました。
また、記録を正確にするために事前に各地域班から班の情報を集め、会議録に記載して会議に臨むことができました。
会員数の目標達成には大変厳しい状況になりました。これまで5年間の会員数の推移から分析すると
地域班での頑張りで地域班そのものの会員数は少しずつ増えてきています。
地域班のない人たちの数が20人ほど減少してしまいました。
ここを何とかしなければ会員数を増やすことはできないと思われます。
この他の議題として、地域班とろう協会の関わり、ろう重複施設作り、防災対策などについて協議しました。
また、2014年度の行事についても計画を立てるよう準備に入りました。
次回は2014年3月9日(日)に行う予定です。

                                                       (組織部長 渡辺 正夫)

ページの先頭へ



2013年11月22日(金)~24日(日)   《全国 情報・アクセシビリティフォーラム》

11月22日(金)~24日(日)、東京秋葉原駅近くのUDXという場所で、
一般財団法人全日本ろうあ連盟主催で、情報・アクセシビリティフォーラムが開催されました。

映像エリア、展示エリア、会議エリアの3つに分かれて情報アクセスのことについての現状を学びました。
11月22日(金)は映像エリアにおいて講義と映写が行われました。
また、この日は展示場に出展する会社等が展示の準備を行いました。

23日(土)、24日(日)は、3つのエリアでそれぞれ催し物や映画が行われました。
展示エリアでは、最新の情報機器を紹介するコーナーがたくさんあり、
こんなにも目からの情報を得られるのかとびっくりさせられました。
特に同じ器具を持つことで、インターネットを介して瞬時に文字による情報交換ができること、
また、聞こえない人と聞こえる人が文字を通じてやりとりができる機器もあり、そのことを知ったときは目から鱗でした。
千葉県からもたくさんの方が参加していました。また、要員としてもあちこちで働いている姿をみました。本当にお疲れ様でした。

23日(土)は、啓発・展示コーナーを秋篠宮妃殿下がご覧になりました。このコーナーには、
聴覚障害者災害救援中央本部、要約筆記、盲ろう者、電話リレーサービスなどが展示されているところでした。

目の前で、石野理事長(全日本ろうあ連盟)の手話を手話通訳者を介さないで読み取っていた秋篠宮妃殿下にはびっくりさせられました。
もっとびっくりしたのが、盲ろう者の福島さんに指点字をゆっくりでしたが、自分でされていたのには本当に唖然とさせられました。

24日(日)の13時から行われた「情報アクセシビリティが織りなす社会とは」のパネルディスカッションには、
秋篠宮妃殿下と桂子様が参加され、熱心にパネラーの話を聞いていました。
「権利として情報を獲得するのだ」という話を聞いてくれていたことは、
私たちにとっては大変心強い支えになってくれるのではないかと思いました。
また、配られたパンフレットにレストラン街のものが入っていましたが、
「注文をお願いします」のレストラン自作のものがありました。本当に考えればいくらでも工夫がなされ
聴覚障害者にとって住みやすい街に変化していくのだと思いました。

                                                       (組織部長 渡辺 正夫)

ページの先頭へ



2013年11月18日(月)   《ちば通研 労働班研修会》

11月18日(月) 労働班研修会として、県内の特例子会社にて見学会を実施しました。
労働班からの参加者は7名。こちらの会社では、さまざまな障害の方が働いていましたが、
その中で聴覚障害の方の働いている現場を実際に見学し、また短い時間でしたが直接お話を聞く事もできました。
普段、なかなか働いている様子を見学できる機会はありませんが、
実際に見たり会社の方のお話を聞いたりすることで、参加者も気づくことが多かったのではと思います。
このような経験が出来るのも、団体活動のメリット?でしょうか。
久々の秋晴れの下、有意義な一日となりました。

                                                       (労働班長 枌 純子)

ページの先頭へ



2013年11月17日(日)   《ちば通研 保育・子育て支援班主催 座談会》

11月17日(日)、松戸市の市民会館で保育・子育て支援班の座談会を開催しました。
毎年恒例になりました座談会も今年で10回目になりました。
子育てしているきこえない人の生の声を聞きたいとの思いで始まりました。
今回は、「きこえない子を育てて、今、思うこと」について話していただきました。講師は柴田和子氏です。

子どもが2歳4か月の時に、名前を呼んでも振り向かないことがきっかけで補聴器をつけて言葉の習得をすぐに始めたそうです。
子育てしていて辛かったのは、子どもに「私、大きくなったらきこえるようになる?」と聞かれたことだそうです。
また、きこえない子を普通校に行かせたことは良かったのかどうかと今でも思うと話されていました。
ろう者の参加も多く、ろう者の経験談も座談会の中で話してもらうなど貴重な時間を過ごせました。

参加者の中には、現在、人工内耳と補聴器を使っている子どもを育てている人もいて、
ろう者から「大丈夫!子育て頑張って!」と励ましの言葉をもらう場面があり、とても有意義でした。
参加人数も健聴者、ろう者、養成受講者、子ども達を含めて36人と
今までにない位多くの方に来ていただいて大変嬉しく思いました。
ここで呼びかけです。班員も一緒に募集しています。子育てに興味のある方は、
保育・子育て支援班に入って一緒に活動しませんか。

                                                       (保育・子育て支援班長 高橋 久美子)

ページの先頭へ



2013年11月2日(土)   《全通研 リーダー養成講座》

11月2日(土)、盛岡駅近くの岩手県立視聴覚障がい者情報センターで、全通研の組織部企画のリーダー養成講座が開催されました。
その講座に「全通研活動について」があり、渡辺が講師を務めました。
全通研が誕生するところまでにどんな出来事があったのかを中心に話をしました。
参加者は東北ブロックから12人が集まり、熱心に学習しておりました。
また、このリーダー養成講座がどのような内容で行っているのか、副会長として組織部担当でもありますので、
一度、見ておきたいと思っておりました。私としては大変良い勉強の機会となりました。
私は、盛岡が久しぶりだったので、駅近辺を歩きました。
先ずは、盛岡駅の噴水がある駅ビルを見ました。とても立派なものでした。

東方面に歩いて行くと開運橋があり、その川沿いは「啄木であい道」となっていました。木々は紅葉していました。

また、開運橋から遠くを見ると頂上が白くなっている岩手山が現れました。
橋を渡ってしばらく歩いていると啄木の新婚の家がありました。結婚式をやった部屋などを見ました。

啄木と奥さんの写真が掲示されていましたが、若き啄木が一生懸命生きていた家で
同じ空気を吸えたことはとても良かったです。
そうこうしているうちに、講演の時間になってきたので、盛岡駅の西口に向かいました。
たまたま先ほど通った開運橋を渡っているときに川沿いを見ると、ゆるキャラが記念撮影をしていました。
その名は、”そばっち”でした。2016年に岩手県で国体が開催されます。そのメインキャラクターがこの”そばっち”だそうです。
西口に着いたとき、時計の針はちょうど10時をさし、からくり時計が突然鳴り響きました。シャッターチャンスと思い、
走ってそのからくり時計の前に行き、写真を撮りました。
本当にこの日は天気が良く、飛行機雲がくっきり青空に映えていました。
会場になった情報センターを見学させて頂きました。視覚障害者や聴覚障害者が利用できる施設です。
職員も常駐し、電話での対応や受付での応対をしていました。まだ、新しい建物で、きれいに整っていました。
帰りに、冷麺の美味しいお店を教えてもらっていたので、ごちそうになりました。そのお店の名前はぴょんぴょん舎でした。
あまりにも美味しかったので、お土産に持って帰ることにしました。
                                                       (組織部長 渡辺 正夫)

ページの先頭へ



2013年10月27日(日)   《「手話関係者等の健康問題を考える」講演会&トークショー》

10月27日(日)午後1時から、「手話関係者等の健康問題を考える」講演会&トークショーが
県協会とちば通研の共催で、埼玉県手話通訳問題研究会の内山恵美さんと
埼玉県聴覚障害者協会理事長の小出真一郎さんを講師にお迎えして開催されました。
台風の影響が心配されましたが、晴天に恵まれて参加者は42人でした。
けいわんになった当事者からのお話しを聞く機会はなかなかないので、大変貴重なお話しを聞くことができました。
けいわんの症状は人それぞれ違うと思いますが、内山さんの場合は、
「全身の筋肉が痛かった。座っても立ってもいられない。痛くないのは足の裏だけ。
寝る事もできないので布団を丸めて抱えるようにして、2時間眠れればいい方だった。
体重が32~3キロになり、こういう言い方は失礼かと思いますが、
その当時は、精神科に入院することになったら『人として終わった』と思った」
というお話しを聞いて目頭が熱くなりました。今は講演ができる程にお元気になられて本当に良かったと思いました。
そして、制度の限界があるのでせめて、けいわんの知識が広がればいいということでした。
内山さんだけが特別ではない、誰もがなりうる病気であること。
今日聞いた内容を参加できなかった人に伝えましょう。そして学習会をしましょう。
                                                       (副会長 久保田 和子)

ページの先頭へ



2013年10月13日(日)・14日(月)   《全通研 支部代表者会議》

10月13日~14日にかけて支部長会議が全国手話研修センターにて開催されました。
支部役員47人と本部役員28人が集い学びと討議の時間を共有しました。
1日目の内容
1 講演「障害者福祉制度の現状と課題」 講師:鈴木勉氏(佛教大学教授)
2 手話通訳制度のあり方(中間報告)
3 長期ビジョンについて(意見交換)
4 差別条例の検討報告

2日目は課題別グループ討議で③に参加しました。
①地域の制度や取り組み
②組織拡大と人材育成
③手話通訳者の身分保障・はたらき方
④学習・事業活動

討議の中で、地域格差と善意の人の自己犠牲で成り立っている制度を感じました。
赤字だった宿泊部門が研修センターと切り離され、今までとの違いがいくつかありました。
例えば大浴場が朝も入れるようになりました。交流会バイキング内容の変化も感じました。
お昼のメニューがちょっと高級に。庶民派の私達関東人はすぐ近くのお店で安く、美味しく、ボリューム満点の定食に大満足(笑)。
幸運に恵まれていたのは、すぐ後に来られた方が注文すると売り切れだったのです。
でも・・幸運は長くは続きません。帰宅後体重計に乗ると、あっと言う間の多米ゴロウ(泣)。
一般のお客様もたくさんロビーのソファ―でくつろいでいました。

まだ、目に焼き付いている渡月橋の増水。研修センターは難を逃れましたが、
被害にあわれた近辺の老舗旅館は、早朝ウオーキングで見るとどこも復興していました。日本って逞しいですね。
途中にあった「美空ひばり記念館」が閉鎖されていたのはちょっと寂しい風景でした。
石川会長は「全国各地で行動し、考えてもらう。それが全通研」と力説されていました。
ちば通研も共に考え共に行動しましょう。レッツゴー!!
                                                       (会長 宇治 昌子)



ページの先頭へ



2013年10月10日(木)   《ちば通研 地域班学習会 松戸班》

10月10日(木)、夜7時半から松戸市民会館にて、学習会に講師として参加しました。
11人の会員が参加してくれました。みなさん顔なじみの方々ばかりで安心しました。
私は、この学習会には昨年度に引き続きお邪魔させて頂きましたので、顔なじみになったのでした。
この日は、1時から全日本ろうあ連盟の事務所で会議がありましたので、
地下鉄の神楽坂駅から鎌ケ谷駅まで一度戻ってから、資料を鞄に詰め直して、出掛けました。
今回の話しは、総合支援法とモデル要綱についてでした。使った参考資料は、研究誌の№120、123、124、125でした。
情報・コミュニケション法、モデル要綱、手話奉仕員養成、差別解消法などの内容が盛りだくさんに掲載されています。
これを読むとどのような仕組みで制度が作られ、その中身をどう考えたら良いかのかがわかります。
会員みんなで読み合わせをして学習を深めてほしいとお話しさせていただきました。
短い時間でしたので、足早に話してしまいました。どうぞ、班の学習でさらに深めて言ってほしいと思っています。
11人と少ない人数でしたが、私としては手応えのある学習会でした。どうも、ありがとうございました。

                                                       (組織部長 渡辺 正夫)



ページの先頭へ



2013年9月28日(土)   《ちば通研 通訳班定例会》

こんにちは。通訳班です。9月28日(土)定例会風景と有志による通訳班ウェルカムディズニーの風景です。
                                                       (通訳班長 田村 文美)

ページの先頭へ



2013年9月28日(土)   《ちば通研 地域班学習会 船橋班》

9月28日(土)、夜7時から、船橋市中央公民館において、船橋の地域班の学習会が行われました。
会場は、すでに参加者が集まっており、準備の方も着々と進められていました。
手話通訳者や要約筆記者もスタンバイし、OHP、スクリーン、パソコンなどの機器も完備されておりました。
私は、久しぶりに船橋市にお邪魔をしました。
今回の講演では、一度、A4版で両面での資料を準備して担当者にお渡ししました。
事前に手話通訳者や要約筆記者が読んで準備をしておきたいと依頼されたので、
早めに資料を作成し送りました。
担当者からは、もっとわかりやすくしてほしいので、
パワーポイントでの資料にならないかとの問合せがメールでありました。
できるだけ早くに資料を送るように考えていたのですが、
再度、パワーポイントで資料を作成することにしました。
それだけ、参加者の皆さんにわかりやすい学習会にしたいのだという担当者の熱意が伝わりました。
ろう運動が始まったきっかけから、4本柱の運動方針を話し、
現在、そのことがどのように繋がっているのかを中心に話しをさせていただきました。
参加者は53人でしたが、押印対象になっていることも関係していたのか
、皆さん、熱心にメモを取ってきていました。
良く言われることなのですが、手話と関わっている人たちは本当に熱心であると
大学の先生に聞いたことがあります。
目つきが違うとまで言われたことがあります。昨日の参加者の方々も、
本当に非常に熱心に私の話しを聞いてくれました。

このあと、バーミヤンで食事会です。20人弱が集まって、わいわいがやがややっていました。
感心したのは、毎回利用しているようで、割引券を持参して、みんなでそれを分けあっていました。
ろう者とは顔を合わせて話しをしなければ情報が伝わらないということで、
昔は手話講習会や手話サークルの例会が終わると喫茶店に行き、夜遅くまで話したことを思い出しました。
最近は、情報機器が発達して、会わなくても情報が伝わるようで、
このようにみんなで集まってわいわいがやがややることは減ってきたかなと思っていました。
でも、船橋では続けているのですね。これにはびっくりさせられました。
それに賢いではありませんか。割引券をしっかり持ち寄っているのですから。

やはり大事な事は顔をつきあわせて話しをすることなんだと改めて認識させてもらいました。
参加者の皆さん、本当にお疲れ様でした。


                                                       (組織部長 渡辺 正夫)


ページの先頭へ



2013年9月23日(月)   《関東手話通訳問題研究会 定例支部代表者連絡会》

9月23日(月)、秋分の日の祝日でしたが文京シビックセンターで
定例の支部代表者連絡会が開催されました。
やっと朝晩が涼しくなり、過ごしやすくなった中での会議となりました。
8支部から14人と本部から3人の合計17人で会議を始めました。
岐阜集会では、各支部とも「記念講演が良かった」との感想が寄せられました。
また、各講座も勉強になったとのことでした。
旅行会社の方で本人の希望外のホテルになった場合の対応がまずかったとの指摘がありました。
来年の福島集会には多くの参加者を募るよう今から準備をして行くことになりました。
次に関東集会(埼玉)ですが、設立10周年を兼ねる交流会を企画しているところで、
120人規模の集会になるよう各支部参加者を募ることになりました。
また、来年度は、本部役員の改選時期にあたり、関東でも選挙管理委員会を立ち上げなければなりません。
話し合った結果、各支部持ち回りで担当していくことなり、
今回は埼玉支部(関東集会の順番と同様)に引き受けてもらうことになりました。

午後からは、学習担当者の情報交換をしました。
最初に、原田さんから「研修センターの後援会について」の話が約1時間ありました。
関東からは遠隔地にある手話研修センターを応援していくには、
シンボルとしての存在感をみんなに感じてもらうことが必要であり、
それをもっと強調して訴えていかないと後援会の協力者は増えないのではないかとの指摘もありました。
「死ぬまで千円」というキャッチフレーズも話し合いの中で出て、
それくらいの思いが続くように研修センターの存在意義を示すことが大事だとの話もでました。
各支部で後援会会員を増やす取り組みを確認しました。
その後、各支部の学習会についての情報交換をしました。
対象者、内容、有料無料、講師などを関連させて学習会を企画していくことが、
経験者や初心者までの会員さんを満足させるていくことができるのではないかという
本部の村石組織部長からのまとめを受けて散会しました。


                                                       (組織部長 渡辺 正夫)


ページの先頭へ



2013年9月7日(土)・(日)   《第13回 手話を考えるフォーラム2013》

第13回手話を考えるフォーラム2013」が9月7日(土)~8日(日)に横芝光町文化会館で行われました。
今年のテーマは『光の里から手話に光をあてよう!』でした。
私にとっては色々な意味で「学び」の二日間でした。
第3分科会「システム」では「障害者総合支援法」について各地域の派遣や設置、
養成事業が行われているかどうかを出し合いながら今後はどのような取り組みが必要か討論しました。

助言者の清田さんからは、大阪の状況についてお話を聞くことができました。
養成事業は全ての市で行っているということでした。
また、清田さんがお住まいの守口市では正規職員で手話通訳士が障害福祉課や市民課、
生活保護課も含めて6人採用されているということでした。

市役所への手話通訳の設置というと、障害福祉課に設置されて通訳関係の業務を行ってきていましたが、
福祉関係以外の課に配属されることで今後はメリットが出てくるのではないかと思いました。
手話通訳者の養成については大学や専門学校で養成されると若い通訳者が育つが、
地域との関係を持っていない人が通訳者になってしまう。通訳者の高齢化の問題も深刻です。

全体会の特別講演では清田氏より、「派遣のモデル要綱」はできたが、
発展するかどうかは運動ができるかどうかに関わってくるということで
今後の運動が無ければ前進が見られないというお話しがありました。
それにしても清田さんはパワフルですね。
交流会はお料理の品数が多く、お酒でほろ酔い気分の中、「人間になりたい」ゲームは爆笑でした。
皆さんは「アメーバ―」といったらどうやって表現しますか?
私はちょっと思いつかなかったのですが、あの人は腰を使ってうまかったですね。
Oさんも私も弟子入りしようかしら。
                                                       (副会長 久保田 和子)


ページの先頭へ



2013年9月1日(日)   《第2回 地域班会議》

9月1日(日)10時から千葉県青少年女性会館2階多目的室において、第2回地域班会議が開かれました。
この日はちょうど防災の日でしたので、地域の行事に参加する方も大勢いた関係で、参加の地域班は少しだけ減りました。
13地区から14人の代表者と6人のちば通研役員で会議をしました。
先ず、会員数が305人となりました。9月に入りましたので、再度、名簿を点検してもらい継続の確認をしていくことにしました。
次に岐阜集会の参加者から感想を伺いました。
記念講演の寺澤さんの内容がとても良かったとの声をたくさんの人から聞きました。
また、全国盲ろう者大会(千葉)に参加された方からも感想を伺いました。
様々なコミュニケーション手段で情報を収集していることが分かりました。
さらに、防災の日でもありましたので、ちば通研としての防災対応について、
各地域班で次回の地域班会議までに話し合ってもらうことにしました。
暑い日でしたが、12時半に無事会議を終了しました。
次回 第3回地域班会議は、11月30日(土)に行われます。
12月1日(日)に東京の浜松町駅近くのヒューマンプラザにて健康フォーラムが開催されるため日時を変更しました。

                                                       (組織部長 渡辺 正夫)

ページの先頭へ



2012年11月22日(木)

ホームページが新しくなりました。 このちば通研トピックには、行事が終了した後に、その行事の内容などを掲載していきます。

ページの先頭へ


© ちば通研 2017